484件中 31 - 40件表示
  • 内藤慎也

    内藤慎也から見た中山美穂中山 美穂

    株式会社ゲンプランニングと契約する。笠原弘子、森川美穂、中山美穂などに楽曲を提供する。また、テレビコマーシャル、番組音楽制作を担当する。内藤慎也 フレッシュアイペディアより)

  • DELUXEマガジン

    DELUXEマガジンから見た中山美穂中山 美穂

    松田聖子、井丸ゆかり、河合美智子、高橋美枝、青木琴美、小川菜摘、八神康子、黒沢ひろみ、中山美穂、宇沙美ゆかり、中森明菜、高橋麻子、藤村和香子、遠野友理DELUXEマガジン フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤康子

    遠藤康子から見た中山美穂中山 美穂

    小学5年生の頃に劇団ひまわりに入団するが、成績不振を理由に後に退団。中学2年時にスカウトされ、モデルクラブ・ボックスコーポレーションに所属。同事務所には本格デビュー前の中山美穂も所属しており、とても仲が良かった。遠藤康子 フレッシュアイペディアより)

  • ボックスコーポレーション

    ボックスコーポレーションから見た中山美穂中山 美穂

    モデルプロダクションとして出発。中山美穂・山口智子・石田ゆり子などの水着キャンペーンガールを送り出し、一色紗英・田中律子・小沢真珠・相武紗季・遊井亮子・中山エミリ・上野なつひ・坂下千里子なども輩出。ボックスコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルから見た中山美穂中山 美穂

    ペナルティ(ワッキー) (また逢う日まで/尾崎紀世彦) vs 次長課長(河本&井上) (世界中の誰よりきっと/中山美穂&WANDS)お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見た中山美穂中山 美穂

    1980年代に入り、松田聖子・小泉今日子・中森明菜ら若年層に向けたポップスを主とする歌手が活躍を始め、「アイドル」の呼称が市民権を得るようになった。1980年の時点では松田のレコード売上は新人部門4位で、ニューミュージック勢が優勢であったが、1982年に小泉と中森がデビューし、女性アイドルの黄金時代となった。1980年代の後半には、「女性アイドル四天王」と呼ばれていた、工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯の4人の他、高い歌唱力を持つ本田美奈子や森川美穂などの実力派アイドルも登場した。そのような中、ライジングプロダクションが擁する荻野目洋子は歌唱力だけでなくダンスにも力を入れたスタイルで人気を博した。これは、1990年代後半以降に台頭するダンスボーカルアーティストのスタイルを先取りする形であった。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • 2015 FNS歌謡祭

    2015 FNS歌謡祭から見た中山美穂中山 美穂

    12月2日(第1夜)の平均視聴率は16.1%となった。また、瞬間最高視聴率は中山美穂が披露した「ただ泣きたくなるの」のシーン(21:57)と、AKB48×谷村新司のコラボレーションで披露された「赤鼻のトナカイ」のシーン(22:00)で、20.2%だった。2015 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のテレビ (日本)

    1985年のテレビ (日本)から見た中山美穂中山 美穂

    8日 - TBS系火曜20時枠にて、小泉今日子主演のドラマ『少女に何が起こったか』(大映テレビ制作)が放送開始( - 3月26日)。また同局系火曜21時枠ではラブコメドラマ『毎度おさわがせします』が放送開始、中山美穂が同作で女優デビューした( - 3月26日、以後1987年まで全3シリーズ制作)。1985年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 中山忍

    中山忍から見た中山美穂中山 美穂

    東京都小金井市出身。所属事務所はオフィスミューズ。実姉は女優の中山美穂中山忍 フレッシュアイペディアより)

  • 世界中の誰よりきっと

    世界中の誰よりきっとから見た中山美穂中山 美穂

    「世界中の誰よりきっと」(せかいじゅうのだれよりきっと)は、日本の歌手である中山美穂と、ロックバンドであるWANDSによるコラボレーション・シングル。世界中の誰よりきっと フレッシュアイペディアより)

484件中 31 - 40件表示

「中山美穂」のニューストピックワード