484件中 41 - 50件表示
  • 辻仁成

    辻仁成から見た中山美穂中山 美穂

    辻 仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい、1959年10月4日 - )は、日本の作家、ミュージシャン、映画監督、演出家。所属事務所はタイタン。「仁成」は、本名は「ひとなり」、作家活動では「ひとなり」(辻のしんにょうの点は二つ)、歌手・映画監督の場合は「じんせい」(辻のしんにょうの点は一つ)と読む。バンド『ZAMZA』での活動時は「Zinc White」もしくは単に「Zinc」と称する。童話作家の東君平の英子夫人と辻の母親が従姉妹同士。女優の南果歩と再婚、一児を授かるが、後に離婚。2002年に女優の中山美穂と3度目の結婚をしたが2014年7月8日に離婚が成立した。フランス・パリを拠点に創作活動を続けている。函館観光大使でもある。辻仁成 フレッシュアイペディアより)

  • バーニングパブリッシャーズ

    バーニングパブリッシャーズから見た中山美穂中山 美穂

    音楽出版業のほか、中山美穂をはじめとする系列傘下アーティストの作品の原盤制作、芸能マネジメント、インディーズレーベルの運営も手掛けている。バーニングパブリッシャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 上田知華

    上田知華から見た中山美穂中山 美穂

    KARYOBIN解散後、ソロアルバムを製作しながら、作曲家としての活動を本格的に開始。アイドル全盛期に松田聖子、中山美穂などのアイドル、シンガーに数多くの作品を提供する。作詞家岩里祐穂と組んで今井美樹に提供した作品群が特に有名。結婚、出産後に約10年間ニューヨークに住み子育てをしながら作曲とソロアルバムの製作を続け、2006年に帰国 。2013年、一倉宏が作詞を担当し全篇上田知華がオリジナル曲を書き下ろした「組曲 枕草子」を製作。上田知華 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内まりや

    竹内まりやから見た中山美穂中山 美穂

    作詞・作曲家としても薬師丸ひろ子の「元気を出して」(1984年)、中山美穂の「色・ホワイトブレンド」(1986年)、広末涼子の「MajiでKoiする5秒前」(1997年)など、多くのヒット作を生んだ。竹内まりや フレッシュアイペディアより)

  • 華原朋美

    華原朋美から見た中山美穂中山 美穂

    中山美穂や工藤静香に憧れ、高校1年(1990年)の時に全日本国民的美少女コンテストに応募。本戦の事前親子面接にて母親が「娘の芸能界入りには反対」と発言したために、本戦には出場できなかった。それから自宅に他の事務所からのスカウトの電話が入ってくるようになり、芸能界入りを強く意識するようになる。高校3年の時、渋谷の吉野家で当時の事務所アバンギャルドにスカウトされ芸能界入り。高校卒業後は、美容師を目指し山野美容専門学校に入るも、芸能界入りを決意し退学した。華原朋美 フレッシュアイペディアより)

  • 田口俊

    田口俊から見た中山美穂中山 美穂

    田口 俊(たぐち しゅん、1955年5月12日 - )は、岐阜県生まれ大阪府育ちの作詞家、シンガーソングライター、音楽プロデューサーである。1979年にCBSソニーと契約し、1980年に歌手デビューし、7枚のアルバムを発表した。1982年からは作詞家として、南野陽子、中山美穂、杉山清貴、少年隊、クリスタル・ケイをはじめとする多くのアーティストに楽曲提供している。現在は主にプログレッシヴ・ロック・バンドYuka & Chronoshipのプロデューサー兼ベーシストとして活動している。田口俊 フレッシュアイペディアより)

  • 一咲

    一咲から見た中山美穂中山 美穂

    一咲 フレッシュアイペディアより)

  • 北山瑞穂

    北山瑞穂から見た中山美穂中山 美穂

    北山瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木陽子

    荒木陽子から見た中山美穂中山 美穂

    夫との共著である『東京日和』を原案に、竹中直人監督・主演で映画化された。また、陽子をモデルにした「ヨーコ」は中山美穂が演じた。荒木陽子 フレッシュアイペディアより)

  • タイプ

    タイプから見た中山美穂中山 美穂

    古い用法だが「タイプ」のみで「好きなタイプ」を意味することがある。例「中山美穂より中山忍の方がお前のタイプだろう」タイプ フレッシュアイペディアより)

484件中 41 - 50件表示

「中山美穂」のニューストピックワード