45件中 31 - 40件表示
  • 2017年東京都議会議員選挙

    2017年東京都議会議員選挙から見た中山恭子中山恭子

    前回2013年の都議選で公認候補が全員当選し圧勝、第一党の自由民主党(以下、自民党)は、小池知事ならびに都民ファーストの会と全面対立、第一党を維持できるかどうかが争点であるが、2016年12月に公明党会派が1979年から続いてきた自民党会派との連携を見直し、事実上の連立解消を表明。同じく12月には、都議会議員3人が『都議会自民党』に対し会派離脱届を提出、新たな会派『新風自民党』を結成、翌2017年2月には「新風自民党」都議会議員3人のうち、2人が自民党に離党届を提出、20日付で自民党東京都連により離党届が受理、都民ファーストの会に合流、などの事態が相次いだ。5月、自民党東京都連は都議選に向け総決起大会を党本部で行い、公認候補60人を披露。5月19日、自民党東京都連は「豊洲早期移転」などを柱とするマニフェストを発表。6月2日には、中山恭子代表率いる日本のこころが自民党候補60人全員推薦を決定。2017年東京都議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂市

    赤穂市から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子(日本の政治家。元外交官。希望の党の参議院議員(2期)。総理補佐官や内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、たちあがれ日本参議院幹事長代理、日本のこころ代表、政策調査会長、参議院会長などを歴任。母親の出身が赤穂。)赤穂市 フレッシュアイペディアより)

  • 香川大学

    香川大学から見た中山恭子中山恭子

    高等裁判所や財務局、経済産業局など四国4県を統括する国の主要な出先機関と上場企業の支店が集中する高松市の地の利を背景に、国立大学として四国唯一の法学部、経済学部、法科大学院、MBA大学院(ビジネススクール)を持つ。このためMBA(地域マネジメント研究科)には四国内の官公庁や企業の現役職員の受講生が多く、初代研究科長が日本放送協会(NHK)の経営委員・常勤監査委員を兼ねていた(現在は四国電力重役)ほか、歴代客員教授・講師陣には大蔵官僚時代に四国財務局長だった中山恭子元内閣総理大臣補佐官(拉致問題担当)をはじめ現職の県知事や地銀頭取、企業の重役、官公庁の幹部行政官、日銀支店長などが名を連ねている。香川大学 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤謙

    佐藤謙から見た中山恭子中山恭子

    東京都立両国高等学校を経て、1966年東京大学法学部卒業。同年、大蔵省入省。同期に中山恭子、武藤敏郎、中島義雄、長野厖士(証券局長)、松川隆志(北海道開発事務次官)など。元自治庁次官、読売新聞社会長・小林與三次の娘婿。佐藤謙 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た中山恭子中山恭子

    2006年9月20日、新たな自由民主党総裁に安倍晋三内閣官房長官が選出され、同月26日に第90代内閣総理大臣に就任した。安倍は父・晋太郎の代から拉致問題に関心が高く、2002年の帰国者5人の残留も安倍の意向が大きかったと言われているだけに、拉致問題解決に対する期待が高まった。安倍首相は早速、拉致問題担当相(塩崎恭久官房長官が兼任)と拉致担当の首相補佐官(中山恭子)を新たに設置し、自ら本部長を務める「拉致問題対策本部」の設置を表明するなど積極的な動きを示したが、相次ぐ国内問題や閣僚の不祥事などで進展のないまま翌年9月26日に首相を辞任した。後継の福田康夫首相は北朝鮮政府との対話による問題解決を表明しているが、官房長官時代の対応から被害者家族の中には福田に不信感を抱く者も多いと言われている北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣

    第1次安倍内閣から見た中山恭子中山恭子

    内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当) - 中山恭子(参議院・町村派)第1次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た中山恭子中山恭子

    川勝は「日本最強内閣」としての閣僚には誰が最適かとするアンケートにて、内閣総理大臣に櫻井よしこ、外務大臣に曽野綾子、厚生労働大臣に中村桂子、内閣官房長官に中山恭子、の4人の女性の名を挙げている。その他の閣僚としては、総務大臣に丹羽宇一郎、財務大臣に堺屋太一、文部科学大臣に寺田典城、農林水産大臣に竹中平蔵、防衛大臣に山折哲雄を列挙し、無任所の行政改革担当大臣には渡辺喜美を挙げている。川勝は、櫻井について「憂国の士」 であると指摘したうえで「美しい大和撫子」 と評しており、それを理由に内閣総理大臣に選出したと説明している。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 特命全権大使

    特命全権大使から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子・ウズベキスタン大使(財務省)特命全権大使 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回参議院議員通常選挙

    第24回参議院議員通常選挙から見た中山恭子中山恭子

    中山恭子代表の日本のこころを大切にする党は、比例代表に5人、選挙区には北海道・埼玉・東京・千葉・神奈川・愛知・兵庫・広島・福岡の選挙区に候補者を擁立。また、荒井広幸代表の新党改革は、東京都選挙区に公認候補を1人擁立するほか、比例区に9人を擁立。第24回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本

    2016年の日本から見た中山恭子中山恭子

    12日 - 日本のこころを大切にする党・中山恭子代表、第24回参議院議員通常選挙において当選者なしの惨敗の責任をとる形で中野正志幹事長に代表の辞任届を提出。しかし、その後行われた議員総会では中山代表の留任を全会一致で決めた。これにより中山は提出していた辞表を撤回した。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「中山恭子」のニューストピックワード