357件中 11 - 20件表示
  • 大学校

    大学校から見た省庁日本の行政機関

    省庁の文教研修施設や、研修を行うために独立行政法人が設置する施設大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市

    仙台市から見た中央省庁日本の行政機関

    明治になると、東京と青森のほぼ中間(双方からともに約350km)に位置する当地に、東北鎮台(→仙台鎮台→第2師団)が設置されて陸軍施設が集まり、「軍都」の側面を持ち始めた。1878年(明治11年)に仙台区となり、1887年(明治20年)には旧制二高が創立し、仙台駅も設置された。同駅の設置以降、船運中心の江戸時代に発展した石巻や塩竈から、鉄道が集積する仙台に商権が移り、現在に至る「商都」の側面を手に入れた。1889年(明治22年)4月1日に市制施行。日露戦争を機に1907年(明治40年)には東北帝国大学が創立し、「学都」としての地位を確立。また、同年から大正、昭和初期にかけて「五大事業」を推進して近代都市へと脱皮し、かつて宮城郡役所が置かれた原町、名取郡役所が置かれた長町など隣接町村と合併して、これら新市域に工場地区を形成した。太平洋戦争前後に中央省庁の出先機関が集積する「行政都市」としての側面を得るが、その一方で仙台空襲により中心部は廃墟となり、戦後占領期には進駐軍の米兵に経済を握られた。高度経済成長期になると企業の支店が多く進出して第三次産業が伸長し、「札仙広福」と並び称される支店経済都市となった。昭和末期に泉市()・宮城町()・秋保町()と合併し、市制100周年の1989年(平成元年)4月1日に全国で11番目となる政令指定都市に移行。1999年(平成11年)5月11日に推計人口で100万人を突破した。仙台市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本

    日本から見た日本の行政機関日本の行政機関

    日本国憲法上、同憲法を最高法規とし、この下に、国会が制定する法律、内閣が制定する政令や各省庁が制定する省令などの命令、地方公共団体が制定する条例など、各種の法令が定められる。憲法上、裁判所は、全ての法令や行政行為などが憲法に適合するか否かを最終的に判断する違憲立法審査権を有し、最高裁判所を終審裁判所とする。もっとも、いわゆる司法消極主義に基づき、国会や内閣など政治部門の判断への干渉は、控えられることが多い。日本 フレッシュアイペディアより)

  • 総務部

    総務部から見た中央省庁日本の行政機関

    総務省は2001年の中央省庁再編で誕生した日本の中央省庁の一つ総務部 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏整備委員会

    首都圏整備委員会から見た日本の行政機関日本の行政機関

    首都圏整備委員会(しゅとけんせいびいいんかい)は、廃止された日本の行政機関首都圏整備委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 団体委任事務

    団体委任事務から見た日本の行政機関日本の行政機関

    団体委任事務(だんたいいにんじむ)は、法律または政令によってから地方公共団体そのものに委任された事務のことである。1999年に廃止され、自治事務に再編成された。団体委任事務 フレッシュアイペディアより)

  • OPERATIONG.G.

    OPERATIONG.G.から見た日本の行政機関日本の行政機関

    たとえ外国で人質にされた日本人を救出する為でも、日本政府が武装した自衛隊や警察をその国へ送ることは憲法上認められていない。そこで「そのような日本人を救出すること」を目的に「ひとりの元省庁幹部と自衛隊対テロ特殊部隊以上の戦闘能力を持った5人」が集まった。NPO「海外邦人危機管理研究所」が表の顔で、その活動は日本政府中枢の暗黙の認可を受けているが、多くが海外での非合法な任務であるため一切が秘密裏に行なわれる。「G・G」はリーダー五条厳(ごじょう・げん〉の頭文字であると同時に「Gun & Genocide」、すなわち世界中に蔓延する銃器と大量殺戮から人々を救う意味が込められている。OPERATIONG.G. フレッシュアイペディアより)

  • 内閣情報会議

    内閣情報会議から見た省庁日本の行政機関

    内閣情報会議(ないかくじょうほうかいぎ)は、日本の内閣における会議。各情報関係機関の連絡調整によって、国内外の内閣の重要政策に関する情報を総合的に把握するため、平成10年10月、内閣に設置された。内閣官房長官が主宰する関係省庁次官級の会議であり、年2回開催される。平成20年3月の閣議決定により、参加省庁が増えたほか、政策立案への情報分析がより重視されることとなった。内閣情報会議 フレッシュアイペディアより)

  • 中津合同庁舎

    中津合同庁舎から見た日本の行政機関日本の行政機関

    中津合同庁舎(なかつごうどうちょうしゃ)は、大分県中津市に所在する、複数のの出先機関が入居する合同庁舎である。中津合同庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学経済学部図書館

    東京大学経済学部図書館から見た日本の行政機関日本の行政機関

    本図書館は、1919年に経済統計研究室の蔵書を基に開館。蔵書数は約75万冊に上る。収集対象となる資料は、明治期の文献はもとより、地方自治体や企業の史書、企業の営業報告書、統計資料、中央官庁発行文書など、経済に関連する多種に渡る文献。東京大学経済学部図書館 フレッシュアイペディアより)

357件中 11 - 20件表示

「中央省庁」のニューストピックワード