421件中 11 - 20件表示
  • 大学校

    大学校から見た省庁日本の行政機関

    省庁の文教研修施設や、研修を行うために独立行政法人が設置する施設大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 官僚

    官僚から見た中央省庁日本の行政機関

    日本における「官僚」とは、広義では、国家公務員試験に合格して中央官庁に採用された国家公務員全般を指すとされている。狭義では、国の行政機関に所属する国家公務員の中でも、特に中央官庁の課室長級以上(これらの職級は任用上も特殊な扱いとなる)の管理職員を指す場合もある。また「高級官僚」は、国の行政機関に所属する国家公務員の中でも、特に中央官庁の指定職以上の地位にある者を指すことが一般的である。官僚という用語は法律で規定されている訳ではなく、公的なものを含めて明確な定義は存在しない。官僚 フレッシュアイペディアより)

  • コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ)

    コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ)から見た省庁日本の行政機関

    デンマーク本国のタイトル「Borgen(デンマーク語)」とは、クリスチャンスボー城のニックネームであり、その城内や周辺には、デンマーク国会(フォルケティング)、首相官邸、最高裁判所、といった三権機能が置かれており、各政府省庁も置かれている。その他にも、架空の各主要政党や各主要メディアをはじめ、様々な各主要機関や国や地域が出てくる(実在している物も多少含む)。コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 外郭団体

    外郭団体から見た日本の行政機関日本の行政機関

    なお、時代及び特定の業種並びに業態に限らず、「公務員退職」という口実を最大の武器にした、遍く官公庁(特に中央省庁)における不祥事の当事者に対するいわゆる隠れ蓑としても外郭団体が利用されている事実もある。社会保険庁が、その不祥事を行った当事者の多くは、その外郭団体に既に天下りしているか、完全に退職しているので、今更処罰の課しようがないことを認めている。後述の「主な外郭団体の例と関連する省庁・自治体」に列挙したほとんどの団体がこれに該当する。一部の者が(「経営者」ではなくあくまでも「理事」として)安定していながら高給を受け取り、役員でありながら賞与並びに労働基準法上での使用者ならぬ労働者扱いという待遇を受け続け、場合によってはそのまた更に、「職員の身分と待遇」にある再天下りによる退職金で、税金を随伴する非営利団体の財源から利益を得ている。外郭団体 フレッシュアイペディアより)

  • 閣議人事検討会議

    閣議人事検討会議から見た省庁日本の行政機関

    閣議人事検討会議(かくぎじんじけんとうかいぎ)は、各省庁の局長以上の幹部人事について事前に審査するため、内閣官房長官と3官房副長官が参加する会議。閣議人事検討会議 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛省

    防衛省から見た日本の行政機関日本の行政機関

    防衛省(ぼうえいしょう、、略称:)は、日本の中央省庁の一つである。防衛省 フレッシュアイペディアより)

  • 財務省 (日本)

    財務省 (日本)から見た日本の行政機関日本の行政機関

    財務省(ざいむしょう、)は、日本の行政機関の一つである。財務省 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 内務省 (日本)

    内務省 (日本)から見た日本の行政機関日本の行政機関

    内務省(ないむしょう、)は、1873年(明治6年)11月10日に設置され、1947年(昭和22年)12月31日に廃止された日本の中央官庁。地方行財政・警察・土木・衛生・国家神道などの国内行政の大半を担った。初代内務卿の大久保利通の思想を反映して、設立当初から国民生活全般への強度の監視を課題としており、行政事務の枠にとどまらなかった。内務省 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 東京消防庁

    東京消防庁から見た日本の行政機関日本の行政機関

    「東京消防庁」という名称は、「東京消防庁の設置等に関する条例」の第2条第2項により定められている。混同されやすい組織名に総務省の外局である「消防庁」がある。しかし消防庁は警察庁などのように政府機関(国家行政組織)であるのに対して、東京消防庁は地方(東京都)の機関である。また、日本最大の消防組織である。ちなみに、東京消防庁に次ぐ消防組織は大阪市消防局や横浜市消防局であるが、東京消防庁とは、大きく規模に差がある。東京消防庁 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市

    仙台市から見た中央省庁日本の行政機関

    1941年(昭和16年)、鉱工業が発達する福島県・秋田県に続いて東北地方で3番目に日本銀行の支店が置かれるなど、太平洋戦争前後に中央省庁の出先機関が集積する「行政都市」としての側面を得た。統制経済下で困窮した商工業者が満州国に渡って仙台村を拓いたり、仙台空襲により中心部が廃墟となったりした戦争が終わると、仙台駅前には大規模な闇市が生まれ、東北各地との間で鉄道を使った物資の集散もなされた(参照)。戦後占領期には戦災復興事業により、市街地に広幅員道路が縦横に建設されて現在の都心部の基盤となった。また、闇市に替わって公定価格マーケットや路上の屋台が市民生活を支える一方、宮城県に進駐した約1万人のGI向けに仙台駅北側のX橋(宮城野橋)周辺には歓楽街が誕生。X橋は日本ハードボイルド小説の嚆矢の舞台となった。仙台市 フレッシュアイペディアより)

421件中 11 - 20件表示

「中央省庁」のニューストピックワード