111件中 81 - 90件表示
  • 伊丹市

    伊丹市から見た中島裕之中島裕之

    中島裕之(プロ野球選手、オリックス・バファローズ)※伊丹市 フレッシュアイペディアより)

  • 比嘉幹貴

    比嘉幹貴から見た中島裕之中島裕之

    初奪三振:2010年8月14日、対埼玉西武ライオンズ17回戦(西武ドーム)、5回裏に中島裕之から空振り三振比嘉幹貴 フレッシュアイペディアより)

  • 行澤久隆

    行澤久隆から見た中島裕之中島裕之

    引退後、 - の15年間にわたり一軍打撃、二軍打撃、二軍守備走塁コーチを務めた。松井稼頭央、中島裕之ら米国でプレーした選手も育て上げた。監督として尊敬しているのは西武時代監督だった根本陸夫で「根本さんは試合後、ミスしても何も言わなかった。ただご苦労さんと、それだけ。そう言われるとこっちは頑張らなきゃ、やらなきゃいけないと思った。」、常に先を見ていた根本を行澤は「男としてああいう生き方をしたい」と言う。その後2007年からは球団編成部・プロ担当に転身した。行澤久隆 フレッシュアイペディアより)

  • 栗山巧

    栗山巧から見た中島裕之中島裕之

    は2番、1番で起用されたが、8月21日の対福岡ソフトバンクホークス戦で左前腕に死球を受け、途中交代。連続試合フルイニング出場も、パ・リーグ歴代2位の390試合で途切れた。故障の状態からシーズン中の復帰は絶望となり、翌日に登録抹消されて以降は再昇格することなくシーズンを終えた。すでに規定打席に到達していたが、打率.289に終わり、3年連続の打率3割を逃した。なお、この年より中島裕之に代わり、キャプテン(主将)となった。栗山巧 フレッシュアイペディアより)

  • 横山雄哉

    横山雄哉から見た中島裕之中島裕之

    阪神1年目の2015年には、一軍公式戦2戦目以降の登板で制球難を露呈。走者を出してからの投球に課題を残した。6月14日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では、4回裏に先頭打者・中島裕之への死球から無死満塁のピンチを招くと、ストライクが1球も入らないまま2者連続で押し出し四球を記録している。横山雄哉 フレッシュアイペディアより)

  • フリーエージェント (プロスポーツ)

    フリーエージェント (プロスポーツ)から見た中島裕之中島裕之

    初めてMLBと契約した選手は原則、上記のようにFA権取得まで少なくとも6年間を要する。しかし、特別に契約年数が切れた時点でFAになる条項を契約に盛り込む場合がある。日本プロ野球からMLBに挑戦する多くの日本人選手も、そのような条項を盛り込むことによってFA権の条件を満たさずにFAとなっている。ただし、あくまで日本など海外のリーグで実績を残した選手に対する慣例にすぎず、契約時にそのような条項を盛り込んでいないと、原則通りFA権を得るまで最低でも6年間かかる。そのような条項を入れておらず、契約満了後にFAにならなかった例として岡島秀樹がいる。また、そのような条項を入れない契約を不満として入団しなかった例として中島裕之がいる。フリーエージェント (プロスポーツ) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た中島裕之中島裕之

    優秀選手賞:中島裕之(西武) - 第1戦から2試合連続本塁打。2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た中島裕之中島裕之

    はオープン戦で16回を15失点と不調だったが、自身初の開幕投手に指名された。横浜高校の後輩でもある西武の涌井秀章と投げ合い、5回まで無安打に抑えるも7回に2被弾(中島裕之とディー・ブラウン)を浴び、逆転される。打線も1点に抑えられ、3安打2失点完投も敗戦投手となった。なお、ダルビッシュ有、岩隈久志も開幕投手として登板し完投負けを喫していたため、開幕投手が3人揃って完投負けしたこととなった。この珍事は実に50年ぶりとなる。シーズンではチーム最多の13勝を挙げ、203.2イニングを投げ完投7、無四球試合4、192奪三振、WHIPは1.02の好成績を残した。しかし、被本塁打が激増し29本を浴び、11敗を喫した。対オリックス戦では7戦7勝と抜群の相性を誇り、最終戦でも勝利し、チームをCS進出に導いた。公式戦で唯一の完封も4月17日の千葉マリンスタジアムのオリックス戦で挙げている。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た中島裕之中島裕之

    1500奪三振:2007年8月29日、対西武ライオンズ19回戦(グッドウィルドーム)、7回裏に中島裕之から ※史上49人目小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た中島裕之中島裕之

    は開幕から16試合連続無失点を記録し、例年以上の好調ぶりを見せた。この年は他の中継ぎ投手の不調でセットアッパーが固定できず、交流戦と夏場を中心に、本来の抑え投手の役目に加えてセットアッパーのポジションも兼任することとなった。結果として例年よりイニングをまたぐ登板が増え、1イニング以上の登板した試合はシーズン全体で12試合に及んだ。4月13日東京ドームでの対巨人戦で、通算セーブ数で山本和行の130セーブを抜き、歴代単独14位と球団記録を達成した。ファン投票(セ・リーグ抑え部門1位)で6年連続のオールスターゲームに選出され、第1戦の9回に登板し、里崎智也・片岡易之・中島裕之を迎えて投じた16球全て直球で、三者連続三振に仕留めた。9月5日の対広島戦で通算150セーブを達成。9月に入ると久保田の復調でイニングまたぎ登板は減ったが、制球が定まらず9月だけで2本の逆転被本塁打を打たれたり、それ以外でもピンチを招く場面がたびたびあった。この年の被本塁打はプロ入り後ワーストの7本を数え、防御率・WHIPはそれぞれ2.01と1.08で、いずれも中継ぎに定着した2005年以降では最低の数字であった。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

111件中 81 - 90件表示

「中島宏之」のニューストピックワード