70件中 31 - 40件表示
  • 中山義活

    中山義活から見た素交会

    中山 義活(なかやま よしかつ、1945年2月13日 ‐ )は、日本の政治家。民進党所属の元衆議院議員(4期)、素交会幹事長。過去に、民主党東京都連代表、衆議院外務委員長等を歴任。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た内閣総理大臣

    邦夫の1999年東京都知事選挙出馬に伴う1999年4月に行われた東京2区補欠選挙に民主党公認、公明党文京・中央・台東の各総支部の推薦を受け当選(1996年の第41回衆議院議員総選挙において同区で比例復活当選した深谷隆司は自民党総務会長在職中で不出馬)。2000年の第42回、2003年の第43回の総選挙でも東京2区で深谷を下した。2005年の第44回衆議院議員総選挙では深谷に敗れ、比例復活も叶わず落選した。2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に東京2区から出馬し、再び深谷を破り国政に復帰。同年9月、鳩山由紀夫内閣において中小企業対策・地域活性化担当の内閣総理大臣補佐官に就任。2010年6月、鳩山由紀夫首相の退陣に伴い、首相補佐官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た台東区

    東京都台東区出身。國學院高等学校、東京教育大学卒業。高校教師や体操教室経営を経て、1979年自民党公認で台東区議会議員選挙に初当選。台東区議を3期12年務めた後、1991年に台東区長選挙に出馬するも次点で落選した。1993年6月、鳩山邦夫に従い自民党を離党。1993年東京都議会議員選挙に無所属で当選。松原仁らと会派「新生・友愛クラブ」を結成する。1994年12月、都議会新進党を結成。1996年9月、新進党を離党し旧民主党に入党した。1997年東京都議会議員選挙で再選。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た東京都第2区

    邦夫の1999年東京都知事選挙出馬に伴う1999年4月に行われた東京2区補欠選挙に民主党公認、公明党文京・中央・台東の各総支部の推薦を受け当選(1996年の第41回衆議院議員総選挙において同区で比例復活当選した深谷隆司は自民党総務会長在職中で不出馬)。2000年の第42回、2003年の第43回の総選挙でも東京2区で深谷を下した。2005年の第44回衆議院議員総選挙では深谷に敗れ、比例復活も叶わず落選した。2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に東京2区から出馬し、再び深谷を破り国政に復帰。同年9月、鳩山由紀夫内閣において中小企業対策・地域活性化担当の内閣総理大臣補佐官に就任。2010年6月、鳩山由紀夫首相の退陣に伴い、首相補佐官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た衆議院

    中山 義活(なかやま よしかつ、1945年2月13日 ‐ )は、日本の政治家。民進党所属の元衆議院議員(4期)、素交会幹事長。過去に、民主党東京都連代表、衆議院外務委員長等を歴任。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た東京教育大学

    東京都台東区出身。國學院高等学校、東京教育大学卒業。高校教師や体操教室経営を経て、1979年自民党公認で台東区議会議員選挙に初当選。台東区議を3期12年務めた後、1991年に台東区長選挙に出馬するも次点で落選した。1993年6月、鳩山邦夫に従い自民党を離党。1993年東京都議会議員選挙に無所属で当選。松原仁らと会派「新生・友愛クラブ」を結成する。1994年12月、都議会新進党を結成。1996年9月、新進党を離党し旧民主党に入党した。1997年東京都議会議員選挙で再選。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た1997年東京都議会議員選挙

    東京都台東区出身。國學院高等学校、東京教育大学卒業。高校教師や体操教室経営を経て、1979年自民党公認で台東区議会議員選挙に初当選。台東区議を3期12年務めた後、1991年に台東区長選挙に出馬するも次点で落選した。1993年6月、鳩山邦夫に従い自民党を離党。1993年東京都議会議員選挙に無所属で当選。松原仁らと会派「新生・友愛クラブ」を結成する。1994年12月、都議会新進党を結成。1996年9月、新進党を離党し旧民主党に入党した。1997年東京都議会議員選挙で再選。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た1999年東京都知事選挙

    邦夫の1999年東京都知事選挙出馬に伴う1999年4月に行われた東京2区補欠選挙に民主党公認、公明党文京・中央・台東の各総支部の推薦を受け当選(1996年の第41回衆議院議員総選挙において同区で比例復活当選した深谷隆司は自民党総務会長在職中で不出馬)。2000年の第42回、2003年の第43回の総選挙でも東京2区で深谷を下した。2005年の第44回衆議院議員総選挙では深谷に敗れ、比例復活も叶わず落選した。2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に東京2区から出馬し、再び深谷を破り国政に復帰。同年9月、鳩山由紀夫内閣において中小企業対策・地域活性化担当の内閣総理大臣補佐官に就任。2010年6月、鳩山由紀夫首相の退陣に伴い、首相補佐官を退任した。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見た経済産業副大臣

    2010年9月21日に発足した菅第1次改造内閣で経済産業大臣政務官に就任。2011年1月に発足した菅第2次改造内閣でも再任された。2011年7月5日、菅直人首相から、経済産業大臣政務官から経済産業副大臣への昇格を打診されるも、後に撤回された。中山義活 フレッシュアイペディアより)

  • 中山義活

    中山義活から見たアジア太平洋経済協力会議

    2010年10月アジア太平洋経済協力会議(APEC)中小企業相会合に関連し、10月1日に岐阜市で開かれた「女性起業家サミット」の昼食会に経済産業大臣政務官として、経済産業省を代表して出席。その際、「日本の女性は家庭で働くことを喜びとしている」「女性が家庭で働くということが日本の文化」「日本の奥さんは力がある。デパートに行けば、始めに子供のもの、次に自分のもの、その次がペットのもので、4番目にご主人のものを買う」などと発言し、中山のツイッターには批判が集まった。中山は翌2日、「女性が十分に家庭で働いているという事実を言っただけ。差別するつもりはない」と釈明している。中山義活 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示