111件中 11 - 20件表示
  • 大久保博元

    大久保博元から見た中島裕之中島裕之

    大久保個人も、純粋な打撃指導の功績は中村剛也のバッティングをポイント修整した程度で、指導そのものはアメリカで長年松井稼頭央の練習パートナーを務め、メジャーリーグから打撃理論を吸収した熊沢とおる打撃コーチ補佐が主導するケースが多かったと語っている。アーリーワークを押し通したことから頑迷なイメージもあり、ヒラム・ボカチカと確執を引き起こしたが、自身の打撃理論を確立しているG.G.佐藤や天才肌の中島裕之など、第1級主軸選手の打撃指導からは敢えて距離を置かせるなどの柔軟さもみられた。大久保博元 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ

    埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷから見た中島裕之中島裕之

    第1弾(4月7日発売) - 涌井秀章、中島裕之、片岡易之埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ フレッシュアイペディアより)

  • EVERYBODY NEEDS MUSIC

    EVERYBODY NEEDS MUSICから見た中島裕之中島裕之

    埼玉西武ライオンズ 中島裕之選手の登場曲として使用されている。EVERYBODY NEEDS MUSIC フレッシュアイペディアより)

  • ガンバレ日本プロ野球!?

    ガンバレ日本プロ野球!?から見た中島裕之中島裕之

    2001年11月から開始。最初は討論番組、大塚が加わった2002年1月初回放送のゲスト・渡辺久信の回からMC形式となり2013年1月初回放送の最後のゲスト・中島裕之に至る。出演したゲストは合計で約200人。番組は基本的に各シーズン全8回で、そのうち6回はOB・選手をゲストに迎え、最後の2回は各球団の春季キャンプ巡りとなっているが、年によっては以下のように例外もある。ガンバレ日本プロ野球!? フレッシュアイペディアより)

  • 伊丹アスリートクラブ

    伊丹アスリートクラブから見た中島裕之中島裕之

    設立当初より、まだファーム生活だった中島裕之(埼玉西武ライオンズ)、山崎勝己(福岡ソフトバンクホークス)らも参加している。伊丹出身選手だけではなく、バレーボールJTマーヴェラスの竹下佳江選手(セッター)も2003年3月から参加しオフを中心に活動を行っている。伊丹アスリートクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 輝け☆星の川高校自由形

    輝け☆星の川高校自由形から見た中島裕之中島裕之

    姓は中島裕之、名は獅子座から。輝け☆星の川高校自由形 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢佐奈恵

    大矢佐奈恵から見た中島裕之中島裕之

    プロ野球が好きで、中島裕之のファン。大矢佐奈恵 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾美幸

    長尾美幸から見た中島裕之中島裕之

    プロ野球は埼玉西武ライオンズのファンで、好きな選手は中島裕之(ただし夫は中日ドラゴンズのファン)。長尾美幸 フレッシュアイペディアより)

  • バファローズポンタ

    バファローズポンタから見た中島裕之中島裕之

    同年4月8日には公式Twitterアカウントが開設され、試合開始前および終了後には、ポンタがバファローズの勝敗に一喜一憂する様子が描かれた描きおろしのイラストがアップされるようになった。また、バファローズ選手がホームランを放ったり、節目の記録(中島宏之の日米通算1500安打、金子千尋の通算100勝など)を達成したりした際にも、同様にイラストがアップされている。これらのイラストには、ポンタ本人のほか同居する家族(父・母・妹の3人)が登場し、ポンタとともにバファローズを応援する様子が見られる。勝利時には「おりほー!」という言葉とともにポンタたちが喜ぶ一方、なぜか敗戦時にはポンタ及び父の着ていたユニフォームが脱げ全裸になっているのが特徴。なお、引き分けの場合はポンタが服を脱ぎ食事をしているイラストがアップされている(2016年9月19日現在)。バファローズポンタ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た中島裕之中島裕之

    西武は1回、先頭の栗山巧が先発渡辺俊介の初球を右翼スタンドへ叩き込み先制。一方ロッテは5回、今江敏晃、橋本将の連打に西武先発の松坂大輔の失策で無死満塁とすると、堀幸一が左翼へ犠飛を放ち同点。松坂はマリンスタジアム独特の強風で体力を消耗し7回で降板。ロッテは8回、代わった三井浩二を攻め、福浦和也とサブローの連打で無死1、3塁とするとマット・フランコが中前に落ちる安打で1点勝ち越し。リードを奪ったロッテは9回に守護神の小林雅英が登板し、中島裕之と中村剛也の連打で1死1、2塁とピンチを迎えるが、続く代打平尾博嗣を併殺打に打ち取り逃げ切った。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「中島宏之」のニューストピックワード