111件中 51 - 60件表示
  • 種田仁

    種田仁から見た中島裕之中島裕之

    は1軍の内野陣はこの年本塁打王に輝いた中村剛也や中島裕之、片岡易之、控えでも日本シリーズで活躍した平尾博嗣や石井義人など選手層の厚さに阻まれて1軍出場無しに終わった。2軍では78試合に出場したものの10月1日に西武から二度目の戦力外通告を受けた。その後、12球団合同トライアウトに参加したが、獲得球団はなく、現役を引退。12月2日に自由契約公示された。種田仁 フレッシュアイペディアより)

  • 清家政和

    清家政和から見た中島裕之中島裕之

    その後は指導者として活躍しており、2008年の西武のリーグ優勝・日本一に貢献、片岡易之の2年連続盗塁王や今まで守備に難があった中島裕之がゴールデングラブ賞を獲得するなど功績を挙げた清家政和 フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・カラスコ

    ヘクター・カラスコから見た中島裕之中島裕之

    来日当初はキャンプ、オープン戦と着実に結果を残し高い評価を受ける。のオフに大塚晶則が抜けた後、絶対的なクローザーが不在だったチームにとって、クローザーとして、チームの救世主として期待され、開幕戦は最終回に来日初登板を果たし無難の立ち上がりを切った。ところが、開幕4戦目の3月30日対ロッテ戦では最終回1点リードという初のセーブ機会で、ベニー・アグバヤニ・里崎智也に本塁打を浴びて逆転負けを喫したのを皮切りに、4月9日の西武戦では中島裕之にサヨナラ犠飛、同月11日の同カードでは2点リードの最終回に登板するも、同点に追いつかれて和田一浩にサヨナラ満塁本塁打(取ったアウトは小関竜也の犠飛による1死のみ)、と度重なる炎上を繰り返し、開幕からのチーム低迷の一因となった。その後も4月20日の対ロッテ戦で初芝清にサヨナラ適時二塁打、4月23日の西武戦でも逆転負けを喫する等、4月終了時点で1勝5敗2セーブ、防御率20.00と散々たる成績で、打たれるクローザーの代名詞ともなった。ヘクター・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 橘高淳

    橘高淳から見た中島裕之中島裕之

    5回裏、中日の攻撃。一死一塁から中日の谷繁元信の打球は捕手前のゴロとなった。西武の野田浩輔がこれを処理し直ちに谷繁に触球を試みた。球審の橘高は野田が打者走者の谷繁に触球したと判定し、アウトを宣告した。続いて野田は二塁へ送球。橘高のアウトの宣告が聞こえていなかったのか、二塁塁審の杉永政信は一塁走者のオマール・リナレスにフォースアウトを宣告した。この判定を受け、ショートを守っていた西武の中島裕之は一塁に送球。西武側は併殺したと判断し、ベンチに引き上げた。すると中日監督の落合博満は審判団に、「打者走者に対する触球によってアウトが宣告されたのなら、二塁はタッグプレーになる。一塁走者はアウトではない」と主張した。審判団は協議の上、杉永によるフォースアウトの判定を取り消し、二死二塁からの再開を決めた。この判定に対し西武監督の伊東勤が、「一度審判員がアウトと言ったのだから…」とこの決定に対して異議を唱える。橘高は「野田選手のプレーについて伊東監督に説明していますので、しばらくお待ちください」という旨の場内アナウンスを行う。この間、約49分にわたり試合が中断、最後はこの試合の責任審判であった左翼外審の友寄正人と、橘高が場内アナウンスで謝罪する事態となった。この件で審判団はコミッショナーから厳重注意を受けた。橘高淳 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た中島裕之中島裕之

    オリックス・バファローズの中島宏之が史上119人目の通算1500本安打を達成。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 砂の栄冠

    砂の栄冠から見た中島裕之中島裕之

    名前の由来は、中島裕之砂の栄冠 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木照雄

    鈴木照雄から見た中島裕之中島裕之

    引退後は、後身の西武ライオンズで関西地区スカウトを担当。松井稼頭央、中島裕之、中村剛也、和田一浩、栗山巧、炭谷銀仁朗など多くの選手をスカウトした。鈴木照雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た中島裕之中島裕之

    オリックス・バファローズは、中島裕之の登録名を中島宏之に変更することを発表。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 西川雅人

    西川雅人から見た中島裕之中島裕之

    8月22日に初めて1軍登録され、8月26日の対日本ハム戦に、2番手としてプロ初登板。以後、中継ぎ投手として一軍で年数試合に投げるものの、目立った成績を残せなかった。9月13日の対西武戦では、中島裕之にあわや危険球の投球をした際、中島が詰めより、西川も激昂し口論になり、乱闘寸前の騒ぎをおこした。それから約1ヶ月後の10月4日に球団から戦力外通告を受け、同年12月24日にかつて所属していた愛媛に入団する事が発表された。西川雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た中島裕之中島裕之

    新監督の岡田彰布にシーズン前から3番を任命され、開幕2戦目の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回裏1死で福盛和男から同点本塁打を放ったが、3・4月は月間打率.265だった。交流戦に入ると徐々に調子を上げて交流戦打率.369、対阪神タイガース戦は4試合で17打数10安打2本塁打7打点を記録するなどチームの交流戦初優勝に貢献した。8月には選手会長の日高剛とチーム最年長の田口壮が二軍調整の為、精神的支柱を欠く状況を打破する目的で球団初のキャプテン制導入に伴いゲーム・キャプテンに任命された。その後も3番打者として出場し続けて9月26日のロッテ戦では延長10回に薮田安彦からサヨナラ2ラン本塁打を放つなど、143試合に出場して打率.295、16本塁打、73打点、二塁手としてはのロベルト・バルボンの記録を更新して球団新記録となる174安打と自己最高の成績を残したが、併殺打はリーグ2位タイ(西武・中島裕之と同数)の20、3番打者に定着しクリーンナップを1年間務めながらリーグ3位(1位は川崎宗則、2位は西岡剛)の590打数を記録、四球の少なさが目立ってしまった。また、野手の中では北川博敏と共に2人だけシーズン通して一軍に登録され続けた。同年8月11日に国内FA権を取得し、11月12日に残留を基本線として権利を行使し、11月26日に「岡田監督に恩返ししたい」として残留を正式表明すると同時に「生涯オリックス」宣言をした。オフシーズンにはイチローと合同自主トレを行った。この際には5年の複数年契約が結ばれていたが、報道では3年契約とされていた。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「中島宏之」のニューストピックワード