45件中 21 - 30件表示
  • 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会

    北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会から見た中山恭子中山恭子

    青山繁晴、赤池誠章、井上義行、衛藤晟一、塚田一郎、中山恭子、三原じゅん子、山崎正昭(自由民主党・こころ)北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 和田政宗

    和田政宗から見た中山恭子中山恭子

    2014年11月19日、所属していたみんなの党が解党を決定したため、松沢成文とともに新党結成を模索するが断念し、同月26日、入党要請を受けていた次世代の党に入党。12月25日、政策調査会長に就任した。2015年(平成27年)5月1日、憲法改正を目指す団体「美しい日本の憲法をつくる宮城県民の会」の会長代行に就任した。同年8月28日、次世代の党を離党した松沢の後任として、政調会長と兼務で幹事長に就任。9月25日から30日の6日間、次世代の党党首の平沼赳夫が離党したことに伴い、後任の中山恭子が10月1日に就任するまで、党首代行を務めた。9月30日、次世代の党両院議員総会において翌10月1日からの新役員体制発足が承認され、和田は幹事長、参議院幹事長、政策調査会長、広報局長、青年局長の党役職を兼務することが発表された。しかし翌月の11月11日、同党両院議員総会で幹事長を中野正志に交代する人事が内定し、16日付で和田は幹事長代理とその他の役職の兼任となった。さらに、12月21日の同党議員総会では党名を日本のこころを大切にする党に変更することが決定され、和田は党名継続を主張したが、同日中に総務省への届出とともに改称が実施された。同日、和田は党名変更について「党に所属している以上、決定したことに従うか従わないか」「党内には同じ志を持った仲間もたくさんおり、しっかり考えたい」などとブログに記していた。和田政宗 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た中山恭子中山恭子

    自民党は、参院政審会長舛添要一がトップ当選、元内閣官房参与の中山恭子、テレビ出演により知名度のあった弁護士の丸山和也、前教育再生会議委員でヤンキー先生こと義家弘介らが当選。一方、業界団体擁立候補については、農協推薦の山田俊男ら5人の当選に留まった。公明党は1議席減の7議席となった。第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 中野正志

    中野正志から見た中山恭子中山恭子

    2017年9月25日、中山恭子代表が辞任したことを受け、代表代行を経て、9月30日、支部長らによる会合にて、後任の代表への就任が承認された。中野正志 フレッシュアイペディアより)

  • 第195回国会

    第195回国会から見た中山恭子中山恭子

    10月30日 - 参議院で、希望の党所属の中山恭子、行田邦子、松沢成文の3人が会派「希望の党」、元民進党で無所属の藤末健三、平山佐知子が会派「国民の声」をそれぞれ結成した。第195回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣 (改造)

    第1次安倍内閣 (改造)から見た中山恭子中山恭子

    内閣総理大臣補佐官 - 中山恭子(留任、参、無派閥)第1次安倍内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見た中山恭子中山恭子

    9月27日 - 参議院議員中山恭子を内閣総理大臣補佐官に任命し、9月29日に辞令交付。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 稲田朋美

    稲田朋美から見た中山恭子中山恭子

    雑誌『正論』の特集「2012年注目の政治家50人を値踏みする」では、中山恭子とともに10点満点中10点との評価を受けた。稲田朋美 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た中山恭子中山恭子

    2006年12月 「北朝鮮による日本人拉致問題について、本来の拉致問題解決に焦点を絞らず、北朝鮮・中国に対する日本国民の嫌悪感をあおり、そうした世論を憲法改正問題などの政治的問題にも利用しようとしている」とする記事を掲載。後日、日本政府はこの報道を問題視し、中山恭子・首相補佐官(拉致問題担当)の反論文を同紙と、同紙の姉妹紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンに投稿。後者へは26日付で掲載されたが、同紙には掲載されなかった。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • 日朝平壌宣言

    日朝平壌宣言から見た中山恭子中山恭子

    日本の政治家中山恭子によると、当該宣言は「北朝鮮の拉致という犯罪行為については、今後再び生じることが無いよう適切な措置をとることを確認した」とされており、「忘れましょう、いずれにしても致し方ありませんということが明確に平壌宣言には書かれている」と解釈可能であり、「従って、日本という国は、日本国家は、日本国民が拉致されていても、その救出にあたることは致しません。相手国にお任せします。これが戦後の日本の日本国民に対する方針です」と論じている。日朝平壌宣言 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「中山恭子」のニューストピックワード