86件中 71 - 80件表示
  • 藤川球児

    藤川球児から見た中島裕之中島裕之

    は開幕から16試合連続無失点を記録し、例年以上の好調ぶりを見せた。この年は他の中継ぎ投手の不調でセットアッパーが固定できず、交流戦と夏場を中心に、本来の抑え投手の役目に加えてセットアッパーのポジションも兼任することとなった。結果として例年よりイニングをまたぐ登板が増え、1イニング以上の登板した試合はシーズン全体で12試合に及んだ。4月13日東京ドームでの対巨人戦で、通算セーブ数で山本和行の130セーブを抜き、歴代単独14位と球団記録を達成した。ファン投票(セ・リーグ抑え部門1位)で6年連続のオールスターゲームに選出され、第1戦の9回に登板し、里崎智也・片岡易之・中島裕之を迎えて投じた16球全て直球で、三者連続三振に仕留めた。9月5日の対広島戦で通算150セーブを達成。9月に入ると久保田の復調でイニングまたぎ登板は減ったが、制球が定まらず9月だけで2本の逆転被本塁打を打たれたり、それ以外でもピンチを招く場面が度々あった。この年の被本塁打はプロ入り後ワーストの7本を数え、防御率も中継ぎに定着した2005年以降ではワーストとなる2.01で、WHIPも2005年以降ではワーストの1.08を記録し低迷する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見た中島裕之中島裕之

    7月31日 - 中島裕之、プロ野球選手1982年 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎裕之

    山崎裕之から見た中島裕之中島裕之

    埼玉西武ライオンズの中島裕之、お笑い芸人の杉山裕之(我が家)の命名は父親が山崎のファンだったことに由来している。山崎裕之 フレッシュアイペディアより)

  • オークランド・アスレチックス

    オークランド・アスレチックスから見た中島裕之中島裕之

    オフの12月18日には埼玉西武ライオンズからメジャー挑戦を目指していた中島裕之を獲得した。オークランド・アスレチックス フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンII

    クイズ!ヘキサゴンIIから見た中島裕之中島裕之

    男子(紳助や新選組リアンを含む)全員の参加。西武ドームでの上地チーム対元木チームの7イニング対決。交代は自由で、一度退いた者も再度出場出来るが、全員1回は出場しなければならない。助っ人として下柳剛(阪神)、和田一浩(中日)、涌井秀章・中島裕之(西武)が参加し、ジャンケンによりチームの助っ人を決定。勝者は試合後温かいうどんを食べることが出来るが、敗者はかき氷を食べなければならない。クイズ!ヘキサゴンII フレッシュアイペディアより)

  • 伊原春樹

    伊原春樹から見た中島裕之中島裕之

    1978年の所沢への球団移転に対しては、東尾、竹之内雅史らと共に最後まで反対していたが、西武監督時代にはトミー・ラソーダの「俺にはドジャー・ブルーの血が流れている」に倣って「俺にはライオンズ・ブルーの血が流れている」とまで発言している。巨人ヘッドコーチ就任後も、当時守備が上達しなかった西武の中島裕之を「ナカジはどうしてる?あいつはサードが一番向いているんだが…」と案じていた。伊原春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田和久

    牧田和久から見た中島裕之中島裕之

    2012年は再び先発としてシーズンを迎えた。9月6日の福岡ソフトバンクホークス戦で初の2桁勝利を達成、その後も勝利を重ねてチーム最多となる13勝を挙げた。このシーズン中で1度も出場選手登録を抹消されておらず、西武においては中島裕之とエステバン・ヘルマンに次ぐ3人目で、投手陣では唯一。牧田和久 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た中島裕之中島裕之

    は投手陣の不振が主因となって、前半戦を球団史上15年ぶりの最下位で折り返すこととなった。また、球団史上32年ぶりとなる最大15の負け越しを記録し、7月12日から25日にかけては球団史上初の3カード連続の同一カード3連敗を喫するなどチーム成績は低迷した。後半戦以降、新人の牧田和久を抑え投手として抜擢し、セットアッパーとして起用したミンチェ・岡本篤志の2人と併せて勝ち試合における継投パターンを確立して投手陣をてこ入れし、さらに中心選手の中島裕之をキャプテンに任命してチームの建て直しを図った。また、3年目の浅村栄斗や新人の秋山翔吾といった若手野手を辛抱強く起用した結果、9月14日から27日にかけて2つの引き分けを挟んで10連勝を記録するなど9月の月間成績を19勝5敗とし、クライマックスシリーズ出場へ望みを繋いだ。3位のオリックスと1ゲーム差の4位で迎えた10月18日のシーズン最終戦(対日本ハム戦)に勝利、同日オリックスが敗れたことから、わずか勝率1毛差で3位に浮上しクライマックスシリーズ出場を決めるとともに、最大15あった借金を完済し勝率5割以上の成績で公式戦全日程を終了した。また同日試合終了後、球団からの来季続投要請を受諾し、1年契約で2012年シーズンも指揮を執ることを表明した。クライマックスシリーズファーストステージにおいては日本ハムを2連勝で破りファイナルステージ進出を決めたが、ファイナルステージにおいてソフトバンクに0勝4敗で敗退した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た中島裕之中島裕之

    文化放送新春スポーツスペシャル 松井稼頭央 中島裕之 新春ビッグ対談 僕らのベースボール!!(文化放送、14:15)2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球2012

    実況パワフルプロ野球2012から見た中島裕之中島裕之

    関明大学の主力打者。ドラフト上位候補。走攻守三拍子揃った遊撃手で、特にミートと走力がずば抜けている。元ネタは中島裕之か。20歳。実況パワフルプロ野球2012 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「中島裕之」のニューストピックワード