484件中 51 - 60件表示
  • なぜなら やさしいまちが あったから

    なぜなら やさしいまちが あったからから見た中山美穂中山 美穂

    『なぜなら やさしいまちが あったから』は、中山美穂のエッセイ集。2009年5月8日に集英社より出版された。B6判、232ページで構成されている。なぜなら やさしいまちが あったから フレッシュアイペディアより)

  • ミポリン

    ミポリンから見た中山美穂中山 美穂

    ミポリン フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見た中山美穂中山 美穂

    aiko、綾瀬はるか、新垣結衣、イモトアヤコ、東風万智子、坂井真紀、原沙知絵、辻仁成・中山美穂夫妻、堂本剛、メガマソ、中島美嘉、中山エミリ、矢井田瞳、YUKIなど、交友関係が幅広い。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • AS ONE (AZUのアルバム)

    AS ONE (AZUのアルバム)から見た中山美穂中山 美穂

    これまでに発売されたシングル全てとシングルのカップリング3曲、そして中山美穂の曲「YOU'RE MY ONLY SHININ' STAR」のカバーなどが収録されている。AS ONE (AZUのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 川勝陽一

    川勝陽一から見た中山美穂中山 美穂

    1983年以降、中原めいこ、麻倉未稀、沢田知可子、中山美穂、雪村いづみなど多くのレコーディング、ツアーサポートを勤めた。川勝陽一 フレッシュアイペディアより)

  • 網浜直子

    網浜直子から見た中山美穂中山 美穂

    1985年には『竹下涙話』で歌手としてもデビュー。キャッチフレーズは「ちょっと変な女の子」。同期の中山美穂、森下恵理、斉藤さおりとは親友だった。今でも仲はいいらしい。中山美穂が1993年に出したアルバム『わがままなあくとれす』の5曲目「Dear My Friends」ではAmieというニックネームで他数人と歌詞内に登場している。ちなみに同アルバムのラスト曲「こんな日の雨なら大好き?The Rain Came Down?」では中山と共作で作詞の欄にクレジットされている。また、斉藤さおりが1988年に発売したアルバム『FOLLOW MY HEART』収録曲「Ammie」は、斉藤が網浜直子に対して親友としての思いを伝えた曲である。網浜直子 フレッシュアイペディアより)

  • LOVE CLOVER

    LOVE CLOVERから見た中山美穂中山 美穂

    「LOVE CLOVER」(ラブ・クローバー)は、中山美穂の37枚目のシングル。1998年4月8日にキングレコードからリリースされた。LOVE CLOVER フレッシュアイペディアより)

  • True Romance (中山美穂の曲)

    True Romance (中山美穂の曲)から見た中山美穂中山 美穂

    『True Romance』(トゥルー・ロマンス)は中山美穂の34枚目のシングル。1996年6月7日にキングレコードからリリースされた。(CDS:KIDS-301)True Romance (中山美穂の曲) フレッシュアイペディアより)

  • A Place Under the Sun

    A Place Under the Sunから見た中山美穂中山 美穂

    「A Place Under the Sun」(ア・プレイス・アンダー・ザ・サン)は、中山美穂の38枚目のシングル。1999年5月19日にキングレコードからリリースされた。A Place Under the Sun フレッシュアイペディアより)

  • 小倉泰治

    小倉泰治から見た中山美穂中山 美穂

    その他、観月ありさ、中山美穂、和田アキ子など数々のアーティストのアレンジ、音楽プロデュースを手がける。小倉泰治 フレッシュアイペディアより)

484件中 51 - 60件表示

「中山美穂」のニューストピックワード