81件中 21 - 30件表示
  • 中孝介

    中孝介から見た御徒町凧

    2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマ『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ?nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ?nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た朝崎郁恵

    シマ唄の本質を学ぶことにより、故郷奄美大島の文化や風土に対し、更なる誇りと愛着の気持ちを抱くようになり、現在も奄美大島に在住しながら朝崎郁恵らとともにシマ唄の唄者としての活動も続けている。その独特な声と歌唱法は「地上で、最も優しい歌声」とも称される。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た韓雪

    2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマ『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ?nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ?nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たおいしいうたファミリー

    コンピレーション・アルバム『すごくおいしいうた』(2010年1月20日) - 12曲目「愛燦燦」/13曲目「明日の空」(おいしいうたファミリーの一員として。)中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た黄義達

    2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマ『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ?nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ?nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た西和美

    中がシマ唄を初めて聞いたのは高校1年の時、当時古仁屋高校3年だった元ちとせのライブだった。その後、中は名瀬の唄者西和美の経営する居酒屋「かずみ」に通ってシマ唄を身に付ける。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た中国

    2000年10月、ジャバラレコードからシマ唄の初アルバム『アタリ』をリリース、さらにアルバム3枚と1枚のポップスのミニアルバムを出した後、その歌唱力が認められ、琉球大学卒業後の2006年にエピックレコードジャパンより、シングル『それぞれに』でメジャーデビュー。23ものラジオ局でパワープレイを獲得した。同年11月、中華圏(台湾、香港、中国大陸)でアルバムを先行リリースし、台湾のYahoo!ミュージックチャート(日本・韓国)で初登場1位を獲得。本国で実績のない日本人アーティストが海外でデビュー1位を飾るのは極めて異例なことであり、その評価の高さは香港芸能界の重鎮・アンディ・ラウが中の楽曲をカバーしたこと等からも見て取れる。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た男性

    中 孝介(あたり こうすけ、1980年7月13日 - )は、日本の男性歌手、唄者。鹿児島県奄美大島名瀬市(現・奄美市名瀬)出身。琉球大学法文学部人間科学科地理人類学専攻社会人類学コース卒業。エピックレコードジャパン所属。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たFacebook

    中孝介 - Facebook中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たラスト、コーション

    2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマ『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ?nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ?nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。中孝介 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示