1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た中山恭子中山恭子

    2006年9月20日、新たな自由民主党総裁に安倍晋三官房長官が選出され、同月26日に第90代内閣総理大臣に就任した。安倍は父・晋太郎の代から拉致問題に関心が高く、2002年の帰国者5人の残留も安倍の意向が大きかったと言われているだけに、拉致問題解決に対する期待が高まった。安倍首相は早速、拉致問題担当相(塩崎恭久官房長官が兼任)と拉致担当の首相補佐官(中山恭子)を新たに設置し、自ら本部長を務める「拉致問題対策本部」の設置を表明するなど積極的な動きを示したが、相次ぐ国内問題や閣僚の不祥事などで進展のないまま翌年9月26日に首相を辞任した。後継の福田康夫首相は北朝鮮政府との対話による問題解決を表明しているが、官房長官時代の対応から被害者家族の中には福田に不信感を抱く者も多いと言われている。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 特命全権大使

    特命全権大使から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子・ウズベキスタン大使(財務省)特命全権大使 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た中山恭子中山恭子

    2002年(平成14年)、水野賢一が外務大臣政務官在任中に台湾訪問拒否され同辞任した際も理解を示し擁護、小泉首相の北朝鮮訪問に随行し、小泉首相と金正日総書記との首脳会談では「安易な妥協をするべきではない」と強硬論を繰り返し主張した。拉致被害者5人の帰国は実現したものの、この日本人拉致問題は日本側の納得する形では決着せずに難航した。内閣参与の中山恭子と共に北朝鮮に対する経済制裁を主張し、拉致被害者を北朝鮮に一時帰国させる方針にも中山と共に頑強に反対した(この拉致問題への対応により、内閣官房長官だった福田康夫との関係に亀裂が入ったといわれる)。対話路線などの慎重論を唱える議員が多かった中で、安倍の姿勢は多くの支持を得た。西村真悟や上田清司とも拉致問題・教科書問題・日本における外国人参政権問題を通して親しくなった。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た中山恭子中山恭子

    2006年12月 「北朝鮮による日本人拉致問題について、本来の拉致問題解決に焦点を絞らず、北朝鮮・中国に対する日本国民の嫌悪感をあおり、そうした世論を憲法改正問題などの政治的問題にも利用しようとしている」とする記事を掲載。後日、日本政府はこの報道を問題視し、中山恭子・首相補佐官(拉致問題担当)の反論文を同紙と、同紙の姉妹紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンに投稿、後者へは26日付で掲載されたが、同紙には掲載されなかった。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本文化チャンネル桜

    日本文化チャンネル桜から見た中山恭子中山恭子

    日いづる国より - 中山恭子、ゲスト日本文化チャンネル桜 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣

    第1次安倍内閣から見た中山恭子中山恭子

    内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当) - 中山恭子(参議院・町村派)第1次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣 (改造)

    第1次安倍内閣 (改造)から見た中山恭子中山恭子

    内閣総理大臣補佐官 - 中山恭子(留任、参、無派閥)第1次安倍内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「中山恭子」のニューストピックワード