79件中 31 - 40件表示
  • 中山恭子

    中山恭子から見た第1次安倍内閣

    2006年(平成18年)9月26日、第1次安倍内閣の内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に任命。同時期に政府に設置された拉致問題対策本部の事務局長に就任。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た村山内閣総理大臣談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」

    村山談話および河野談話についていずれも見直すべきとしている。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た第1次安倍内閣 (改造)

    2007年(平成19年)7月に第21回参議院議員通常選挙へ自由民主党から比例区で立候補し、385,909票を獲得して党内得票数第3位で初当選した。同年8月27日に発足した第1次安倍改造内閣で留任、同年9月7日に拉致問題対策本部事務局長職を離任した。同年9月26日に発足した福田内閣でも内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に再任。11月15日、町村派に入会。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た日本文化チャンネル桜

    『日いづる国より』(日本文化チャンネル桜)司会進行中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た福田康夫内閣

    2007年(平成19年)7月に第21回参議院議員通常選挙へ自由民主党から比例区で立候補し、385,909票を獲得して党内得票数第3位で初当選した。同年8月27日に発足した第1次安倍改造内閣で留任、同年9月7日に拉致問題対策本部事務局長職を離任した。同年9月26日に発足した福田内閣でも内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に再任。11月15日、町村派に入会。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見たキルギス日本人誘拐事件

    国際交流基金常務理事を経て、1999年(平成11年)7月、特命全権大使(在ウズベキスタンおよび在タジキスタン)に就任。その直後の1999年(平成11年)8月23日、隣国キルギスの南西部オシェ州で日本人鉱山技師4人を含む7人がIMU(ウズベキスタン・イスラム運動)と見られるウズベキスタン反政府武装グループに拉致されるキルギス日本人誘拐事件が発生する。キルギス政府に交渉を一任せよとの外務省の方針に背き、救出劇の先頭に立った。武装グループに対して影響力を持つタジキスタン政府や関係者を通じて交渉・説得を行い、人質の解放に成功する。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た大蔵省

    群馬県立前橋女子高等学校を卒業した後東京大学文学部仏文学科を卒業。大学卒業後、一年間の研究生活を送る。一時外務省に勤務したが、東京大学法学部へ学士入学する。1965年(昭和40年)、国家公務員採用上級甲種試験(経済職)に合格し翌年中退、大蔵省(現:財務省)入省。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た内閣府特命担当大臣

    大蔵省を退官後、在ウズベキスタン特命全権大使、内閣官房参与、内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)などを務め、2007年(平成19年)に参議院議員(自民党、比例区)に当選。福田康夫改造内閣で、内閣府特命担当大臣(少子化対策、男女共同参画担当)、拉致問題担当大臣、公文書管理担当大臣を務めた。その後、自民党を離れ、たちあがれ日本参議院幹事長代理、日本のこころ代表・政策調査会長・参議院会長などを歴任。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た朝鮮民主主義人民共和国

    大使退任直後の2002年(平成14年)9月拉致被害者家族担当の内閣官房参与に就任、翌月北朝鮮に拉致被害者5人を出迎えた。それ以降も拉致問題に尽力し、2004年(平成16年)9月に任務を果たし終えたとして辞任。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見たキャリア (国家公務員)

    群馬県立前橋女子高等学校を卒業した後東京大学文学部仏文学科を卒業。大学卒業後、一年間の研究生活を送る。一時外務省に勤務したが、東京大学法学部へ学士入学する。1965年(昭和40年)、国家公務員採用上級甲種試験(経済職)に合格し翌年中退、大蔵省(現:財務省)入省。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「中山恭子」のニューストピックワード