540件中 41 - 50件表示
  • 劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL

    劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILLから見た中居正広中居正広

    『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』(げきじょうばん アタル ザ・ファースト・ラブ・アンド・ザ・ラスト・キル)は、2013年9月14日公開の日本映画。2012年にTBSテレビで放送された中居正広主演のテレビドラマ『ATARU』の劇場版作品かつ続編であり、天才的推理力を持つ発達障害者でサヴァン症候群の青年・チョコザイことアタルの活躍を描くミステリ作品。最終興行収入18.5憶円。劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL フレッシュアイペディアより)

  • 中居正広の7番勝負!超一流アスリートVS芸能人どっちが勝つの?SP

    中居正広の7番勝負!超一流アスリートVS芸能人どっちが勝つの?SPから見た中居正広中居正広

    『中居正広の7番勝負!超一流アスリートVS芸能人どっちが勝つの?SP』(なかいまさひろのななばんしょうぶ!ちょういちりゅうアスリートバーサスげいのうじんどっちがかつの?スペシャル)は、日本テレビ系列で2008年から毎年末に放送されているスポーツバラエティ特別番組である。中居正広の冠番組。中居正広の7番勝負!超一流アスリートVS芸能人どっちが勝つの?SP フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た中居正広中居正広

    両組司会については、紅組司会には東京アナウンス室在籍3年目(NHK在籍自体は5年目)ながら大抜擢される形となった久保純子、白組司会には2年連続での登板となるSMAPの中居正広がそれぞれ起用された。なお、今回の司会発表は11月10日に行われた。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • SmaSTATION!!

    SmaSTATION!!から見た中居正広中居正広

    2004年7月24日深夜(この日はサッカーのアジアカップ中継の影響で通常より40分遅れて、7月24日の23:40 - 翌0:34の放送)に放送当日の新聞の見出しや番宣CMで「今夜SMAPが全員緊急生出演」とあった。しかし、番組冒頭で登場したのは香取と木村拓哉・稲垣吾郎・草彅剛の合計4人だけで、中居正広は冒頭では出演しなかった。実は中居は、この当日の裏番組でナインティナインとともに自ら司会をしていた『FNS27時間テレビ』に出演していた為、当然出演する事が不可能であった。しかし、番組開始約20分後に中居を除くメンバー全員で1996年にリリースしたシングル「SHAKE」の2004年バージョン「SHAKE2004」を番組内で披露。ところが曲の途中で中居が番組のマルチビジョンに登場。(これは、「テレビ局で5人揃ってライブしよう」と中居が『27時間テレビ』の冒頭でメンバーに呼びかけたのだが、メンバーは場所を勘違いしフジテレビではなく、テレビ朝日で唄ってしまったという『27時間テレビ』のコントコーナーだった。)このため、約10数分間フジテレビ『27時間テレビ』とテレビ朝日『SmaSTATION-3』の2局同時生中継となった。さらに、ナレーションの小林克也がこの生中継に「ベラベラステーション」を、フジテレビにいる『27時間テレビ』に出演しているメンバーに出題。出題されたのは中居と共に番組の総合司会をやったナインティナインの岡村隆史とフジテレビの西山喜久恵アナウンサーであった。この他番組内でナインティナインの矢部浩之、フジテレビの佐野瑞樹・渡辺和洋・中村仁美アナウンサー、ケイン・コスギ、若槻千夏も中継で出演したというテレビ局史上始まって以来、前代未聞の同時生中継の放送となった。SmaSTATION!! フレッシュアイペディアより)

  • ダウトをさがせ!

    ダウトをさがせ!から見た中居正広中居正広

    レギュラー解答者は和田アキ子、中居正広、神田正輝。ダウトをさがせ! フレッシュアイペディアより)

  • 第53回NHK紅白歌合戦

    第53回NHK紅白歌合戦から見た中居正広中居正広

    和田アキ子と中居正広(SMAP)を進行役に据え、出場歌手が輪唱をするコーナーが行われた。「静かな湖畔の森の影から」の輪唱シーンにおいて、SMAPの木村拓哉が「静かな湖畔の森の影から男と女の声がする」と歌い、和田が「ここNHKだよ」と言って木村を咎める一幕があった。第53回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第56回NHK紅白歌合戦

    第56回NHK紅白歌合戦から見た中居正広中居正広

    SMAPは「Triangle」で白組トリおよび大トリを務めた(史上初の複数回トリを務めたグループとなった。これは白組ではSMAPのみ。また複数回大トリを務めた史上初のグループにもなった。一方翌第57回(2006年) - 第60回(2009年)まで同リーダーの中居正広が組司会に起用されたことから、SMAPの白組トリ(大トリ)担当は中居が組司会を退いた第61回(2010年)まで途絶えることとなった)。また、後半戦のトップでは『スキウタ』白組および全体1位に輝いた自身の代表曲「世界に一つだけの花」を5人のメインボーカルにて出場歌手と大合唱した。他にも、コーナー「タイムスリップ60年 昭和・平成ALWAYS」でもトリとして登場し、メンバーがそれぞれ曲紹介を行い、持ち歌2曲を披露した。第56回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第47回NHK紅白歌合戦

    第47回NHK紅白歌合戦から見た中居正広中居正広

    また、この年亡くなった藤子・F・不二雄と渥美清を偲び第1部では、「ドラえもんのうた」(テレビ朝日系アニメ『ドラえもん』における当時の主題歌)を出場歌手(松田聖子がしずか役、SMAPの中居正広がスネ夫役、RATS&STARの桑野信義がジャイアン役をそれぞれ演じた)と松で、第2部では、「男はつらいよ」を出場歌手で大合唱された。前者では、ドラえもん・のび太・しずか・スネ夫・ジャイアン・のび助・玉子の着ぐるみも登場した。さらにドラえもん・のび太・しずか・スネ夫・ジャイアンについては、当時のアニメ版『ドラえもん』の声優陣(大山のぶ代・小原乃梨子・野村道子・肝付兼太・たてかべ和也)の参加によって声も発していた。この演出について、大山は後に著書『ぼく、ドラえもんでした。』内で「前の時間帯で(テレビ朝日で)『ドラえもん』のスペシャルをやっている中、こういう局の垣根を越えた演出をしてくれて感謝しています」と述べている。第47回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第48回NHK紅白歌合戦

    第48回NHK紅白歌合戦から見た中居正広中居正広

    両組司会は和田アキ子・中居正広(SMAP)が担当。和田は第39回(1988年)以来9年ぶりの紅組司会起用。当時25歳の中居は白組司会の最年少記録を打ち立てた。第48回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第59回NHK紅白歌合戦

    第59回NHK紅白歌合戦から見た中居正広中居正広

    紅組に仲間由紀恵、白組にSMAPの中居正広が起用された。2人が夫婦役で共演したTBS制作の映画『私は貝になりたい』(22日公開)のPR活動(映画関連のイベントや民放の番組への出演)で2人のスケジュールが中々合わなかったため、発表が例年より遅いこの日となった。中居は司会発表会見にて「勘違いしないでほしいんですけど、映画の宣伝でも何でもございません」と話した。なお、本紅白放送後に同作の観客が急増する現象が発生しており、『サンケイスポーツ』2009年1月6日付はこれを「紅白効果」と報じた。第59回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

540件中 41 - 50件表示

「中居正広」のニューストピックワード