前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • キルギス日本人誘拐事件

    キルギス日本人誘拐事件から見た中山恭子中山恭子

    日本政府は、キルギス政府を当事者として交渉に当たる一方、隣国のタジキスタン、ウズベキスタン政府への協力を求めた。この結果10月25日、日本人技師が無事解放。翌日、日本への帰路についた。詳細は、平成18年2月27日提出の質問趣意書111号「キルギスにおける日本人拉致事件に関する質問主意書」、特に中山恭子による回想録『ウズベキスタンの桜』(KTC中央出版)に非常に詳細に記録されている。キルギス日本人誘拐事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中山成彬

    中山成彬から見た中山恭子中山恭子

    妻の中山恭子は、大蔵省時代の同期であり、福田康夫改造内閣にて内閣府特命担当大臣・拉致問題担当大臣を務めた。中山成彬 フレッシュアイペディアより)

  • 国際観光産業振興議員連盟

    国際観光産業振興議員連盟から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子(参議院議員:たちあがれ)国際観光産業振興議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • チーム安倍

    チーム安倍から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子(民間 → 第21回参議院議員通常選挙で参、無派閥 → 町村派入会予定) - 内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)(2006年9月26日 - 2007年8月27日)チーム安倍 フレッシュアイペディアより)

  • 上野公成

    上野公成から見た中山恭子中山恭子

    06年自民党総裁選において、群馬県選挙区選出の参議院議員山本一太が、同郷の福田康夫ではなく安倍晋三支持を前面に押し出してマスコミなどで派手に活動していた。その際、山本を群馬選挙区の公認候補者から外し、落選中の上野を公認しようという動きが群馬県内の福田系県議を中心にあったが、最終的に現職の山本が選挙区公認候補となった。その結果、上野は第21回参議院議員通常選挙比例区の公認候補にまわることになったが、群馬県出身の比例候補は中山恭子、尾身朝子などがいる中で、上野ただ一人が自民党群馬県連の比例区重点候補者に指定されていた。上野公成 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た中山恭子中山恭子

    自民党は、参院政審会長舛添要一がトップ当選、元内閣官房参与の中山恭子、丸山弁護士こと丸山和也、前教育再生会議委員でヤンキー先生こと義家弘介らが当選。一方、業界団体擁立候補については、農協推薦の山田俊男ら5人の当選に留まった。公明党は1議席減の7議席となった。第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敏郎

    武藤敏郎から見た中山恭子中山恭子

    同期には中島義雄(財政金融研究所長)、長野厖士(大蔵省証券局長)、中山成彬(衆議院議員)、中山恭子(大蔵省大臣官房参事官)、塩田薫範(公正取引委員会事務総長)、井坂武彦(造幣局長)、佐藤謙(防衛事務次官)、久保田勇夫(国土次官)、岡田康彦(環境庁次官)、松川隆志(北海道開発庁次官)、阪田雅裕(内閣法制局長官)、森昭治(金融庁長官)等多士済々で、「花の昭和41年組」と呼ばれたが、中でも長野・中島らと並んで将来を嘱望され、大蔵省では主計局を中心にキャリアを積んだ。武藤敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • たちあがれ日本

    たちあがれ日本から見た中山恭子中山恭子

    たちあがれ日本に平沼と与謝野、藤井孝男、園田博之が参加することはほとんど決定的だったが、その他にも中川義雄、中山恭子、城内実、小泉龍司、鴻池祥肇、丸山和也、後藤田正純、舛添要一などの参加も噂され、政党要件を満たす5議席以上の確保が容易にできるとみられていた。しかし、調整が難航したため、結党時に実際に参加したのは中川のみ(後の6月21日、中山恭子が合流)だった。たちあがれ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 片山虎之助

    片山虎之助から見た中山恭子中山恭子

    2010年1月29日、自由民主党より第22回参議院議員通常選挙で比例区立候補を模索。参議院自民党の影の実力者であった青木幹雄は片山の比例擁立を後押しするも、若手を中心に比例区70歳定年制の内規順守と世代交代を理由に反発が起こった。自民党執行部は若手の意向をふまえて定年制度を理由に比例候補として公認しない方針を示した。片山は5月に自民党を離党し、たちあがれ日本の候補として比例区からの立候補を表明。会長を務めていた日本消防協会を組織票としつつ地元の岡山県を中心に選挙戦を戦い、11万7636票を得て当選し国政に復帰した。同党では参議院幹事長に就任。その後太陽の党を経て同党が日本維新の会に合流すると、2012年12月18日にたちあがれ日本の中山恭子、同年9月に民主党を離党し日本維新の会に参加していた水戸将史とともに参院会派「日本維新の会」結成を届け出、同党国会議員団の政調会長及び参議院議員団会長に就任した。片山虎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤謙

    佐藤謙から見た中山恭子中山恭子

    東京都立両国高等学校を経て、1966年東京大学法学部卒業。同年、大蔵省入省。同期に中山恭子、武藤敏郎、中島義雄、長野厖士(証券局長)、松川隆志(北海道開発事務次官)など。元自治庁次官、読売新聞社会長・小林與三次の娘婿。佐藤謙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「中山恭子」のニューストピックワード