117件中 71 - 80件表示
  • 若乃島史也

    若乃島史也から見た中孝介中孝介

    新十両で迎えた2014年7月場所では緊張していたためか初日から5連敗など不調で、12日目に早々と負け越しが決まり、4勝11敗と大きく負け越し、翌場所は幕下に陥落した。「折角もらった化粧廻しを1場所しか使わずに引退するのは申し訳ない」と奮起して2015年5月場所で再十両を果たすと、今度は気持ちに余裕を持って場所に挑み、千秋楽に十両で初めての勝ち越しを決めた。十両在位は通算7場所で、2017年1月場所を右膝の負傷で途中休場したのが最後の十両在位となり、幕下の番付だった同年9月場所限りで現役を引退した。引退の理由には、右膝の負傷を原因とした気力の減退を挙げた。9月30日、国技館で断髪式が行われた。一門の親方、関取衆はじめ関係者約250人が出席。最後に師匠の芝田山親方が留めばさみを入れ、17年半の土俵人生に別れを告げた。その後、両国国技館内で行われたパーティーでは、親交があり同じ奄美出身の歌手元ちとせ及び中孝介が前途を祝し、美声を披露した。 「やり切った感じで、すがすがしい気持ちだった。いろいろな人に来てもらったから笑顔を見せないと」と、涙を流すことはなかった。ただ、さまざまな思いが頭の中を巡る中「やっぱり先代の親方のことを考えてました。何と言ってくれるか…。『頑張ったな』と言ってくれると思います」と、しんみり話した。一番の思い出は、初土俵から約14年で新十両昇進を決めた2014年5月場所。その場所中に先代が急死したこともあり「突然すぎて本当に信じられなかった。絶対に忘れられない場所」と振り返った。何度も引退しようと思ったことがあったが、先代から口酸っぱく言われた「あきらめるな」「我慢しろ」の言葉が押しとどめてくれた。「自分は出会いに恵まれた。すごい偉大な親方2人に出会えました」と感謝した。引退後は世田谷区内のしゃぶしゃぶ店に勤務し、見習いから始めて、将来的に都内で独立する意向と報道された。若乃島史也 フレッシュアイペディアより)

  • J-WAVE HOLIDAY SPECIAL

    J-WAVE HOLIDAY SPECIALから見た中孝介中孝介

    スペシャルレポーター:中孝介J-WAVE HOLIDAY SPECIAL フレッシュアイペディアより)

  • 桜色舞うころ

    桜色舞うころから見た中孝介中孝介

    2016年、中孝介(2月24日発売のトリビュートアルバム『MIKA NAKASHIMA TRIBUTE』に収録)桜色舞うころ フレッシュアイペディアより)

  • wyolica

    wyolicaから見た中孝介中孝介

    中孝介 ユライ花 (2007年7月11日)wyolica フレッシュアイペディアより)

  • 誰も知らない泣ける歌

    誰も知らない泣ける歌から見た中孝介中孝介

    「それぞれに」中孝介誰も知らない泣ける歌 フレッシュアイペディアより)

  • KANO 1931海の向こうの甲子園

    KANO 1931海の向こうの甲子園から見た中孝介中孝介

    歌 - Rake、中孝介、范逸臣、舒米恩、羅美玲KANO 1931海の向こうの甲子園 フレッシュアイペディアより)

  • J-MELO

    J-MELOから見た中孝介中孝介

    2009年9月放送。SHIBUYA-AXで開催された公開ライブ。出演は大貫妙子、小松亮太、マーティ・フリードマン、中孝介、May J.、シャンティ。J-MELO フレッシュアイペディアより)

  • POPMAN'S ANOTHER WORLD

    POPMAN'S ANOTHER WORLDから見た中孝介中孝介

    後に中孝介と元ちとせのユニット「お中元」に作曲提供した「春の行人」はこの曲が元になっている。POPMAN'S ANOTHER WORLD フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩酒造

    薩摩酒造から見た中孝介中孝介

    中孝介 - さつま白波のCMソング『花』を歌う奄美市出身・在住の歌手。薩摩酒造 フレッシュアイペディアより)

  • 絆 (中孝介の曲)

    絆 (中孝介の曲)から見た中孝介中孝介

    『絆/夏夕空』(きずな/なつゆうそら)は、日本の歌手、中孝介の通算6枚目のシングル。2008年9月3日発売。絆 (中孝介の曲) フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示

「中孝介」のニューストピックワード