前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
224件中 1 - 10件表示
  • 中山 美穂

    中山美穂から見た集英社

    2007年から集英社の女性月刊誌『LEE』でエッセイの連載を開始。同年、コカコーラ社の缶コーヒージョージアや味の素のCMにも出演。また、夫とツーショットで女性誌にも登場した。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見た南野陽子南野 陽子

    同ドラマ終了後、バーニング傘下のビッグアップルに移籍する。同年6月、シングル「C」でアイドル歌手としてもデビュー。同12月には、ヒロイン役で初出演した映画『ビーバップ・ハイスクール』が劇場公開されて大ヒット。また年末には、新人アイドルが豊作だった中で、その頂点に達する第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞するなど幸運が続いた。また同期には森川美穂、本田美奈子、南野陽子、井森美幸、森口博子、斉藤由貴、浅香唯、おニャン子クラブ、中村繁之、芳本美代子、森下恵理、網浜直子、大西結花、いしのようこなど、のちにトップアイドルになる華々しい顔ぶれと並んでのデビューだった。それぞれ歌手、役者、タレント、モデルなどの道を進み活躍している。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見た浅香唯浅香 唯

    同ドラマ終了後、バーニング傘下のビッグアップルに移籍する。同年6月、シングル「C」でアイドル歌手としてもデビュー。同12月には、ヒロイン役で初出演した映画『ビーバップ・ハイスクール』が劇場公開されて大ヒット。また年末には、新人アイドルが豊作だった中で、その頂点に達する第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞するなど幸運が続いた。また同期には森川美穂、本田美奈子、南野陽子、井森美幸、森口博子、斉藤由貴、浅香唯、おニャン子クラブ、中村繁之、芳本美代子、森下恵理、網浜直子、大西結花、いしのようこなど、のちにトップアイドルになる華々しい顔ぶれと並んでのデビューだった。それぞれ歌手、役者、タレント、モデルなどの道を進み活躍している。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見たTDK

    1982年、小金井市立緑中学校1年生の時に原宿でスカウトされ、モデルクラブ・ボックスコーポレーションに所属。雑誌『花とゆめ』や広告、ポスター等のモデル活動のほか、TDKカセット「スプレンダー」や明治製菓のCMに出演。ビジュアルでは昭和の歴代アイドルの中でもトップクラスという評価があり、この時期の活動がそれを根拠づけている。芸能活動が活発になってきた中学3年の時に東京都板橋区立板橋第五中学校に転校し、のちに卒業。高校は東京都立北園高等学校定時制に進学したが、芸能活動を優先するために1年二学期に中途退学した。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見た日立製作所

    1986年には前年以上の活躍を見せ、ヒット曲を連発。トップアイドル歌手として多くの歌番組に出演していくようになる。そしてこの頃から日立製作所や資生堂など大手企業のCM出演も多くなるなど、名前も全国区となる。1987年に放送された主演ドラマ『ママはアイドル』の役柄・中山美穂の愛称ミポリンが、実際の中山の愛称としても定着した。同年ブロマイド売上枚数が女性部門でトップになる。しかし、11月に溶連菌感染症に罹り、主演ドラマ『おヒマなら来てよネ!』(フジテレビ系)の撮影中断を余儀なくされ、当初の予定より1話減らした9話で完結することになった。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見た資生堂

    1986年には前年以上の活躍を見せ、ヒット曲を連発。トップアイドル歌手として多くの歌番組に出演していくようになる。そしてこの頃から日立製作所や資生堂など大手企業のCM出演も多くなるなど、名前も全国区となる。1987年に放送された主演ドラマ『ママはアイドル』の役柄・中山美穂の愛称ミポリンが、実際の中山の愛称としても定着した。同年ブロマイド売上枚数が女性部門でトップになる。しかし、11月に溶連菌感染症に罹り、主演ドラマ『おヒマなら来てよネ!』(フジテレビ系)の撮影中断を余儀なくされ、当初の予定より1話減らした9話で完結することになった。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見た角川書店

    角川書店 ザテレビジョン正月超特大号<お茶の間編> (1993年)中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見た明治製菓

    1982年、小金井市立緑中学校1年生の時に原宿でスカウトされ、モデルクラブ・ボックスコーポレーションに所属。雑誌『花とゆめ』や広告、ポスター等のモデル活動のほか、TDKカセット「スプレンダー」や明治製菓のCMに出演。ビジュアルでは昭和の歴代アイドルの中でもトップクラスという評価があり、この時期の活動がそれを根拠づけている。芸能活動が活発になってきた中学3年の時に東京都板橋区立板橋第五中学校に転校し、のちに卒業。高校は東京都立北園高等学校定時制に進学したが、芸能活動を優先するために1年二学期に中途退学した。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見たフジテレビジョン

    1986年には前年以上の活躍を見せ、ヒット曲を連発。トップアイドル歌手として多くの歌番組に出演していくようになる。そしてこの頃から日立製作所や資生堂など大手企業のCM出演も多くなるなど、名前も全国区となる。1987年に放送された主演ドラマ『ママはアイドル』の役柄・中山美穂の愛称ミポリンが、実際の中山の愛称としても定着した。同年ブロマイド売上枚数が女性部門でトップになる。しかし、11月に溶連菌感染症に罹り、主演ドラマ『おヒマなら来てよネ!』(フジテレビ系)の撮影中断を余儀なくされ、当初の予定より1話減らした9話で完結することになった。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 中山 美穂

    中山美穂から見たコーセー

    コーセー アンテリージェ、WHITIST、ドゥセーズルミナス、サロンスタイル(1996年 - 2003年)中山美穂 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
224件中 1 - 10件表示

「中山美穂」のニューストピックワード