前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 中山義活

    中山義活から見た鳩山由紀夫

    邦夫の1999年東京都知事選挙出馬に伴う1999年4月に行われた東京2区補欠選挙に民主党公認、公明党文京・中央・台東の各総支部の推薦を受け当選(1996年の第41回衆議院議員総選挙において同区で比例復活当選した深谷隆司は自民党総務会長在職中で不出馬)。2000年の第42回、2003年の第43回の総選挙でも東京2区で深谷を下した。2005年の第44回衆議院議員総選挙では深谷に敗れ、比例復活も叶わず落選した。2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に東京2区から出馬し、再び深谷を破り国政に復帰。同年9月、鳩山由紀夫内閣において中小企業対策・地域活性化担当の内閣総理大臣補佐官に就任。2010年6月、鳩山由紀夫首相の退陣に伴い、首相補佐官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た鹿野道彦

    菅総理退陣に伴う民主党代表選挙では、鳩山グループ所属ながら、同グループが擁立した海江田万里ではなく鹿野道彦陣営に参加。鹿野は1回目の投票で54票を獲得し、決選投票で鹿野陣営の大半が野田佳彦に投票した。代表選後の2011年8月31日に鳩山グループを脱退。素交会の旗揚げに参加し、同会幹事長に就任。同年9月の野田内閣発足に伴い、経済産業大臣政務官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た菅直人

    2010年9月21日に発足した菅第1次改造内閣で経済産業大臣政務官に就任。2011年1月に発足した菅第2次改造内閣でも再任された。2011年7月5日、菅直人首相から、経済産業大臣政務官から経済産業副大臣への昇格を打診されるも、後に撤回された。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た野田佳彦

    菅総理退陣に伴う民主党代表選挙では、鳩山グループ所属ながら、同グループが擁立した海江田万里ではなく鹿野道彦陣営に参加。鹿野は1回目の投票で54票を獲得し、決選投票で鹿野陣営の大半が野田佳彦に投票した。代表選後の2011年8月31日に鳩山グループを脱退。素交会の旗揚げに参加し、同会幹事長に就任。同年9月の野田内閣発足に伴い、経済産業大臣政務官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た小沢一郎

    2010年9月民主党代表選挙では、鳩山の軽井沢の別荘で「鳩山、小沢、気合だ、気合だ、気合だ!」と気勢を上げて小沢一郎に出馬を促し、鳩山の側近として小沢の推薦人に名を連ねるなど、小沢陣営の中心的人物となるが、小沢は現職の菅直人に敗北した。菅第1次改造内閣では経済産業大臣政務官に就任。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た鳩山邦夫

    東京都台東区出身。國學院高等学校、東京教育大学卒業。高校教師や体操教室経営を経て、1979年自民党公認で台東区議会議員選挙に初当選。台東区議を3期12年務めた後、1991年に台東区長選挙に出馬するも次点で落選した。1993年6月、鳩山邦夫に従い自民党を離党。1993年東京都議会議員選挙に無所属で当選。松原仁らと会派「新生・友愛クラブ」を結成する。1994年12月、都議会新進党を結成。1996年9月、新進党を離党し旧民主党に入党した。1997年東京都議会議員選挙で再選。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た深谷隆司

    邦夫の1999年東京都知事選挙出馬に伴う1999年4月に行われた東京2区補欠選挙に民主党公認、公明党文京・中央・台東の各総支部の推薦を受け当選(1996年の第41回衆議院議員総選挙において同区で比例復活当選した深谷隆司は自民党総務会長在職中で不出馬)。2000年の第42回、2003年の第43回の総選挙でも東京2区で深谷を下した。2005年の第44回衆議院議員総選挙では深谷に敗れ、比例復活も叶わず落選した。2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に東京2区から出馬し、再び深谷を破り国政に復帰。同年9月、鳩山由紀夫内閣において中小企業対策・地域活性化担当の内閣総理大臣補佐官に就任。2010年6月、鳩山由紀夫首相の退陣に伴い、首相補佐官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た松原仁

    東京都台東区出身。國學院高等学校、東京教育大学卒業。高校教師や体操教室経営を経て、1979年自民党公認で台東区議会議員選挙に初当選。台東区議を3期12年務めた後、1991年に台東区長選挙に出馬するも次点で落選した。1993年6月、鳩山邦夫に従い自民党を離党。1993年東京都議会議員選挙に無所属で当選。松原仁らと会派「新生・友愛クラブ」を結成する。1994年12月、都議会新進党を結成。1996年9月、新進党を離党し旧民主党に入党した。1997年東京都議会議員選挙で再選。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た海江田万里

    菅総理退陣に伴う民主党代表選挙では、鳩山グループ所属ながら、同グループが擁立した海江田万里ではなく鹿野道彦陣営に参加。鹿野は1回目の投票で54票を獲得し、決選投票で鹿野陣営の大半が野田佳彦に投票した。代表選後の2011年8月31日に鳩山グループを脱退。素交会の旗揚げに参加し、同会幹事長に就任。同年9月の野田内閣発足に伴い、経済産業大臣政務官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た吉住弘

    2015年2月、同年1月に吉住弘区長が死去したことに伴う台東区長選挙に、民主党・維新の党東京都総支部の推薦を受け出馬し、自身24年ぶりの台東区長選への立候補であったが、自民党と公明党が推薦する前自民党都議の服部征夫に敗れ落選した。2011年・2007年の区長選には長男の中山寛進が立候補しいずれも吉住に敗れ落選している。中山義活 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示