前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • 松岡モトキ

    松岡モトキから見た中孝介中孝介

    中孝介「なつかしゃのシマ」(2006年10月11日)松岡モトキ フレッシュアイペディアより)

  • 唄者

    唄者から見た中孝介中孝介

    基本的に奄美地方の地元における唄者は職業歌手ではなく、最も著名な武下和平、坪山豊、築地俊造らでも、別に船大工、商店経営などの生業を持っている。築地俊造は、日本テレビの『日本民謡大賞』で優勝して日本武道館で歌った時に記者に取材を受け、プロになってからの活動について聞かれたが「プロにはなりません」と答えて記者らが呆気にとられたというエピソードを持つ。また、中孝介はメジャーなポップ歌手が生業であるが、シマ唄を歌うことは商売にしないというポリシーを持っている。唄者 フレッシュアイペディアより)

  • 諸君!!

    諸君!!から見た中孝介中孝介

    1曲目の「四つの置時計」は「(reprise)」とつながっておりこのアルバムの世界観を作っている。「四つの置時計」という歌詞は曲中「フォークロック」と歌われているが、もとの意味は「フォークロック」サウンドにかけている。6曲目「花」は中孝介への提供曲。諸君!! フレッシュアイペディアより)

  • 元ちとせ

    元ちとせから見た中孝介中孝介

    2011年に中孝介との二人ユニット「お中元」を発足。3月9日に同ユニットにて、九州新幹線 (鹿児島ルート)全線開業のイメージソング「春の行人」をエピック・レーベルより発表。作曲は大橋卓弥、作詞は岡本定義。同年、所属レーベルをオフィスオーガスタのレーベルがあるアリオラジャパンに変更。元ちとせ フレッシュアイペディアより)

  • 羽毛田丈史

    羽毛田丈史から見た中孝介中孝介

    その後は劇伴を多く手がける一方、松下奈緒、中孝介、元ちとせ、鬼束ちひろ、柴田淳、制服向上委員会、太田裕美、原田知世、遊佐未森、飯塚雅弓、華原朋美、中島美嘉、橋本昌彦、タイナカサチなどの作曲・編曲やプロデュースも行っている。鬼束ちひろの「月光」のイントロからのピアノの音色は羽毛田によるものである。羽毛田丈史 フレッシュアイペディアより)

  • 韓雪

    韓雪から見た中孝介中孝介

    2006年に中孝介と日中両国語でそれぞれ歌ってデュエットした「記憶 -Last Forever-」を発表。11月9日にパシフィコ横浜で開かれた「中華年記念音楽祭」に出演した。この模様はNHK-BSで放送された。韓雪 フレッシュアイペディアより)

  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見た中孝介中孝介

    この他にも、「ぷいぷいファミリー」扱いのアーティストゲストとして、加山雄三、服部隆之、MALTA、平原綾香、ゴンチチ、ET-KING、中孝介、かりゆし58(主に前川真悟)、カサリンチュ、Little Glee Monster、竹原ピストルなどが定期的に出演。「キッチンぷいぷい」へ随時登場するほか、当番組のスタジオ(または中継先)で演奏や歌唱を披露することもある。また、ゴンチチのチチ松村は、2015年10月から中間淳太によるVTRロケコーナー(「密着わくわく1日」→「密着まるまる1日」→「じゅん愛 生きもの係」)のナレーターを担当。Little Glee Monsterは、2017年10月改編から、木曜日の第2部で「とびだせ日本 リトグリ通信」というコーナーへ定期的に出演する。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • saku saku

    saku sakuから見た中孝介中孝介

    11月29日 - 2007年7月以来の奄美大島ロケを週を通して各曜日の第2ブロックにて放送。前回同様、現地案内人として中孝介が登場。2010年10月10日に行われた「Setting Sun Sound Festival ~in Amami~Vol.1」出演の中孝介、カサリンチュ、キマグレン、元ちとせのライブの一部およびインタビューも放送された。saku saku フレッシュアイペディアより)

  • 島唄

    島唄から見た中孝介中孝介

    歌の内容としては集落毎の生活に密接に根ざしている労働歌や、伝承を歌詞にした歌、呪術の一種であるサカ歌などを口伝によって伝えてきたものが多い。即興の歌遊び(歌掛け)も行われた。島唄に長けたものは唄者(うたしゃ)と称されるが、シマ社会では職業としての歌手ではなかった。20世紀以降、録音・放送技術の発展により歌の保存や伝達手段は飛躍的に進歩したが、方言そのものの衰退という新たな課題が生じている。一方で、島唄がライブなどで興業的に歌われる機会が増え、職業的な島唄歌手も存在するが、奄美群島の著名な唄者は他に生業をもっていることが多い。唄者が競いあう「奄美民謡大賞」などの大会も存在する。これらで大賞を受賞すると群島内でCDなどが発売されるが、中には元ちとせや中孝介などメジャーデビューした者もいる。島唄 フレッシュアイペディアより)

  • 大坂孝之介

    大坂孝之介から見た中孝介中孝介

    バンド解散後は、中村中、高杉さと美、加藤和樹、キマグレン、西野カナらツアーバンドのサポートメンバーとして活動。2007年に中孝介のシングル曲を楽曲提供し、作曲家としてもデビュー。大坂孝之介 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「中孝介」のニューストピックワード