中島裕之 ニュース&Wiki etc.

中島 裕之(なかじま ひろゆき、1982年7月31日 - )は、オリックス・バファローズに所属する兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打で、妻はファッションモデルの相沢紗世。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中島裕之」のつながり調べ

  • 横山雄哉

    横山雄哉から見た中島裕之

    阪神1年目の2015年には、一軍公式戦2戦目以降の登板で制球難を露呈。走者を出してからの投球に課題を残した。6月14日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では、4回裏に先頭打者・中島裕之への死球から無死満塁のピンチを招くと、ストライクが1球も入らないまま2者連続で押し出し四球を記録している。(横山雄哉 フレッシュアイペディアより)

  • 金子圭輔

    金子圭輔から見た中島裕之

    5月3日に一軍へ昇格し、5月4日の対ソフトバンク戦で8回にショートの守備から移籍後初出場し、9回に高橋徹から四球を選び出塁した。5月9日の対千葉ロッテマリーンズ戦で8回に代走起用された直後に秋親?里崎智也バッテリーから二塁へ盗塁を決めて、これがプロ入り初盗塁となった。出場機会が無く5月14日に二軍へ降格した。大引啓次の離脱により7月2日に再昇格した。7月19日の対楽天戦で9番遊撃手として移籍後初の先発出場を果たし、5回二死の場面で山村宏樹からライト前安打で出塁したが、直後に嶋基宏の送球によりプロ入り初の盗塁失敗を喫してチェンジとなった。8月4日の対西武戦で1点ビハインド2回一死一塁の場面で平野将光からライト線へ同点のタイムリー三塁打を放ち、これがプロ入り初の三塁打となった。6回にも岡本篤志から安打し、プロ入り初のマルチヒットとなった。8回には同点二死満塁の場面で中島裕之の放った高く弾む難しい打球を間一髪で見事に捌くファインプレーで一気に流れを引き寄せチームのサヨナラ勝利へ貢献した。8月10日の対ソフトバンク戦で2回にD.J.ホールトンからライト前ヒットを打ち、直後にはウエストボールを使った田上秀則から盗塁を成功させ、これが古巣からの初安打・初盗塁となった。最終的に自己最多の12試合の先発出場をし、打率も初めて2割を越えた。オフの12月29日に背番号を大村直之が着用していた6に変更した。(金子圭輔 フレッシュアイペディアより)

「中島裕之」のニューストピックワード