前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示
  • J-MELO

    J-MELOから見た中孝介中孝介

    10月 神保彰・村治奏一・ギターウルフ・JESSE(RIZE)/ 中孝介(日本語でのコメント)/ 影山ヒロノブ(日本語でのコメント)/ 東京ブラススタイル(日本語でのコメント)J-MELO フレッシュアイペディアより)

  • 松岡モトキ

    松岡モトキから見た中孝介中孝介

    中孝介「絆歌」中1曲(2008年10月1日)松岡モトキ フレッシュアイペディアより)

  • 韓雪

    韓雪から見た中孝介中孝介

    2006年に中孝介と日中両国語でそれぞれ歌ってデュエットした「記憶 -Last Forever-」を発表。11月9日にパシフィコ横浜で開かれた「中華年記念音楽祭」に出演した。この模様はNHK-BSで放送された。韓雪 フレッシュアイペディアより)

  • 島唄

    島唄から見た中孝介中孝介

    「シマ」という言葉は、奄美群島、個々の島、集落など様々な範囲に対して用いられるが、「シマ」と片仮名表記する場合には集落のことを指すことが多い。そして、奄美大島の高齢者は、出身集落以外の歌は「シマウタ」とは呼ばないとの報告もある。実際、奄美群島や沖縄県では集落ごとにそのオリジナルの民謡を持っていることが多く、また多くの市町村に広まっている歌であっても、集落ごとに異なった歌詞のバリエーションを持っていることがある。現在も、専業または兼業で島唄を生業とする者は多く、奄美民謡大賞などの賞も存在する。同賞の受賞者で、後に全国デビューした歌手には、元ちとせや中孝介などがいる。島唄 フレッシュアイペディアより)

  • 元ちとせ

    元ちとせから見た中孝介中孝介

    2011年に中孝介との二人ユニット「お中元」を発足。3月9日に同ユニットにて、九州新幹線 (鹿児島ルート)全線開業のイメージソング「春の行人」をエピック・レーベルより発表。作曲は大橋卓弥、作詞は岡本定義。元ちとせ フレッシュアイペディアより)

  • saku saku

    saku sakuから見た中孝介中孝介

    11月29日 - 2007年7月以来の奄美大島ロケを週を通して各曜日の第2ブロックにて放送。前回同様、現地案内人として中孝介が登場。2010年10月10日に行われた「Setting Sun Sound Festival ~in Amami~Vol.1」出演の中孝介、カサリンチュ、キマグレン、元ちとせのライブの一部およびインタビューも放送された。saku saku フレッシュアイペディアより)

  • 大川茂伸

    大川茂伸から見た中孝介中孝介

    中孝介『手紙』(奥田民夫トリビュートアルバム「カバーズ」より)大川茂伸 フレッシュアイペディアより)

  • 羽毛田丈史

    羽毛田丈史から見た中孝介中孝介

    その後は劇伴を多く手がける一方、松下奈緒、中孝介、元ちとせ、鬼束ちひろ、柴田淳、制服向上委員会、太田裕美、原田知世、遊佐未森、飯塚雅弓、華原朋美、中島美嘉、橋本昌彦、タイナカサチなどの作曲・編曲やプロデュースも行っている。鬼束ちひろの「月光」のイントロからのピアノの音色は羽毛田によるものである。羽毛田丈史 フレッシュアイペディアより)

  • 夏目友人帳

    夏目友人帳から見た中孝介中孝介

    2008年7月から9月まで第1期『夏目友人帳』がテレビ東京系列(TXN)にて放送された。同年8月から10月には原作者の故郷にして在住地でもある熊本県や1期のEDを担当していた中孝介の出身地・鹿児島県でも放送されている。夏目友人帳 フレッシュアイペディアより)

  • 諸君!!

    諸君!!から見た中孝介中孝介

    1曲目の「四つの置時計」は「(reprise)」とつながっておりこのアルバムの世界観を作っている。「四つの置時計」という歌詞は曲中「フォークロック」と歌われているが、もとの意味は「フォークロック」サウンドにかけている。6曲目「花」は中孝介への提供曲。諸君!! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示

「中孝介」のニューストピックワード