前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • キルギス日本人誘拐事件

    キルギス日本人誘拐事件から見た中山恭子中山恭子

    日本政府は、三橋秀方駐キルギス大使が本部長、松田邦紀参事官が事務局長を務める現地対策本部長をビシュケクに設置し、アスカル・アカエフ大統領と会見。外務省オペレーション・ルームに設置された緊急対策室で、川島裕外務事務次官、竹内行夫総合外交政策局長、河相周夫総合外交政策局総務課長、今井正領事移住部長らが情報を共有し、キルギス政府を当事者として交渉に当たる一方、隣国のタジキスタン、ウズベキスタン政府への協力を求めた。これを受け中山恭子駐ウズベキスタン大使と連絡を取る別動の高橋博史参事官がタジキスタンから武装勢力に接触。この結果10月25日、日本人技師が無事解放。翌日、日本への帰路についた。詳細は、平成18年2月27日提出の質問趣意書111号「キルギスにおける日本人拉致事件に関する質問主意書」、特に中山恭子による回想録『ウズベキスタンの桜』(KTC中央出版)に非常に詳細に記録されている。キルギス日本人誘拐事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た中山恭子中山恭子

    日本のこころの中山恭子代表は、東京都議選における自民党の公認候補者60人全員に推薦を出すことを決定したことを発表。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た中山恭子中山恭子

    18日 - 自民党の中山恭子元内閣府特命担当相(少子化・男女共同参画担当)が離党届を提出。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の政治

    2016年の政治から見た中山恭子中山恭子

    12日 - 日本のこころを大切にする党・中山恭子代表が、第24回参議院議員通常選挙において当選者なしの惨敗の責任をとる形で中野正志幹事長に代表の辞任届を提出した。2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のこころ (政党)

    日本のこころ (政党)から見た中山恭子中山恭子

    8月28日、平沼の後任を決める党首選を告示し、中山恭子が無投票当選した(任期は10月1日から)。松沢成文も当初立候補の意向だったが、「中山が自民党との連携を最重視している」として路線対立を理由に離党した。松沢の後任幹事長は和田政宗政調会長が兼務した。国政政党の女性党首は、2013年に辞任した福島瑞穂・社民党党首以来である。なお、平沼時代は肩書きが「党首」だったが、中山の就任後は「代表」となる。日本のこころ (政党) フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の政治

    2015年の政治から見た中山恭子中山恭子

    28日 - 次世代の党の党首選が告示され、中山恭子参院議員が無投票で当選。10月1日就任予定。また、幹事長は和田政宗政調会長が兼任すると発表。2015年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 中山成彬

    中山成彬から見た中山恭子中山恭子

    妻の中山恭子は、大蔵省時代の同期であり、福田康夫改造内閣にて内閣府特命担当大臣・拉致問題担当大臣を務めた。中山成彬 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ時事対談

    ラジオ時事対談から見た中山恭子中山恭子

    『ラジオ時事対談』と同じく、有泉孝がパーソナリティ、乳原佳代がアシスタントを務めた。他に、横田早紀江、横田滋、平沼赳夫、中山恭子が出演。ラジオ時事対談 フレッシュアイペディアより)

  • 長野庬士

    長野庬士から見た中山恭子中山恭子

    同期に中山恭子、中山成彬、武藤敏郎、阪田雅裕(内閣法制局長官)、中島義雄(元主計局次長)、佐藤謙、久保田勇夫、新村淳一(弁護士)など。長野庬士 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤夢里子

    伊藤夢里子から見た中山恭子中山恭子

    2002年 - ウズベキスタンにてリサイタル(中山恭子大使主催)伊藤夢里子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「中山恭子」のニューストピックワード