前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • 片岡易之

    片岡易之から見た中島裕之中島裕之

    、5月に高木浩之から二塁手のレギュラーを奪うと、打率.292を記録して2番・二塁手のレギュラーをほぼ不動のものにした。中島裕之の故障で8月からは遊撃手に回った。千葉ロッテ戦では1試合3盗塁を2試合連続で決めるなど走塁技術も向上し、1番・右翼手の福地寿樹とのコンビで2人合わせて53個の盗塁を決めた。またバントの技術にも優れ、リーグ2位の33犠打を記録した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラム・ボカチカ

    ヒラム・ボカチカから見た中島裕之中島裕之

    は、開幕直後の変化球攻めに苦しみ、まもなく2軍落ちとなった。その後、風邪をひいたおかげで体が絞られ、「変化球に対応するアイディアを得た」ことにより、復帰後には主に9番打者を務め、10試合で打率4割と6本塁打を打ち、「恐怖の9番打者」として話題になった。8月のオリンピック期間中には代表選手として離脱した中島裕之に代わって3番に抜擢され、8月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦で2本塁打・7打点を記録した。オリンピック後は出番も少なくなり、出場は78試合に留まったものの、シーズンが終わってみれば、わずか239打数で20本塁打という驚異的な数字をマークしている。ヒラム・ボカチカ フレッシュアイペディアより)

  • 牧田明久

    牧田明久から見た中島裕之中島裕之

    キャンプの時点では右翼手のレギュラーを期待されたが、肩を痛めて開幕に間に合わず、復帰は6月半ばまでズレ込んだ。復帰直後は中村真人、横川史学と併用で左翼手として起用されていたが、鉄平が不調で二軍落ちしてからは横川と併用で右翼手での出場が増えた。8月30日の西武戦では2点リードの8回2死2・3塁の場面で中島裕之のライト前ヒットでホームに突入した2塁ランナー浅村栄斗を刺し、勝利に貢献した。夏場までは中々ヒットが出ず、スタメンを横川に譲ることも多かったが、9月に一気に調子を上げた事に加え、横川が二軍落ちしたため以降は右翼手のレギュラーとしてシーズン最後まで出場。一時は2割にも満たなかった打率は.268まで上がり、得点圏打率は.350を記録した。シーズンオフに背番号を「5」に変更した。牧田明久 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組から見た中島裕之中島裕之

    日本代表が苦手の韓国代表を七回コールドゲームで下した。日本代表は1回からイチロー、中島、青木、内川の連打で3点を奪い、2回には村田がファウルで粘りに粘った10球目を3ランホームランし、中島の押し出し四球などで一挙5点を取って韓国先発金廣鉉を攻略。試合を決めた。その後も着実に加点し、14安打14得点の猛攻で12点差をつけ圧勝した。韓国代表は1回に金泰均の2ランで1点差まで詰め寄ったが、2回以降復調した日本先発投手松坂を打てず、継投に阻まれた。オーダーを変更し、「日本キラー」の異名のある金廣鉉攻略を研究していた日本代表・原監督の采配が奏功した。2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た中島裕之中島裕之

    1990年と2005年にほとんどの選手の応援歌の変更がなされている(1990年の変更は関東地区のみで九州では従前の応援歌のまま)。しかし、チャンスでの打席になると、その選手の変更前の応援歌や以前同じ背番号をつけていた選手の応援歌などが演奏されることもある。西武ドームで細川亨がチャンスで打席に立ったとき、伊東勤元監督の選手時代の応援歌が演奏されたこともあった。2008年時点ではチャンステーマとして片岡易之及び中島裕之の打席で石毛宏典の応援歌、クレイグ・ブラゼルの打席でアレックス・カブレラの応援歌、ヒラム・ボカチカの打席でホセ・フェルナンデスの応援歌が使用されている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た中島裕之中島裕之

    7月31日 - 中島裕之、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保博元

    大久保博元から見た中島裕之中島裕之

    大久保個人も、純粋な打撃指導の功績は中村剛也のバッティングをポイント修整した程度で、指導そのものはアメリカで長年松井稼頭央の練習パートナーを務め、メジャーリーグから打撃理論を吸収した熊沢とおる打撃コーチ補佐が主導するケースが多かったと語っている。アーリーワークを押し通したことから頑迷なイメージもあり、ヒラム・ボカチカと確執を引き起こしたが、自身の打撃理論を確立しているG.G.佐藤や天才肌の中島裕之など、第1級主軸選手の打撃指導からは敢えて距離を置かせるなどの柔軟さもみられた。大久保博元 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た中島裕之中島裕之

    休養日1日を挟み行われた第3戦は第1戦、第2戦とはうって変わり接戦となった。西武は1回表にフェルナンデスの二点本塁打で先制、さらに2回表にも1点を加えた。一方のダイエーは4回に西武先発の張を攻め、井口、城島の本塁打と鳥越裕介の二塁打で4-3と逆転した。西武は5回表にフェルナンデスのこの日2本目の本塁打で同点に追いつくがその裏、中島裕之の失策でダイエーが再び1点を勝ち越した。6回西武は中島が失策の汚名返上の同点本塁打を放ち、さらに続く野田浩輔が勝ち越しの本塁打を放った。その後、西武は7回の無死満塁のチャンスを逃したが小刻みな継投でダイエーの反撃をかわし、6-5で逃げ切り、リーグ優勝に王手をかけた。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 伊丹アスリートクラブ

    伊丹アスリートクラブから見た中島裕之中島裕之

    設立当初より、まだファーム生活だった中島裕之(埼玉西武ライオンズ)、山崎勝己(福岡ソフトバンクホークス)らも参加している。伊丹出身選手だけではなく、バレーボールJTマーヴェラスの竹下佳江選手(セッター)も2003年3月から参加しオフを中心に活動を行っている。伊丹アスリートクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・リーファー

    ジェフリー・リーファーから見た中島裕之中島裕之

    西武ライオンズに内野手として入団。開幕直後はほとんど活躍することなく、打率も低迷し二軍落ち。しかし7?8月に中島裕之・栗山巧が相次いで骨折で離脱したため、打線強化を狙って再び一軍登録される。再登録後は開幕直後とは打って変わって、8月は月間打率3割、9本塁打、さらにここ一番でのタイムリーなど大活躍した。ジェフリー・リーファー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「中島裕之」のニューストピックワード