111件中 101 - 110件表示
  • 7月31日

    7月31日から見た中島裕之中島裕之

    1982年 - 中島裕之、プロ野球選手7月31日 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た中島裕之中島裕之

    2010年2月18日 - 横浜ベイスターズ(清水、内川、吉村・2枚) 対 埼玉西武ライオンズ(石井一、片岡、中島・3枚)※通常放送。プロ野球スペシャル初の対抗戦。関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球2012

    実況パワフルプロ野球2012から見た中島裕之中島裕之

    関明大学の主力打者。ドラフト上位候補。走攻守三拍子揃った遊撃手で、特にミートと走力がずば抜けている。元ネタは中島裕之か。20歳。実況パワフルプロ野球2012 フレッシュアイペディアより)

  • T-岡田

    T-岡田から見た中島裕之中島裕之

    は、キャンプでは「労働基準法違反」と語るほど昼夜問わず徹底的に振り込み、オープン戦では打率.324を記録し、6番・一塁手として開幕スタメンに名を連ねる。春先は、3月31日の日本ハム戦で9回に逆転3ラン本塁打を放つもなかなか打率が伸びず、5月中旬に打撃コーチの正田耕三のアドバイスで右足をステップしないノーステップ打法に変更した。5月12日のヤクルト戦で左足首を負傷し、翌日に登録抹消。だが、自身が離脱して数日後にカブレラも負傷したのを受け、5月23日の巨人戦で復帰し、プロ入り初の4番スタメン出場。すると、この試合で先制適時打に3ラン本塁打の計4打点を叩き出した。前述のフォーム変更が奏功し、6月に入って打率も急上昇し、ホームランを量産し始める。6月2日の中日戦では、11回裏に金剛弘樹からプロ入り初のサヨナラ3ランを放ち、7点ビハインドを逆転する劇的な結末を締めた。交流戦で打率.313、6本塁打、26打点をあげ初の交流戦MVPを受賞。同年のオールスターゲームにも初出場を果たし、第2戦目には1990年の清原和博(22歳11か月)を抜くパ・リーグ最年少4番(22歳5か月)として先発出場した。7月には打率.333、9本塁打21打点で初の月間MVPを受賞。8月3日、8月5日の西武戦では1試合2本塁打を2度達成し28号に到達するも、そこから一転不振に陥り本塁打も15試合出ずにいたが、8月22日のロッテ戦に復調となる1試合2本塁打を放ち、シーズン前の目標としていた30本塁打を達成。9月8日のロッテ戦では、渡辺俊介から二塁打を放ち二塁に駆け込む際に肉離れを発症して全治6週間と診断されたが、8日後の9月16日の西武戦にて同点で迎えた8回裏に2死満塁の場面で代打で出場し、アレックス・グラマンからプロ初となる満塁本塁打を記録。チームでの代打満塁本塁打は2001年の藤井康雄以来9年ぶりの記録であった。最終的には33本塁打(この年パ・リーグで30本塁打以上放ったのはT-岡田のみ)を放ち、王貞治以来48年ぶりとなる22歳での本塁打王を獲得。また、本塁打王となった年で代打満塁本塁打を記録したのは1955年の中西太(西鉄)以来史上2人目の記録であった。打点でも、22歳で90打点以上を記録したのは2004年の中島裕之(西武)以来6年ぶりとなった。本塁打より、チームの勝利に貢献する打点に重きを置いている。T-岡田 フレッシュアイペディアより)

  • 石井義人

    石井義人から見た中島裕之中島裕之

    も9番・二塁手で開幕スタメン出場したが、5月に左足裏痛で降格し、片岡易之に二塁手のレギュラーを奪われる苦しいシーズンとなった。中島裕之の離脱で3番打者が不在になり、復帰した石井は8月1日から3番に抜擢され、中島の穴を埋めた。規定打席には到達しなかったものの、打率.312の好成績を残す。石井義人 フレッシュアイペディアより)

