79件中 61 - 70件表示
  • 中山恭子

    中山恭子から見た法解釈

    集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た正論 (雑誌)

    雑誌『正論』の特集「2012年注目の政治家50人を値踏みする」では、稲田朋美とともに10点満点中10点との評価を受けた。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た特命担当大臣

    2008年(平成20年)8月 内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)として初入閣。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た日本

    中山 恭子(なかやま きょうこ、1940年(昭和15年)1月26日 ‐ )は、日本の政治家、大蔵官僚。希望の党の参議院議員(2期)。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た公職選挙法

    2009年(平成21年)、夫である中山成彬が第45回衆議院議員総選挙にて宮崎1区から立候補した。成彬は以前引退を表明していたことから、自由民主党宮崎県支部連合会は上杉光弘の擁立を決定しており、両者とも党本部の公認が得られぬまま激しい選挙戦が展開された。恭子は選挙対策総本部長に就任しサポートしたが成彬は落選し、さらに恭子の秘書2名が公職選挙法違反容疑で書類送検された。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た東京税関

    国際通貨基金 (IMF) 派遣職員、大蔵省大臣官房調査企画課、大臣官房企画官、東京税関成田税関支署長を経て、1989年(平成元年)6月に大蔵省初の女性課長(理財局国有財産第二課長)に就任。1991年(平成3年)6月には地方支分部局長として四国財務局長に就任。大臣官房参事官兼大臣官房審議官を最後に1993年(平成5年)9月退官。在任中、女性として初めて税関支署長、課長、財務局長、審議官を務めた。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た清和政策研究会

    2007年(平成19年)7月に第21回参議院議員通常選挙へ自由民主党から比例区で立候補し、385,909票を獲得して党内得票数第3位で初当選した。同年8月27日に発足した第1次安倍改造内閣で留任、同年9月7日に拉致問題対策本部事務局長職を離任した。同年9月26日に発足した福田内閣でも内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に再任。11月15日、町村派に入会。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た第21回参議院議員通常選挙

    2007年(平成19年)7月に第21回参議院議員通常選挙へ自由民主党から比例区で立候補し、385,909票を獲得して党内得票数第3位で初当選した。同年8月27日に発足した第1次安倍改造内閣で留任、同年9月7日に拉致問題対策本部事務局長職を離任した。同年9月26日に発足した福田内閣でも内閣総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に再任。11月15日、町村派に入会。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た日本の核武装論

    日本の核武装について検討を始めるべきとしている。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 中山恭子

    中山恭子から見た東京大学大学院法学政治学研究科・法学部

    群馬県立前橋女子高等学校を卒業した後東京大学文学部仏文学科を卒業。大学卒業後、一年間の研究生活を送る。一時外務省に勤務したが、東京大学法学部へ学士入学する。1965年(昭和40年)、国家公務員採用上級甲種試験(経済職)に合格し翌年中退、大蔵省(現:財務省)入省。中山恭子 フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「中山恭子」のニューストピックワード