86件中 41 - 50件表示
  • ホセ・オーティズ

    ホセ・オーティズから見た中島裕之中島裕之

    はメキシカンリーグのモンクローバ・スティーラーズと契約したが5月29日に解雇され、6月6日に埼玉西武ライオンズへの入団が発表された。8月12日の対日本ハム戦では、パ・リーグ通算45,000号となる本塁打を放った。来日直後は少ない調整試合数で調子を上げられず7月13日に一軍登録を抹消されたが、8月5日に再び一軍登録された後は相手の投手の利き腕に合わせてクリス・カーターと5番で併用され、カーターの膝の状態が悪化し調子を落としてからは相手投手の別なく「5番・一塁手」として先発起用された。同シーズンは最終的に64試合に出場し、中村剛也(27本)・中島裕之(13本)に次ぐチーム内3位となる9本塁打を記録した。ホセ・オーティズ フレッシュアイペディアより)

  • 西川雅人

    西川雅人から見た中島裕之中島裕之

    9月13日の対埼玉西武ライオンズ戦では、中島裕之にあわや危険球の投球をした際、口論になり乱闘騒ぎに発展することもあった。それから約1ヶ月後の10月4日に球団から戦力外通告を受け、同年12月24日にかつて所属していた愛媛に入団する事が発表された。西川雅人 フレッシュアイペディアより)

  • ディー・ブラウン (野球)

    ディー・ブラウン (野球)から見た中島裕之中島裕之

    自身か中島裕之がホームランを打った時には、ベンチのカメラ前で「ロックスター」というパフォーマンスをする。なおシーズン当初は2人だけだったが、途中から片岡易之が勝手に参加しはじめ、カメラに映らない範囲でもエアギターする選手などがいたりする。ディー・ブラウン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • T-岡田

    T-岡田から見た中島裕之中島裕之

    は、キャンプでは労働基準法違反と語るほど昼夜問わず徹底的に振り込み、オープン戦では打率.324を記録し、6番・一塁手として開幕スタメンに名を連ねる。春先は、3月31日の日本ハム戦で9回に逆転3ラン本塁打を放つもなかなか打率が伸びず、5月中旬に打撃コーチの正田耕三のアドバイスで右足をステップしないノーステップ打法に変更した。5月12日のヤクルト戦で左足首を負傷し、翌日に登録抹消。だが、自身が離脱して数日後にカブレラも負傷したのを受け、5月23日の巨人戦で復帰し、プロ入り初の4番スタメン出場。すると、この試合で先制適時打に3ラン本塁打の計4打点を叩き出した。前述のフォーム変更が奏功し、6月に入って打率も急上昇し、ホームランを量産し始める。6月2日の中日戦では、11回裏に金剛弘樹からプロ入り初のサヨナラ3ランを放ち、7点ビハインドを逆転する劇的な結末を締めた。交流戦で打率.313、6本塁打、26打点をあげ初の交流戦MVPを受賞。同年のオールスターゲームにも初出場を果たし、第2戦目には1990年の清原和博(22歳11か月)を抜くパ・リーグ最年少4番(22歳5か月)として先発出場した。7月には打率.333、9本塁打21打点で初の月間MVPを受賞。8月3日、8月5日の西武戦では1試合2本塁打を2度達成し28号に到達するも、そこから一転不振に陥り本塁打も15試合出ずにいたが、8月22日のロッテ戦に復調となる1試合2本塁打を放ち、シーズン前の目標としていた30本塁打を達成。9月8日のロッテ戦では、渡辺俊介から二塁打を放ち二塁に駆け込む際に肉離れを発症して全治6週間と診断されたが、8日後の9月16日の西武戦にて同点で迎えた8回裏に2死満塁の場面で代打で出場し、アレックス・グラマンからプロ初となる満塁本塁打を記録。チームでの代打満塁本塁打は2001年の藤井康雄以来9年ぶりの記録であった。最終的には33本塁打(この年パ・リーグで30本塁打以上放ったのはT-岡田のみ)を放ち、王貞治以来48年ぶりとなる22歳での本塁打王を獲得。また、本塁打王となった年で代打満塁本塁打を記録したのは1955年の中西太(西鉄)以来史上2人目の記録であった。打点でも、22歳で90打点以上を記録したのは2004年の中島裕之(西武)以来6年ぶりとなった。本塁打より、チームの勝利に貢献する打点に重きを置いている。T-岡田 フレッシュアイペディアより)

  • キセキ (GReeeeNの曲)

    キセキ (GReeeeNの曲)から見た中島裕之中島裕之

    第81回選抜高等学校野球大会で開会式入場行進曲に採用された。また、埼玉西武ライオンズ内野手の中島裕之、読売ジャイアンツ内野手の坂本勇人が自軍主催試合での登場曲として使用している。キセキ (GReeeeNの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 金子圭輔

    金子圭輔から見た中島裕之中島裕之

    7月に大引啓次の離脱で1軍昇格するとショートでスタメン出場する機会が増え、守備では度々好守を見せた。中でも圧巻は8月4日の西武戦で、同点で迎えた8回表2死満塁のピンチに中島裕之の放った高く弾む難しい打球を間一髪で見事に捌いてみせるファインプレーを披露し、一気に流れを引き寄せその後のサヨナラ勝ちに繋がる活躍を見せた。最終的に31試合出場し、かつては1割だった打率も2割を越えた。オフには背番号を大村直之が着用していた6に変更した。金子圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木照雄

    鈴木照雄から見た中島裕之中島裕之

    引退後は、後身の西武ライオンズでスカウトを担当。松井稼頭央、中島裕之など多くの選手をスカウトした。鈴木照雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た中島裕之中島裕之

    1500奪三振:2007年8月29日、対西武ライオンズ19回戦(グッドウィルドーム)、7回裏に中島裕之から ※史上49人目小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た中島裕之中島裕之

    遊撃手へのコンバートでは他のポジションと比べて多い。全体的な身体能力の高い選手の転向が多い。遊撃手は瞬発力、肩、捕球技術が高いレベルで要求されるため、遊撃手から他のポジションに転向させやすく、特に若いうちはまず遊撃手としてプレーした後に、適性やチーム事情によって他のポジションに転向させるパターンも多い。代表的な例は、元広島の高橋慶彦、元巨人の川相昌弘、アスレチックスの中島裕之、楽天の松井稼頭央、ソフトバンクの今宮健太など。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李容圭

    李容圭から見た中島裕之中島裕之

    2009 ワールド・ベースボール・クラシックでは、始めは李鍾旭(イ・ジョンウク)、李晋暎(イ・ジンヨン)などに押され、控え要員になったが、李鍾旭の打撃不振で、2次ラウンドから1番センターのスタメンを奪取。準決勝進出をかけた3回目の日本戦では、初回ダルビッシュ有から安打を放ち空かさず2盗に成功(このプレーを足がかりに韓国は3点を先制)。決勝戦でも、2盗を試みたが、中島裕之の膝にぶつかりヘルメットが欠け、盗塁も失敗。因みに、メダル授賞式の時、他の選手たちと違い自身は銀メダルを首にかけなかった。李容圭 フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「中島裕之」のニューストピックワード