111件中 31 - 40件表示
  • 平尾博嗣

    平尾博嗣から見た中島裕之中島裕之

    2004年、中島裕之が遊撃手に定着したため遊撃手での出場はなかったものの、三塁手として活躍し規定打席未満ながら自身初の3割を記録した。出塁率は4割を超えた。そしてリーグ優勝に貢献した。そして、中日ドラゴンズとの日本シリーズでは第7戦に平井正史からソロ本塁打を放ち、日本一に貢献した。平尾博嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬春樹

    黒瀬春樹から見た中島裕之中島裕之

    には、レギュラー二塁手・片岡易之とレギュラー遊撃手・中島裕之が公式戦開幕前のWBCに日本代表として参加していたことから、オープン戦のほぼ全試合に出場。一軍公式戦でも、在籍中では最多の24試合に出場した。6月14日の対広島戦(西武ドーム)では、延長12回裏無死満塁から代打で起用されたところ、広島のマーティ・ブラウン監督が「内野手5人・外野手2人」の変則シフトを実行。黒瀬は青木高広から痛烈な飛球を放ったものの、左翼手として起用されながら二塁ベース後方を守っていた小窪哲也に捕られた。さらに、小窪 → 捕手・石原慶幸 → 一塁手・喜田剛への転送によって一塁走者が封殺された結果、NPBの公式戦では珍しい「7(左翼手)-2(捕手)-3(一塁手)」という併殺が成立。試合自体も、後続打者の凡退で12回引き分けに終わった。なお、7月に右膝を傷めると、9月には手術を受けている。黒瀬春樹 フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント (カリフォルニア州)

    サクラメント (カリフォルニア州)から見た中島裕之中島裕之

    人口は407,018人(2000年国勢調査)。都市圏 (MSA) 人口は1,796,857人で全米27位。広域都市圏 (CSA) 人口は2,069,298人(いずれも2000年国勢調査)である。古くから交易の場として栄え、スイス人のジョン・サッターによってコロニーが建設されたことが、現在の発展の元となる。後に州がゴールドラッシュに湧くと、1854年に州都が置かれ、今に至る。ゴールドラッシュが終焉を迎えると今度は肥沃な農作物、野菜の取引所として発展した。最初の大陸横断鉄道の建設にあたっては西側から建設するセントラル・パシフィック鉄道の起点となり、1863年に敷設開始、1869年には東海岸までの全通を迎えている。また、今日では政治・行政の中心であるほか、半導体や電子機器など最先端産業の進出も目立っている。プロスポーツにはNBAのサクラメント・キングスと、中島裕之が所属したことで知られるMiLBのサクラメント・リバーキャッツがある。漢字では、桜府や桜都と表記される。サクラメント (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の阪神タイガース

    2015年の阪神タイガースから見た中島裕之中島裕之

    戦力面では、新井貴浩が自由契約を申し出て、広島に復帰し、久保田智之が引退、海外FAを宣言していた鳥谷敬の残留が決定した。FA市場で金子千尋、中島裕之、成瀬善久等の獲得を狙ったが、ことごとく失敗し、目立った補強ができなかったことから、不安視されながらシーズンを迎えることになった。2015年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のメジャーリーグベースボール

    2011年のメジャーリーグベースボールから見た中島裕之中島裕之

    12月7日(米時間) - NPB埼玉西武ライオンズからポスティングシステムでのMLB移籍を目指していた、中島裕之の独占交渉権をニューヨーク・ヤンキースが獲得したことをMLB機構が発表2011年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • リック・ショート

    リック・ショートから見た中島裕之中島裕之

    、オフにエクササイズなどで体を大幅に絞り、また食生活も改善。開幕から高打率を維持し、本塁打数も2003年のロッテ時代以来となる2桁に達した。中島裕之(西武)と最後まで首位打者争いを展開。最終的に打率.332、12本塁打、71打点でパ・リーグではのブーマー・ウェルズ(オリックス=当時)以来となる外国人首位打者となった。また、外野手部門でベストナインにも選ばれた。リック・ショート フレッシュアイペディアより)

  • ジェフリー・リーファー

    ジェフリー・リーファーから見た中島裕之中島裕之

    西武ライオンズに内野手として入団。開幕直後はほとんど活躍することなく、打率も低迷し二軍落ち。しかし7?8月に中島裕之・栗山巧が相次いで骨折で離脱したため、打線強化を狙って再び一軍登録される。再登録後は開幕直後とは打って変わって、8月は月間打率3割、9本塁打、さらにここ一番でのタイムリーなど大活躍した。ジェフリー・リーファー フレッシュアイペディアより)

  • 水田圭介

    水田圭介から見た中島裕之中島裕之

    はオープン戦で結果を残し、開幕一軍入りを果たした。遊撃手の中島裕之の故障などで出場機会が格段に増えたが、先発出場は2試合のみで守備固めや代走での途中出場がほとんどであった。8月6日の北海道日本ハムファイターズ戦で、守備固めとして出場し回ってきた打席で、MICHEALからプロ初本塁打となるランニング本塁打を打った。プロ初本塁打をランニングホームランで達成したのは、武上四郎・緒方耕一・坪井智哉に次ぐ、2リーグ制以降史上4人目だった。またこれが水田のこの年唯一の安打であった。水田圭介 フレッシュアイペディアより)

  • オークランド・アスレチックス

    オークランド・アスレチックスから見た中島裕之中島裕之

    オフの12月18日には埼玉西武ライオンズからメジャー挑戦を目指していた中島裕之を獲得した。オークランド・アスレチックス フレッシュアイペディアより)

  • 金子圭輔

    金子圭輔から見た中島裕之中島裕之

    5月3日に一軍へ昇格し、5月4日の対ソフトバンク戦で8回にショートの守備から移籍後初出場し、9回に高橋徹から四球を選び出塁した。5月9日の対千葉ロッテマリーンズ戦で8回に代走起用された直後に秋親?里崎智也バッテリーから二塁へ盗塁を決めて、これがプロ入り初盗塁となった。出場機会が無く5月14日に二軍へ降格した。大引啓次の離脱により7月2日に再昇格した。7月19日の対楽天戦で9番遊撃手として移籍後初の先発出場を果たし、5回二死の場面で山村宏樹からライト前安打で出塁したが、直後に嶋基宏の送球によりプロ入り初の盗塁失敗を喫してチェンジとなった。8月4日の対西武戦で1点ビハインド2回一死一塁の場面で平野将光からライト線へ同点のタイムリー三塁打を放ち、これがプロ入り初の三塁打となった。6回にも岡本篤志から安打し、プロ入り初のマルチヒットとなった。8回には同点二死満塁の場面で中島裕之の放った高く弾む難しい打球を間一髪で見事に捌くファインプレーで一気に流れを引き寄せチームのサヨナラ勝利へ貢献した。8月10日の対ソフトバンク戦で2回にD.J.ホールトンからライト前ヒットを打ち、直後にはウエストボールを使った田上秀則から盗塁を成功させ、これが古巣からの初安打・初盗塁となった。最終的に自己最多の12試合の先発出場をし、打率も初めて2割を越えた。オフの12月29日に背番号を大村直之が着用していた6に変更した。金子圭輔 フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「中島宏之」のニューストピックワード