前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た中島裕之中島裕之

    開幕戦は5年連続で涌井秀章が先発するものの、敗戦投手となり涌井は開幕から3連敗で4月16日に登録を抹消され、チームも最大借金9を抱えて最下位と低迷した。涌井が救援投手に回り、6月以降は勝ち越すようになり8月までの3カ月で貯金を19とし8月19日に首位に立った。日本ハムとの優勝争いとなったが、10月2日の試合に敗れたことで優勝を逃し、3ゲーム差の2位に終わった。クライマックスシリーズではファーストステージでソフトバンクに1勝2敗で敗れ、3年連続のクライマックスシリーズ敗退となった。中村剛也が本塁打王を獲得、オフには、中島裕之が海外FA権を行使し、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスに入団した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 牧田明久

    牧田明久から見た中島裕之中島裕之

    キャンプの時点では右翼手のレギュラーを期待されたが、肩を痛めて開幕に間に合わず、復帰は6月半ばまでズレ込んだ。復帰直後は中村真人、横川史学と併用で左翼手として起用されていたが、鉄平が不調で二軍落ちしてからは横川と併用で右翼手での出場が増えた。8月30日の対西武戦では2点リードの8回2死二・三塁の場面で中島裕之のライト前ヒットでホームに突入した二塁ランナー浅村栄斗を刺し、勝利に貢献した。夏場までは中々ヒットが出ず、スタメンを横川に譲ることも多かったが、9月に一気に調子を上げた事に加え、横川が二軍落ちしたため以降は右翼手のレギュラーとしてシーズン最後まで出場。一時は2割にも満たなかった打率は.268まで上がり、得点圏打率は.350を記録した。シーズンオフに背番号を5に変更した。牧田明久 フレッシュアイペディアより)

  • エステバン・ヘルマン

    エステバン・ヘルマンから見た中島裕之中島裕之

    、当初は1番打者として期待され、開幕からしばらく1番で起用されていたが、程なくして6番や7番での起用が主になった。5月からは5番で、中村剛也や中島裕之が故障で離脱している時期は3番で起用されることもあった。ポジションは当初二塁手や中堅手で起用されていたが、他の選手との兼ね合いもありシーズン中盤以降は三塁手に固定された。エステバン・ヘルマン フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のメジャーリーグベースボール

    2012年のメジャーリーグベースボールから見た中島裕之中島裕之

    1月5日 - ニューヨーク・ヤンキースは、NPBの埼玉西武ライオンズからポスティングシステムでMLB移籍を目指していた中島裕之との入団交渉が合意に至らなかった事を発表2012年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組から見た中島裕之中島裕之

    日本代表が苦手の韓国代表を七回コールドゲームで下した。日本代表は1回からイチロー、中島裕之、青木宣親、内川聖一の連打で3点を奪い、2回には村田修一がファウルで粘りに粘った10球目を3ランホームランし、中島裕之の押し出し四球などで一挙5点を取って韓国先発金廣鉉を攻略。試合を決めた。その後も着実に加点し、14安打14得点の猛攻で12点差をつけ圧勝した。韓国代表は1回に金泰均の2ランで1点差まで詰め寄ったが、2回以降復調した日本先発投手松坂大輔を打てず、継投に阻まれた。オーダーを変更し、「日本キラー」の異名のある金廣鉉攻略を研究していた日本代表・原辰徳監督の采配が奏功した。2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎勝己

    山崎勝己から見た中島裕之中島裕之

    小学生時代には、中島裕之とのバッテリーで全国大会に出場。報徳学園高等学校へ進学した後、2000年度ドラフト会議で福岡ダイエーホークス(現在:福岡ソフトバンクホークス)から4位指名を受けて入団。入団当時の背番号は65。ちなみに、この年のドラフトでは、同じ伊丹市出身の幼馴染みで兵庫県立伊丹北高等学校に進んでいた中島も西武ライオンズから5位指名を受けて入団している。山崎勝己 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た中島裕之中島裕之

    2004年より西武の監督に就任、伊東本人の引退、松井稼頭央のメジャー移籍、アレックス・カブレラの死球による長期離脱などで苦戦が予想されたが、伊東の穴を細川亨が、松井の穴を中島裕之が、カブレラの穴をロッテから移籍したホセ・フェルナンデスが埋めたことにより、チームはレギュラーシーズン2位からプレーオフ、日本シリーズを勝ち進み、2年ぶりのリーグ優勝、12年ぶりの日本一を達成。現役引退後即監督となったのは6人(藤田宗一、稲尾和久、長嶋茂雄、広瀬叔功、有藤道世、高橋由伸)いるが、2004年当時まではいずれも成績は5位(藤田、有藤)か最下位(稲尾、長嶋、広瀬)しかなく、このジンクスを破っての快挙だった(高橋は2位)。この年の中日との日本シリーズは「レオ流」対落合の「オレ流」決戦と言われた。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡治大

    片岡治大から見た中島裕之中島裕之

    5月末に高木浩之から二塁手のレギュラーを奪うと、打率.292を記録して2番・二塁手の座を確保。中島裕之の故障で8月から9月上旬まで一時的に遊撃手に回った。8月2日、3日の千葉ロッテマリーンズ戦では1試合3盗塁を2試合連続で決めるなど、福地寿樹とのコンビで2人合わせて53個の盗塁を決めた他、リーグ2位の33犠打を記録した。片岡治大 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た中島裕之中島裕之

    いずれもビジター用の胸ロゴが「Osaka」に変更後のもの。1999?2004年モデルには、当時永久欠番とされた「背番号1」は本来存在しなかったが、2013年は後藤光尊がホーム用で、2015年は中島裕之がビジター用(紺色)で着用している。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た中島裕之中島裕之

    7月31日 - 中島裕之、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示

「中島宏之」のニューストピックワード