111件中 21 - 30件表示
  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た中島裕之中島裕之

    実況:茅野正昌、解説:稲尾和久、プレーヤーズゲスト:中島裕之(西武)、リポーター:服部義夫(両サイド兼務)2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フルタの方程式

    フルタの方程式から見た中島裕之中島裕之

    ヒット量産の「コツ」 - 中島裕之(埼玉西武ライオンズ)フルタの方程式 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭現旭

    鄭現旭から見た中島裕之中島裕之

    2009年、第2回WBC韓国代表に選ばれると、予想以上の活躍を見せた。1次ラウンドの日本戦(3月7日)で先発した金廣鉉が2回途中8失点で降板した際に2番手で登板し、日本の打者たちを速球で抑えたことから、2日後の日本との1次ラウンド順位決定戦でも、先発した奉重根の後を受け2番手として登板し、またもやしっかりと抑えチームの完封勝利に貢献した。2次ラウンドでも活躍は続き、緒戦のメキシコ戦では不安定だった先発の柳賢振の後を受け2番手として3回を粘り強い投球で無失点に抑えた。準決勝のベネズエラ戦でも4番手として登板した。メルビン・モーラやカルロス・ギーエン、マグリオ・オルドニェスから三振を奪い、決勝進出に貢献した。決勝の日本戦でも先発した奉重根の後を受け、2番手として登板したが、7回表1?1の同点の場面で中島裕之に勝ち越しタイムリーを浴び、勝利には貢献できなかった。このようなチームのために労を厭わず力投を続ける姿から「国民の奴隷」というニックネームがつけられた。レギュラーシーズンでは自己最多の62試合に登板し、抑えに中継ぎにフル回転。WBCや前半戦の疲労もあって後半はやや調子を落したものの、同僚の權奕とともに勝利の方程式の一環として活躍した。鄭現旭 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸山隆三

    瀬戸山隆三から見た中島裕之中島裕之

    2012年11月、オリックス・バファローズの執行役員球団本部長補佐に就任、2013年11月、同球団の執行役員球団本部長に就任した。2014年は6年ぶりの2位になったが、同年オフ中島裕之、小谷野栄一、トニー・ブランコ、ブライアン・バリントンを大型補強をしたが2015年は5位と低迷した。2016年はロッテ時代コーチ・監督だった西村徳文(監督の福良淳一とも同郷で現役時代から親交が深い)をヘッドコーチ、ロッテ時代瀬戸山自ら招聘したこともある高橋慶彦を打撃コーチで招いたが、開幕から低迷し、一時打線も開幕から2リーグ制となってからワーストとなるチームとして開幕から13試合連続無本塁打、前半戦終わって25ゲーム差離され最下位に低迷。最終的に順位は4年ぶりのリーグ最下位、チーム防御率リーグ最下位、チーム打率・得点が同最下位、本塁打同5位に終わり、同年10月25日にオリックスの球団本部長から退任し、顧問に就任。瀬戸山隆三 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の埼玉西武ライオンズ

    2013年の埼玉西武ライオンズから見た中島裕之中島裕之

    投手陣は、広島東洋カープで2011年に35セーブを挙げたデニス・サファテを獲得した。野手陣では、中島裕之が海外FA権を行使して、オークランド・アスレチックスに移籍した。2013年の埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の埼玉西武ライオンズ

    2012年の埼玉西武ライオンズから見た中島裕之中島裕之

    4月7日 - 中島裕之が対ソフトバンク戦で通算150本塁打、史上157人目2012年の埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 田上秀則

    田上秀則から見た中島裕之中島裕之

    、前年に続いて開幕1軍入り。3月24日のロッテ戦では生涯初のサヨナラヒットを放った。この日は開幕初スタメンで、先制打、同点打、サヨナラ打を一人で放ち、チームの開幕5連勝に貢献した。しかし、4月30日の西武戦での守備中に、本塁に突入した中島裕之と交錯した際、左足首を捻挫し、戦線離脱。9月2日に一軍復帰を果たすが、ホークス移籍後最少の出場試合数に終わった。田上秀則 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た中島裕之中島裕之

    7月20日 - 西武の中島裕之が対ソフトバンク戦でNPB史上259人目の通算1000安打2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た中島裕之中島裕之

    埼玉西武ライオンズの中島裕之が対日本ハム戦(札幌ドーム)で2リーグ制以降では初の1イニング2刺殺。1度目は牽制が悪送球でアウトにならなかったが、これを記録員が刺殺と記録し、再度牽制球で刺殺によるもの。また、嶋重宣が対日本ハム戦(札幌ドーム)でプロ野球史上448人目の通算1000試合出場。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 打撃 (野球)

    打撃 (野球)から見た中島裕之中島裕之

    石井浩郎、中島裕之のぶった切り打法打撃 (野球) フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「中島宏之」のニューストピックワード