417件中 21 - 30件表示
  • トレンディドラマ

    トレンディドラマから見た中山美穂中山 美穂

    都会に生きる男女(ヤッピー)の恋愛やトレンドを描いた現代ドラマ(ゆえに「トレンディ――」)。配役はドラマ製作の時点で、演技や芸能活動が活発であり、美男美女、もしくは目立った個性が、視聴者に極めて好意的に受け止められている俳優、歌手、タレントが起用されることが多い。女優では浅野ゆう子、浅野温子の『W浅野』、中山美穂、山口智子、鈴木保奈美。男優では三上博史、柳葉敏郎、陣内孝則、石田純一、江口洋介などが特に活躍した。トレンディドラマ フレッシュアイペディアより)

  • ボックスコーポレーション

    ボックスコーポレーションから見た中山美穂中山 美穂

    モデルプロダクションとして出発。中山美穂・山口智子・石田ゆり子などの水着キャンペーンガールを送り出し、一色紗英・田中律子なども輩出。ボックスコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 男と女2

    男と女2から見た中山美穂中山 美穂

    作詞・上杉昇・中山美穂、作曲・織田哲郎、編曲・佐藤準男と女2 フレッシュアイペディアより)

  • angel hearts

    angel heartsから見た中山美穂中山 美穂

    『angel hearts』(エンジェル・ハーツ)は、中山美穂の8枚目のスタジオ・アルバム。1988年12月5日にキングレコードより発売された。(KICS-270)angel hearts フレッシュアイペディアより)

  • 岡本真夜

    岡本真夜から見た中山美穂中山 美穂

    その後、「FOREVER」「Alone」「そのままの君でいて」「サヨナラ」などのヒット曲を放ち現在までに20枚のシングル、10枚のアルバム、1枚のミニ・アルバム、3枚のベスト・アルバムを発表。中山美穂や中森明菜のほか、広末涼子、同郷の島崎和歌子などに楽曲を提供し、アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマの作曲や森永製菓『小枝』のCM曲なども手がけ話題に。最近ではエッセイの執筆や写真展の開催なども行い、活動は多方面に広がっている。岡本真夜 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内まりや

    竹内まりやから見た中山美穂中山 美穂

    作詞・作曲家としては薬師丸ひろ子の『元気を出して』(1984年)、中山美穂の『色・ホワイトブレンド』(1986年)、広末涼子の『MajiでKoiする5秒前』(1997年)など、多くのヒット作を生んだ。竹内まりや フレッシュアイペディアより)

  • 新しい靴を買わなくちゃ

    新しい靴を買わなくちゃから見た中山美穂中山 美穂

    かねてから親交のあった北川悦吏子、岩井俊二、中山美穂の3者間でパリを舞台にした映画の話があった。公開より5年ほど前からあった企画であったが、その間監督を務めた北川の疾病や、主演を務めた中山の他映画への出演などの理由により延期されていた。スケジュールの都合上、北川による監督作品『ハルフウェイ』が本作より先に制作、公開された。2009年には、物語の原型となるくらもちふさこによる漫画が雑誌『an・an』に掲載され、その3年後の2012年にオールパリロケにより撮影された。新しい靴を買わなくちゃ フレッシュアイペディアより)

  • サカグチケン

    サカグチケンから見た中山美穂中山 美穂

    中山美穂『Sea Paradise』、『Pure White』、『HERO』、『COLLECTION 2』、『Pure White Live'94』、『Hurt to Heart』、『Mid Blue』、『未来へのプレゼント/Darlin』、『Ballads 1』+『Ballads 2』、『Treasury』、『Groovin'Blue』、『マーチカラー』、『LOVE CLOVER』、『OLIVE』、ビデオ『LIVE・O・LIVE』サカグチケン フレッシュアイペディアより)

  • すてきな片想い

    すてきな片想いから見た中山美穂中山 美穂

    中山美穂20歳での主演、共演は柳葉敏郎。脇役に東幹久、石黒賢、和久井映見など。すてきな片想い フレッシュアイペディアより)

  • 世界中の誰よりきっと

    世界中の誰よりきっとから見た中山美穂中山 美穂

    「世界中の誰よりきっと」(せかいじゅうのだれよりきっと)は、日本の歌手である中山美穂と、ロックバンドであるWANDSによるコラボレーション・シングル。世界中の誰よりきっと フレッシュアイペディアより)

417件中 21 - 30件表示

「中山美穂」のニューストピックワード