73件中 61 - 70件表示
  • 中孝介

    中孝介から見た爆笑!ものまねウォーズ

    激突!ものまねウォーズ 新旧!下克上バトル!(TBS、2011年10月20日)ご本人登場として、二宮優樹と共に「花」を歌唱。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たすごくおいしいうた

    コンピレーション・アルバム『すごくおいしいうた』(2010年1月20日) - 12曲目「愛燦燦」/13曲目「明日の空」(おいしいうたファミリーの一員として。)中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たBLEACH (アニメ)

    2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマ『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ?nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ?nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たJNN九州・沖縄ドキュメント ムーブ

    ムーブ2006 第18回「なつかしゃを伝えたい 〜若き唄者の旅立ち〜」(JNN系、2006年5月)中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た夏目友人帳

    夏目友人帳 参(テレビ東京系、2011年8月22日(第8話)) - 安井 役中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た海角七号 君想う、国境の南

    台湾映画『海角七号 君想う、国境の南』(2008年製作、2009年日本公開) - 日本に統治されていた台湾に滞在の日本籍教師と現代の本人役で出演中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たオムニバス・アルバム

    オムニバス・アルバム『image7』(2008年2月6日) - 8曲目「夜想曲 〜nocturne (LUST, CAUTION version)」中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た種をまく日々

    2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマ『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ?nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ?nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見たジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜

    2007年、『アイホン』TV-CFのイメージソングに未発表曲「夜明け前」が採用された。4月に発売した森山直太朗・御徒町凧コンビの書き下ろしによる『花』がロングヒットを記録し、7月に「花」を収録したファーストアルバム『ユライ花』を発売。オリコン初登場7位を記録し、男性ソロアーティストのファーストアルバムの初登場トップ10入りは、日本人アーティストとしては森山直太朗以来、約3年ぶりの記録となった。また、アジアでの2枚目のアルバムとなったアジア版『花間道』は台湾チャートで初登場5位を獲得。8月には、日中国交正常化35周年を記念した日中文化・スポーツ交流年の公式テーマ曲で、過去に自身のアルバムで共演している中国人女性歌手・韓雪とのデュエット曲「言葉はいらない」を会見の席で初披露。また、10月スタートのNHK土曜ドラマ『ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜』の主題歌歌手に抜擢され、デビュー前から長い間暖めていたバラード「路の途中」の起用が決定。9・10月には、故郷の鹿児島を皮切りに台湾公演を含む全国ツアー「ユライ花」を開催。11月にはアニメ『BLEACH』のエンディングテーマに起用された『種をまく日々』を発売(「路の途中」「言葉はいらない」も収録)。また、「花間道」に収録されたシンガポールのシンガーソングライター・黄義達の書き下ろしによる「夜想曲 ?nocturne」が、映画『ラスト、コーション』の日本版オフィシャル・イメージソングに選ばれ、新たに「夜想曲 ?nocturne (LUST, CAUTION version)」として録り直しをした(オムニバス『image7』に収録)。中孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 中孝介

    中孝介から見た鹿児島県

    中 孝介(あたり こうすけ、1980年7月13日 - )は、日本の男性歌手、唄者。鹿児島県奄美大島名瀬市(現・奄美市名瀬)出身。琉球大学法文学部人間科学科地理人類学専攻社会人類学コース卒業。エピックレコードジャパン所属。中孝介 フレッシュアイペディアより)

73件中 61 - 70件表示

「中孝介」のニューストピックワード