97件中 61 - 70件表示
  • 中外製薬

    中外製薬から見た日本

    中外製薬株式会社(ちゅうがいせいやく)は、日本の大手医薬品メーカーである。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たスピンオフ

    2002年☆ - Rocheとの戦略的アライアンスを締結。これに基づき、TOBなどによってロシュが中外製薬株式の過半数以上を取得し、Rocheグループ傘下となる。なお、中外子会社のジェン・プローブ社とRoche子会社の:en:Roche Diagnosticsの両社がRocheグループとなると反トラスト法抵触の懸念があるため、中外製薬は大手企業に成長していたジェン・プローフ社の株式をスピンオフ、既存の中外製薬株主へ同社1株当たりジェン・プローブ0.086株を割り当てる有償減資を実施した。同年10月に中外製薬と日本ロシュが合併し、新生 中外製薬誕生。同時にコーポレートマークのバックカラーをブラックとグリーンからブルーとホワイトに変更。コーポレートマークの下に「Roche ロシュ グループ」が付く。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たエリスロポエチン

    1990年☆ - 中外製薬、主に人工透析に伴う腎性貧血の治療剤(エリスロポエチン製剤)「エポジン」を、ジェネティクス・インスティチュート社と共同開発し発売。しかし、アムジェン社開発、麒麟麦酒・三共発売の、同一製剤「エスポー」と特許訴訟となりエポジンは北米地域非売で和解。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た東京市

    1924年★ - 東京市京橋区、Roche日本法人「NSY合名会社」創立。日本国内の製造承認を取得した、最初の外資系医薬品企業であった。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たアクテムラ

    2005年6月☆ - 世界初のキャッスルマン病治療剤「アクテムラ」発売。(大阪大学との共同開発)、鏡石工場及びグループ会社の東北中外製薬をニプロへ譲渡(東北中外製薬は翌月に東北ニプロ製薬へ改称)。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見た芝公園

    東京都港区芝公園に日本ロシュ本社ビル(ロシュビル)竣工。千代田区丸の内の富士ビルより本社機能移転。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たスイス

    2002年、スイスの大手医薬品メーカー、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(Fritz Hoffmann-La Roche)との「戦略的アライアンス」に基づきRocheグループ傘下。Rocheグループの創薬品と、旧来の中外製薬のバイオ医薬による開発力、のシナジー効果による開発パイプラインを有す。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たクイズ世界はSHOW by ショーバイ!!

    かつては日本テレビ系列水曜夜8時枠の「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」→「速報!歌の大辞テン」や「全国高等学校クイズ選手権」(第15回?第16回)やテレビ東京系列の「未来世紀ジパング」などの提供番組を持っていた。このスポンサーは当社出身の製品を販売している日用品メーカーのライオンと共に行っていた。一般用医薬品事業の譲渡に伴い現在CM放送は行われていない。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たロゴマーク

    1979年☆ - 中外製薬のロゴマークと社名タイプを現在のものへ変更(ただし、"中"の字を、ベンゼン環とアンプル瓶で表現したマークは旧来より使用)中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 中外製薬

    中外製薬から見たステロイド外用薬

    1980年★ - 日本ロシュ、ステロイド外用薬「テクスメテン(ジフルコルトロン)」発売。 中外製薬 フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「中外製薬」のニューストピックワード