27件中 11 - 20件表示
  • 長野庬士

    長野庬士から見た中山恭子中山恭子

    同期に中山恭子、中山成彬、武藤敏郎、阪田雅裕(内閣法制局長官)、中島義雄(元主計局次長)、佐藤謙、久保田勇夫、新村淳一(弁護士)など。長野庬士 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県立前橋女子高等学校

    群馬県立前橋女子高等学校から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子 - 参議院議員・内閣総理大臣補佐官(拉致問題担当)群馬県立前橋女子高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 地下式原子力発電所政策推進議員連盟

    地下式原子力発電所政策推進議員連盟から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子(日本維新の会)地下式原子力発電所政策推進議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ノリミツ・オオニシ

    ノリミツ・オオニシから見た中山恭子中山恭子

    2006年12月17日 - 北朝鮮による日本人拉致問題が本来あるべき拉致問題解決に焦点がおさまらず、対北朝鮮・対中国への国民の嫌悪感をあおり、この世論に便乗して憲法改正などの政治的にも利用されようとしているとし、日本の左派主要メディアが懸念するいわゆる日本の右傾化傾向に対する報道と同調する内容となっている。後日、日本政府はこの報道を問題視し、中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)の反論文を同紙(NYタイムズ)と、記事を転載した国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンに投稿。後者へは26日付で掲載された。また、元米国政府軍備管理軍縮局上級顧問のトーマス・スニッチ(Thomas Snitch)は、米国は自国民が同様な拉致被害を受ければ、その外国政府に対して日本以上に激しく反発し軍事力を行使してでも救出を行うだろうが、日本が拉致問題の解決を求めることが「ナショナリスト的な政治目標」にリンクされた手段であると日本国内の動きや勢力を攻撃するような報道は恥ずべき行為であると批判した。ノリミツ・オオニシ フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た中山恭子中山恭子

    川勝は「日本最強内閣」としての閣僚には誰が最適かとするアンケートにて、内閣総理大臣に櫻井よしこ、外務大臣に曽野綾子、厚生労働大臣に中村桂子、内閣官房長官に中山恭子、の4人の女性の名を挙げている。その他の閣僚としては、総務大臣に丹羽宇一郎、財務大臣に堺屋太一、文部科学大臣に寺田典城、農林水産大臣に竹中平蔵、防衛大臣に山折哲雄を列挙し、無任所の行政改革担当大臣には渡辺喜美を挙げている。川勝は、櫻井について「憂国の士」 であると指摘したうえで「美しい大和撫子」 と評しており、それを理由に内閣総理大臣に選出したと説明している。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • サプライズ人事

    サプライズ人事から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子拉致問題担当大臣サプライズ人事 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た中山恭子中山恭子

    2008年8月2日、内閣改造により福田改造内閣が発足した。それに併せて、麻生太郎を幹事長に指名するなど、自由民主党執行部の人事も刷新した。閣僚の参議院枠は参議院自民党の推薦に基づき選抜するのが慣例だが、今回の組閣では参議院会長尾辻秀久による推薦を一切無視し、福田の独断で林芳正や中山恭子らを入閣させ舛添要一を留任させた。また、副大臣も党執行部の推薦に基づく選抜が慣例だが、今回は党からの推薦が差し戻され、閣僚経験者の鴨下一郎らが起用された。また、内閣総理大臣補佐官は、渡海紀三朗が新たに起用されたため全員が閣僚経験者となった。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た中山恭子中山恭子

    18日 - 自民党の中山恭子元内閣府特命担当相(少子化・男女共同参画担当)が離党届を提出。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 中島義雄

    中島義雄から見た中山恭子中山恭子

    1966年4月 大蔵省入省。主計局総務課配属。同期に中山恭子、武藤敏郎、阪田雅裕(内閣法制局長官)、長野厖士(証券局長)、西方俊平(造幣局長、JT副社長)、岡田康彦(環境事務次官)、松川隆志など。中島義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 香川大学

    香川大学から見た中山恭子中山恭子

    高等裁判所や財務局、経済産業局など四国4県を統括する国の主要な出先機関と上場企業の支店が集中する高松市の地の利を背景に、国立大学として四国唯一の法学部、経済学部、法科大学院、MBA大学院(ビジネススクール)を持つ。このためMBA(地域マネジメント研究科)には官公庁や企業の現役職員の受講生が多く、前研究科長が日本放送協会(NHK)の経営委員・常勤監査委員を兼ねるほか、歴代客員教授・講師陣には大蔵官僚時代に四国財務局長だった中山恭子元内閣総理大臣補佐官(拉致問題担当)をはじめ現職の県知事や地銀頭取、企業の重役、官公庁の幹部行政官、日銀支店長などが名を連ねて異彩を放っている。近年新設された工学部は国立大学としては最後発であるが、教授陣には企業出身の研究者が多く、産学協同色を鮮明に打ち出している。香川大学 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「中山恭子」のニューストピックワード