  • Ponta

    Pontaから見た中島裕之中島裕之

    同年4月8日には公式Twitterアカウントが開設され、翌4月9日の対福岡ソフトバンクホークス1回戦(鹿児島県立鴨池野球場)より同アカウントでバファローズの応援を開始。試合開始前および終了後には、ポンタがバファローズの勝敗に一喜一憂する様子が描かれた描きおろしのイラストがアップされるようになった。また、バファローズ選手が節目の記録(中島宏之の日米通算1500安打、金子千尋の通算100勝など)を達成したり、引退したりした際にも、同様にイラストがアップされている。Ponta フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見た中島裕之中島裕之

    オリックス・バファローズの中島宏之が通算300二塁打、史上68人目。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送ライオンズナイター

    文化放送ライオンズナイターから見た中島裕之中島裕之

    2007年からは、文化放送の組織改革により、アナウンサーが実況アナウンサーと技術スタッフも兼任する「アナデユースナイター」の放送体制となっている。これにより番組のキャッチコピーも14年ぶりに一新。キャッチコピーは「生西武やってます。」但し、遠征試合は従来どおり、NRN系列局(下記参照)が技術スタッフを担当する。また、試合開始直前に放送される「プロ野球直前情報」では、主に監督へのインタビューが、試合中の1回表(ビジターの場合は1回裏)終了直後には「中島裕之の今日も一発、やったるで!!」と題して同選手へのインタビューが放送されている。さらに2007年からの試みとして、監督もしくは球団にゆかりのある人物によるタイトルコールを番組冒頭に使いはじめた(2007年は伊東勤監督の双子の子供が、2008・2009年は渡辺久信監督がそれぞれ務めた)2009年は若手選手のインタビュー「ピックアップライオンズ」ほか、選手自身の肉声による選手紹介(事前収録したテープを流す。例えばアナウンサーが「一番・セカンド」とコールしたあと、「片岡易之」と片岡自身によるコールの音声を流す)およびジングルを流している。文化放送ライオンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た中島裕之中島裕之

    しかし、チームが好成績を残したことでオフにフロントも大きな補強を敢行。日本ハムからFA権を行使した小谷野栄一、メジャーリーグに挑戦していた中島裕之、DeNAからトニ・ブランコ、広島からブライアン・バリントンを獲得。戦力流出の阻止としては、まず12月9日に守護神でFA権を行使しての国内移籍の意向を示していた守護神の平野を球団のリリーフ投手史上最高の年俸3億円の3年総額9億円契約を締結。さらに12月15日には日本ハム時代からポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ挑戦を切望していた主砲の糸井には日本人外野手最高の年俸3億5,000万円の単年契約で残留にこぎつける。そして12月24日にはFA権を行使し、国内・海外への移籍への交渉を行っていたエースの金子を球団の投手史上最高の年俸5億円の4年総額20億円という超大型契約で投打の柱の3選手の流出を阻止した。合計50億円超(推定)の大型増強を行った。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・オーティズ

    ホセ・オーティズから見た中島裕之中島裕之

    はメキシカンリーグのモンクローバ・スティーラーズと契約したが5月29日に解雇され、6月6日に埼玉西武ライオンズへの入団が発表された。入団直後は少ない調整試合数で調子を上げられず7月13日に一軍登録を抹消されたが、8月5日に再び一軍登録された後は相手の投手の利き腕に合わせてクリス・カーターと5番で併用され、カーターの膝の状態が悪化し調子を落としてからは相手投手の別なく「5番・一塁手」として先発起用された。同シーズンは最終的に64試合に出場し、中村剛也(27本)・中島裕之(13本)に次ぐチーム内3位となる9本塁打を記録した。また8月12日の対日本ハム戦ではパ・リーグ通算45,000号となる本塁打を放っている。ホセ・オーティズ フレッシュアイペディアより)

111件中 101 - 110件表示

「中島宏之」のニューストピックワード