421件中 61 - 70件表示
  • 調査統計部

    調査統計部から見た中央省庁日本の行政機関

    大臣官房調査統計グループ(だいじんかんぼうちょうさとうけいグループ)は、中央省庁である経済産業省の内部部局である大臣官房の中の組織。2011年7月1日に、経済産業政策局調査統計部から大臣官房調査統計グループに変わった。産業に関する統計などを所管する。調査統計部 フレッシュアイペディアより)

  • 中央合同庁舎第5号館

    中央合同庁舎第5号館から見た日本の行政機関日本の行政機関

    中央合同庁舎第5号館(ちゅうおうごうどうちょうしゃだいごごうかん、Central Gov't Bldg. No.5)は、東京都千代田区霞が関一丁目にある日本の中央省庁の合同庁舎。本館には厚生労働省、環境省、別館には人事院が入居している。中央合同庁舎第5号館 フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイ・ムアラ地区

    ブルネイ・ムアラ地区から見た省庁日本の行政機関

    ブルネイの首都であるバンダルスリブガワンがあるため、同国で最も重要かつ賑やかな地区である。バンダルスリブガワンはブルネイ・ムアラ地区の行政庁所在地を兼ね、政府の省庁や部局の本部などが中心街に立ち並ぶ。他の主要な都市としてはムアラ・ジュルドンがある。ムアラは同国最大かつ最も水深のある港を持つ。ブルネイ・ムアラ地区 フレッシュアイペディアより)

  • 取得補償額

    取得補償額から見た省庁日本の行政機関

    この答申を受け、同年6月29日に、「公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱の施行について」が閣議了解、「公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱」が閣議決定された。損失補償基準要綱の適正な実施を確保する措置として、各省庁はこの要綱に定めるところにより基準を制定し、また、その他の公益事業者等に対し、この要綱に準じて基準を制定するよう指導するものとされた。また、この要綱は、土地収用法に基づく収用委員会の裁決においても基準となるものとされた。鑑定評価制度については、宅地制度審議会において審議することになった。取得補償額 フレッシュアイペディアより)

  • 身分

    身分から見た日本の行政機関日本の行政機関

    一般職国家公務員(中央省庁職員、独立行政法人職員)身分 フレッシュアイペディアより)

  • 産業技術環境局

    産業技術環境局から見た中央省庁日本の行政機関

    産業技術環境局(さんぎょうぎじゅつかんきょうきょく)は、中央省庁である経済産業省の内部部局の一つ。産業技術政策、標準、環境などを所管する。2001年1月6日の中央省庁再編に際して、旧基礎産業局、旧機械情報産業局、旧生活産業局、旧環境立地局を再編して発足した。産業技術環境局 フレッシュアイペディアより)

  • 有識者議員

    有識者議員から見た省庁日本の行政機関

    わが国の省庁、特に内閣府などでは、内閣総理大臣の下、重要政策に関する会議が設置されている。同会議では、大臣などの閣僚や代議士らと共に民間から選出された有識者で構成されている。民間から選出された議員を「有識者議員」(民間議員)と呼ぶ。有識者議員 フレッシュアイペディアより)

  • 落下傘候補

    落下傘候補から見た中央官庁日本の行政機関

    落下傘候補を立てる目的としては、元中央官庁の上級官僚、各政党の公認を得た党の有力幹部、知名度のあるタレントらの擁立など当該選挙区(または当該選挙)の梃入れケースと、選挙区の候補者一本化の調節の為の配置換えなどが多い。知らない土地から突如舞い降りてくるという落下傘(パラシュート)のようなイメージからこの名が付けられた。落下傘候補 フレッシュアイペディアより)

  • エコプロダクツ展

    エコプロダクツ展から見た中央省庁日本の行政機関

    中央省庁経済産業省(当時:通商産業省)や環境省(当時:環境庁)、厚生労働省(当時:厚生省)、厚生労働省(当時:厚生省)、農林水産省、国土交通省(当時:運輸省、建設省)エコプロダクツ展 フレッシュアイペディアより)

  • 特許庁総合庁舎

    特許庁総合庁舎から見た中央省庁日本の行政機関

    特許庁総合庁舎(とっきょちょうそうごうちょうしゃ)は、東京都千代田区霞が関にある日本の中央省庁の庁舎。特許庁及び独立行政法人工業所有権情報・研修館が入居する。特許庁総合庁舎 フレッシュアイペディアより)

421件中 61 - 70件表示

「中央省庁」のニューストピックワード