179件中 91 - 100件表示
  • 中島裕之

    中島裕之から見た2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    は開幕から3番打者を務め、オールスターゲームにも選出され、一時首位打者争いに加わるなどチームの首位争いに貢献した。7月30日の楽天戦で山村宏樹から死球を受け、左第4中手骨を骨折したが予定より早い9月12日に復帰した。初の打率3割となるリーグ4位の打率.306を記録。守備では2年連続で遊撃手部門リーグ最多の16失策を記録し、同年オフの契約更改では球団初となる守備での出来高払いが設定された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た東京ドーム

    には、二軍のレギュラーに定着するとともに、イースタン・リーグ公式戦でただ1人全100試合に出場。リーグの最終規定打席へ到達するとともに、リーグ最多の安打、得点、犠飛、死球を記録した。併殺打(10本)、失策数(25失策)もリーグ最多であったが、リーグ2位の打率.299、チーム2位の11本塁打、リーグ4位の47打点という好成績を残したことから、ファームの優秀選手賞に選出。10月6日の対日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)に「5番・指名打者」としてスタメンで一軍デビューを果たすと、2回表に金村曉から一軍での初安打を放つなど、一軍公式戦にも4試合へ出場した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    は第2回WBCの日本代表に選出された。1次選考選手発表の際にイチローは片岡易之・岸孝之らと共に「(選ばれれば)日本代表のキーマンになる3人」と語った。大会では2番遊撃手として出場、発熱で一部の試合を欠場したが、2度目のキューバ戦でスタメンに復帰した。チームトップの打率.364、出塁率.516、7打点を記録して日本代表の大会2連覇に貢献。ペナントレースでは開幕から25試合本塁打がなかったが、6月21日のヤクルト戦で通算100本塁打を達成。オールスターゲームに選手間投票によって選出され5度目の出場。第2戦でファウルボールを観客席に突っ込んで捕球するなどしてベストプレー賞を受賞し、「守備で賞を頂けたことがうれしい」とコメント。主に3番遊撃手としてリーグで唯一全試合フルイニング出場してシーズン後半には故障した中村剛也の代わりに4番打者も経験し、2年連続3割20本塁打20盗塁(史上5人目)、自己最多の92打点、173安打で自身初の最多安打、出塁率.398で2年連続となる最高出塁率のタイトルを獲得し、2年連続でベストナインも受賞。遊撃守備では初めて守備率.980台をマーク。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た最高出塁率 (日本プロ野球)

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た四球

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た一塁手

    は開幕を一軍で迎えると、主に「4番・一塁手」としてスタメンに起用された。しかし、4月19日の対西武戦(ほっともっとフィールド神戸)2回裏の打席で内野安打を放った際に、右太もも裏を痛めて途中交代。翌日の診断で右ハムストリングの肉離れが判明したため、21日に出場選手登録を抹消された。5月8日の対楽天戦(京セラドーム大阪)で「7番・一塁手」としてスタメンで一軍に復帰したが、同月26日の対DeNA戦(横浜)開始前の昼食中にぎっくり腰を発症。試合への出場が困難になったため、翌27日に再び登録を抹消された。6月9日の対ヤクルト戦(京セラドーム大阪)で再び一軍に復帰。シーズン全体では、指名打者・三塁手・遊撃手にも起用されながら、一軍公式戦117試合の出場でパ・リーグの最終規定打席に到達したが、10本塁打、46打点、打率.240という成績に終わった。なお、シーズン終盤の9月にはファッションモデルの相沢紗世と結婚。シーズン終了後には、10月15日に結婚と相沢による第1子(女児)の出産、11月27日に「中島 宏之」への登録名変更を相次いで球団から発表している。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たロースター (MLB)

    はスプリングトレーニングで無安打が続き、バッティングフォームをオープンスタンスに変更するなどしたが、9試合ぶりの安打である一塁内野安打を打った直後に左太もも裏を損傷。その後の試合は全て欠場し、結局17試合の出場で打率.167、出塁率.286、本塁打なし、2盗塁、遊撃守備で4失策を喫してスプリングトレーニングが終わり、3月30日に15日間の故障者リスト入りして開幕を迎えた。5月3日にはAAA級サクラメント・リバーキャッツの公式戦に出場したが、翌日に左太ももの痛みが再発し再検査を受けることが発表され、23日に25人枠から外れる。AAA級では遊撃手の他に三塁手と二塁手でも起用され、6月7日のツーソン戦まで10試合連続安打を記録し、前半戦は52試合の出場で打率.279、4本塁打、OPS.729、2盗塁の成績を記録したが、8月16日に40人枠から外れる。後半戦は38試合の出場で打率.289、本塁打なし、OPS.652、1盗塁の成績で、2013年シーズン成績は、打率.283、4本塁打、OPS.698でチーム平均OPS.776を大きく下回る。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た死球

    には、二軍のレギュラーに定着するとともに、イースタン・リーグ公式戦でただ1人全100試合に出場。リーグの最終規定打席へ到達するとともに、リーグ最多の安打、得点、犠飛、死球を記録した。併殺打(10本)、失策数(25失策)もリーグ最多であったが、リーグ2位の打率.299、チーム2位の11本塁打、リーグ4位の47打点という好成績を残したことから、ファームの優秀選手賞に選出。10月6日の対日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)に「5番・指名打者」としてスタメンで一軍デビューを果たすと、2回表に金村曉から一軍での初安打を放つなど、一軍公式戦にも4試合へ出場した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た野球

    出生時は右肩が母体内で引っかかるなどの難産で、担当医からは「右肩に何らかの障害が残る可能性がある」と指摘され、乳児の頃から柔らかいゴム製のボールを半ば強制的に握らされていたという。伊丹市立桜台小学校時代は投手として幼馴染みの山崎勝己とバッテリーを組み、全国大会に出場。伊丹市立天王寺川中学校では宝塚シニアに所属し、高校進学時には県外の強豪校からもスカウトされ、地元の名門である報徳学園高校を山崎と共に受験。山崎は合格したものの、中島は合格に至らなかったため、進学校ながら野球では無名の兵庫県立伊丹北高校に進学。シニアでの厳しい練習から野球に嫌気が差していたこともあり、強豪校とは違う練習環境の中で力を伸ばしていった。後に本人は「報徳に入学していたら野球を続けていなかったと思う」と述べている。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た故意四球

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて西武で背番号「3」を着けていた清原が引退を表明し、オリックス・バファローズとの最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

179件中 91 - 100件表示

「中島宏之」のニューストピックワード