前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 政権公約を実現する会

    政権公約を実現する会から見た中山義活中山義活

    2011年(平成23年)6月、菅内閣不信任決議案の採決では、小沢一郎と連携して不信任案に賛成の意向を示した鳩山に対して同調したのは僅か3人であり、事務総長を務める中山義活らグループの大勢は反対の姿勢を示した、このため、民主党内からの造反劇は不発に終わる。一連の騒動で、自身の求心力の低下に衝撃を受けた鳩山は自らが会長に復帰すると共に、小沢に近い松野頼久を幹事長に据えて小沢シフトを鮮明にした。政権公約を実現する会 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎泰

    山崎泰から見た中山義活中山義活

    都議在職中には、都議会財務主税委員会副委員長、都議会予算特別委員会委員などを務めた。1995年12月の日本新党解党、新進党結党に伴う都議会各会派の改変の際には、中山義活(衆議院議員・民主党・内閣総理大臣補佐官)や田中良(前東京都議会議長・現杉並区長)らと都議会新進党に一時加盟したものの、間もなく山崎のみ脱退し無所属になった。山崎泰 フレッシュアイペディアより)

  • 保坂三蔵

    保坂三蔵から見た中山義活中山義活

    2010年の参院選落選後も次期参院選への立候補に意欲を見せていたが、一転、2011年4月の統一地方選挙で行われる台東区長選挙への出馬を表明、現職の吉住弘台東区長も3選出馬の意向を示したため、異例の予備選挙が行われる。予備選の結果、保坂は吉住を大差で破って自民党推薦候補に内定し、自民党都連の推薦で出馬した。一方、敗れた吉住も不出馬による候補者の一本化を拒否し、区長選への出馬を表明。そのため自民党から離党勧告を受け、自民党を離党して無所属で立候補した。台東区長選にはこの他、元区議の中山寛通(中山義活衆議院議員の長男)らも立候補したが、吉住が3選を果たし、保坂は次点で落選した。保坂三蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 日経・CSISバーチャル・シンクタンク

    日経・CSISバーチャル・シンクタンクから見た中山義活中山義活

    2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震の後、米CSIS(戦略国際問題研究所)は4月11日「復興と未来のための日米パートナシップ」設置を決定。17日にはクリントン国務長官が来日し松本剛明外務大臣との会談で、「復興に関する日米官民パートナーシップ」を進めることで合意。これを受けて5月には、米モンタナ州で高橋千秋外務副大臣と中山義活経済産業大臣政務官が、約30名の米国企業幹部等との会合に参加している。日経・CSISバーチャル・シンクタンク フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た中山義活中山義活

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、1](神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た中山義活中山義活

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、本村賢太郎(神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 深谷隆司

    深谷隆司から見た中山義活中山義活

    1998年、自由民主党総務会長に就任し、初の党三役入りを果たした。翌1999年、東京2区選出の鳩山邦夫が東京都知事選挙への出馬を表明し、衆議院議員を辞職。深谷は補欠選挙への出馬を模索するも、断念した(鳩山は石原慎太郎に敗れ、次点で落選した)。同年10月、小渕再改造内閣で通商産業大臣に就任。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、東京2区で民主党の中山義活に敗れ、比例復活もならず、現職閣僚でありながら落選した。そのため投票日の翌日からパリで開かれるOECDの閣僚理事会への出席を急遽取り止め、堺屋太一経済企画庁長官のみが出席した。2003年の第43回衆議院議員総選挙でも落選。落選後、東洋大学大学院経済学研究科客員教授に就任。深谷隆司 フレッシュアイペディアより)

  • 吉住弘

    吉住弘から見た中山義活中山義活

    2011年の台東区長選挙に際しては、3選出馬の意向を見せる吉住に対し、参議院議員や経済産業副大臣を務めた保坂三蔵も立候補の意向を表明。自民党台東総支部は、票の分散を防ぐため予備選を実施し、予備選では保坂が当選する。しかし吉住は出馬の意向を曲げず離党勧告を受け、自民党を離党。台東区長選で保坂や中山義活衆議院議員の長男・中山寛通元台東区議ら4候補を破り、3選を果たした。吉住弘 フレッシュアイペディアより)

  • 政権戦略研究会

    政権戦略研究会から見た中山義活中山義活

    中山義活(4回、東京2区、羽田グループ離脱後鳩山グループ所属)政権戦略研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 与党空白区

    与党空白区から見た中山義活中山義活

    1人区で民主党候補と共産党候補の計2人立候補与党空白区 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示