1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示
  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た中山恭子中山恭子

    日本のこころ代表選挙告示。代表の中山恭子以外の立候補者がいなかったため、中山代表の無投票再選が決まった。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 第48回衆議院議員総選挙

    第48回衆議院議員総選挙から見た中山恭子中山恭子

    また、2017年1月に与党化を宣言し、自公連立政権に閣外協力の関係にある日本のこころは、中山恭子代表が選挙直前に離党して希望の党へ加入。中野正志が代表代行に就任し、のちに正式に代表となった。第48回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た中山恭子中山恭子

    2008年8月2日、内閣改造により福田改造内閣が発足した。それに併せて、麻生太郎を幹事長に指名するなど、自由民主党執行部の人事も刷新した。閣僚の参議院枠は参議院自民党の推薦に基づき選抜するのが慣例だが、今回の組閣では参議院会長尾辻秀久による推薦を一切無視し、福田の独断で林芳正や中山恭子らを入閣させ舛添要一を留任させた。また、副大臣も党執行部の推薦に基づく選抜が慣例だが、今回は党からの推薦が差し戻され、閣僚経験者の鴨下一郎らが起用された。また、内閣総理大臣補佐官は、渡海紀三朗が新たに起用されたため全員が閣僚経験者となった。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た中山恭子中山恭子

    2002年(平成14年)、水野賢一が外務大臣政務官在任中に台湾訪問拒否され同辞任した際も理解を示し擁護、小泉首相の北朝鮮訪問に随行し、小泉首相と金正日総書記との首脳会談では「安易な妥協をするべきではない」と強硬論を繰り返し主張した。拉致被害者5人の帰国は実現したものの、この日本人拉致問題は日本側の納得する形では決着せずに難航した。内閣官房参与の中山恭子と共に北朝鮮に対する経済制裁を主張し、拉致被害者を北朝鮮に一時帰国させる方針にも中山と共に頑強に反対した(この拉致問題への対応により、内閣官房長官だった福田康夫との関係に亀裂が入ったとされる)。西岡力は、対話路線などの慎重論を唱える議員が多かった中で、安倍の姿勢は多くの支持を得たと述べている。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 希望の党

    希望の党から見た中山恭子中山恭子

    前述の通り、民進党との統一会派構想が燻る状態で、安全保障や憲法に関する見解の違いが党内で鮮明化し、結党メンバーである松沢成文参議院議員団代表は2月7日の役員会で再び分党を要求した。松沢には結党メンバーの中山恭子、行田邦子の両参議院議員、中山成彬、井上一徳両衆議院議員の5人が同調し、「国会議員5人以上」の政党要件を満たす見通しとなった。執行部は古川元久幹事長に対応を一任したが、その一方で大串博志らリベラル派の衆議院議員8名も分党を求めており、大串らは同月8日に民進党の大塚耕平代表と会談し、民進への合流・新党結成について意見を交換した。これを受けて、執行部側も松沢らの保守系勢力の分党と分党後の民進党への合流・新党結成へ向け、調整を続けることとなった。希望の党 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示

「中山恭子」のニューストピックワード