中山恭子 ニュース&Wiki etc.

中山 恭子(なかやま きょうこ、1940年1月26日 ‐ )は日本の大蔵官僚、政治家。参議院議員(1期)。たちあがれ日本参議院幹事長代理を経て、日本維新の会へ合流。 (出典:Wikipedia)

「中山恭子」Q&A

  • Q&A

    この中で縄文顔、弥生顔に分けてください。吉高由里子 加藤ローサ 中山エミリ 黒木華 …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月6日 20:58

  • Q&A

    思想で歌手や作曲家をも差別することについて、どのように思いますか?例えば、私はMr.…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月24日 11:32

  • Q&A

    【第22回】大河ドラマ時代劇に映える女優ランキング 下記女優の中から1位~5位を5…

    [続きを読む]

    回答数:14質問日時 - 2016年9月13日 11:52

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中山恭子」のつながり調べ

  • 長野庬士

    長野庬士から見た中山恭子

    同期に中山恭子、中山成彬、武藤敏郎、阪田雅裕(内閣法制局長官)、中島義雄(元主計局次長)、佐藤謙、久保田勇夫、新村淳一(弁護士)など。(長野庬士 フレッシュアイペディアより)

  • 片山虎之助

    片山虎之助から見た中山恭子

    2010年1月29日、自由民主党より第22回参議院議員通常選挙で比例区立候補を模索。参議院自民党の影の実力者であった青木幹雄は片山の比例擁立を後押しするも、若手を中心に比例区70歳定年制の内規順守と世代交代を理由に反発が起こった。自民党執行部は若手の意向をふまえて定年制度を理由に比例候補として公認しない方針を示した。片山は5月に自民党を離党し、たちあがれ日本の候補として比例区からの立候補を表明。会長を務めていた日本消防協会を組織票としつつ地元の岡山県を中心に選挙戦を戦い、11万7636票を得て当選し国政に復帰した。同党では参議院幹事長に就任。その後太陽の党を経て同党が日本維新の会に合流すると、2012年12月18日にたちあがれ日本の中山恭子、同年9月に民主党を離党し日本維新の会に参加していた水戸将史とともに参院会派「日本維新の会」結成を届け出、同党国会議員団の政調会長及び参議院議員団会長に就任した。(片山虎之助 フレッシュアイペディアより)

「中山恭子」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「中山恭子」のニューストピックワード