69件中 51 - 60件表示
  • 中山恭子

    中山恭子から見た国立情報学研究所

    国立情報学研究所収録論文(No.7を除く) 国立情報学研究所中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た群馬県立前橋女子高等学校

    群馬県立前橋女子高等学校を経て東京大学文学部仏文学科を卒業。大学卒業後、一年間の研究生活を送る。一時外務省に勤務したが、文学部卒では出世が遅れることから、東京大学法学部へ学士入学する。1965年国家公務員採用上級甲種試験(経済職)に合格し1966年に大蔵省に入省。のちに夫となる中山成彬は大蔵省時代の同期である(他に武藤敏郎、中島義雄、長野庬士(元大蔵省証券局長)などがいる)。なお、東京大学法学部は中退している。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た国務大臣

    2008年、福田康夫改造内閣にて、内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)として初入閣を果たした。さらに、福田康夫改造内閣では、特命事項として拉致問題担当と公文書管理担当が発令され、国務大臣として同時に兼任することとなった。以降は大臣として拉致問題の解決を担当したが、およそ1ヶ月後の内閣総辞職にともない内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)および拉致問題担当、公文書管理担当を退任した。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た内閣官房長官

    同年9月24日に発足した麻生内閣では中山の入閣は見送られ、拉致問題担当の特命事項は内閣官房長官の河村建夫が兼任することになった。拉致問題担当の国務大臣に中山を任命しなかったことに対して総理大臣官邸に批判が殺到したため、中山は内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に再任された。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た第22回参議院議員通常選挙

    2010年6月18日、夫・成彬が同年7月におこなわれる予定の第22回参議院議員通常選挙にたちあがれ日本から出馬することが確実になったことを受け、「夫を支援するため」として、自民党に離党届を提出し、6月21日、夫と共にたちあがれ日本へ入党した。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た第21回参議院議員通常選挙

    2007年7月に第21回参議院議員通常選挙へ自由民主党比例区から立候補し、党内得票数第3位で当選した。同年8月27日に発足した第1次安倍改造内閣で留任、同年9月7日に拉致問題対策本部事務局長職を離任した。同年9月26日に発足した福田内閣でも内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に再任。11月15日、町村派に入会。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た福田康夫改造内閣

    2008年、福田康夫改造内閣にて、内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)として初入閣を果たした。さらに、福田康夫改造内閣では、特命事項として拉致問題担当と公文書管理担当が発令され、国務大臣として同時に兼任することとなった。以降は大臣として拉致問題の解決を担当したが、およそ1ヶ月後の内閣総辞職にともない内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)および拉致問題担当、公文書管理担当を退任した。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た東京大学文学部

    1963年3月 東京大学文学部仏文学科卒業中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た書類送検

    2009年、夫である中山成彬が第45回衆議院議員総選挙にて宮崎県第1区から立候補した。成彬は以前引退を表明していたことから、自由民主党宮崎県支部連合会は上杉光弘の擁立を決定しており、両者とも党本部の公認が得られぬまま激しい選挙戦が展開された。恭子は選挙対策総本部長に就任しサポートしたが成彬は落選し、さらに恭子の秘書2名が公職選挙法違反容疑で書類送検された。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た香川大学

    2005年4月 香川大学地域マネージメント研究科客員教授中山恭子 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「中山恭子」のニューストピックワード