141件中 91 - 100件表示
  • 中島裕之

    中島裕之から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    は第2回WBC日本代表に選出された。1次選考選手発表の際にイチローは片岡易之・岸孝之らと共に「(選ばれれば)日本代表のキーマンになる3人」と語った。大会では2番遊撃手として出場、発熱で一部の試合を欠場したが、2度目のキューバ戦でスタメンに復帰した。チームトップの打率.364、出塁率.516、7打点を記録して日本代表の大会2連覇に貢献した。ペナントレースでは開幕から25試合本塁打がなかったが、6月21日の対東京ヤクルトスワローズ戦で通算100本塁打を達成。オールスターゲームに選手間投票によって選出され5度目の出場。第2戦でファウルボールを観客席に突っ込んで捕球するなどしてベストプレー賞を受賞し、「守備で賞を頂けたことがうれしい」とコメント。主に3番遊撃手としてリーグで唯一全試合フルイニング出場してシーズン後半には故障した中村剛也の代わりに4番打者も経験し、2年連続で3割20本塁打20盗塁、自己最多の92打点、173安打で自身初の最多安打、出塁率.398で2年連続となる最高出塁率のタイトルを獲得し、2年連続でベストナインも受賞した。遊撃守備はリーグワーストタイの12失策ながら、自己最高の守備率を記録した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た中手骨

    は開幕から3番打者を務め、オールスターゲームにも選出され、一時首位打者争いに加わるなどチームの首位争いに貢献した。7月30日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で山村宏樹から死球を受け、左第4中手骨を骨折したが予定より早い9月12日に復帰した。初の打率3割となるリーグ4位の打率.306を記録。守備では2年連続で遊撃手部門リーグ最多の16失策を記録し、同年オフの契約更改では球団初となる守備での出来高払いが設定された。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たスターティングメンバー

    はFAでニューヨーク・メッツへ移籍した松井稼頭央の後釜として、7番遊撃手で初の開幕スタメンに抜擢された。その後も「正遊撃手は荷が重過ぎる」との声もある中で監督の伊東勤からスタメンで起用され、オールスターゲームにも監督推薦で初出場した。同年のパシフィック・リーグでは唯一フルイニング出場し、打率.287、27本塁打、90打点、18盗塁を記録してリーグ優勝と日本一に貢献した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たレンジファクター

    守備では下半身と地肩を活かしたプレーを特徴とする。レギュラーに定着した頃は失策数も多かったが、ゴールデングラブ賞を受賞した2008年から守備練習を増やして徐々に堅実さが加わり、2010年にはリーグ2位の守備率を記録するなど例年守備率を向上させている。一方で2010年の守備イニング1000以上の遊撃手中ワースト2位のレンジファクター4.33や両リーグの遊撃手中ワーストのUZR-19.4を記録するなど、守備範囲が狭い。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック

    第2回WBC日本代表に選出された。1次選考選手発表の際にイチローは片岡易之・岸孝之らと共に「(選ばれれば)日本代表のキーマンになる3人」と語った。大会では2番遊撃手として出場、発熱で一部の試合を欠場したが、2度目のキューバ戦でスタメンに復帰した。チームトップの打率.364、出塁率.516、7打点を記録して日本代表の大会2連覇に貢献した。ペナントレースでは開幕から25試合本塁打がなかったが、6月21日の対東京ヤクルトスワローズ戦で通算100本塁打を達成。オールスターゲームに選手間投票によって選出され5度目の出場。第2戦でファウルボールを観客席に突っ込んで捕球するなどしてベストプレー賞を受賞し、「守備で賞を頂けたことがうれしい」とコメント。主に3番遊撃手としてリーグで唯一全試合フルイニング出場してシーズン後半には故障した中村剛也の代わりに4番打者も経験し、2年連続で3割20本塁打20盗塁、自己最多の92打点、173安打で自身初の最多安打、出塁率.398で2年連続となる最高出塁率のタイトルを獲得し、2年連続でベストナインも受賞した。遊撃守備はリーグワーストタイの12失策ながら、自己最高の守備率を記録した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た送球

    は北京オリンピック野球日本代表に選出され、オールスターゲームにも4度目の出場。共に同じ遊撃手の川崎宗則、西岡剛が選出されたこともあり、オールスターゲームでは三塁手を務めたが、悪送球による失策を記録した。北京五輪では、川崎の故障によって主に遊撃手を務めた。4年ぶりに20本塁打を記録。前半戦終了時にリーグトップだった打率は後半戦に入って徐々に落ちていったが、楽天のリック・ショートと首位打者を争い、対楽天との最終戦までもつれ込んだ。結果は7毛差で及ばなかったが自己最高の打率.331を記録。最終戦後には敬遠されなかった事について「勝負してくれて嬉しかった」と語った。シーズン成績はチームトップの55四球を選び、それぞれ自己最高を更新する出塁率.410、25盗塁で、初タイトルとなる最高出塁率を獲得した。遊撃守備ではリーグ2位の12失策を記録したものの、守備率は遊撃手部門2位を記録して送球ミスも減り、ゴールデングラブ賞とベストナインを初受賞した。同年、かつて背番号3を着けていた清原が引退を表明し、対オリックス・バファローズ最終戦の日にユニフォームの交換を行なった。オフの契約更改で年俸2億円に到達。「野球をやっている以上、いろんな国の選手がいる中でやってみたいという夢はあります。メジャーに行けるような選手になりたい」と将来的なメジャーリーグ挑戦志向を明かした。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た2000年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    ドラフト会議において西武ライオンズが5位指名で交渉権を獲得し契約金4000万円、年俸600万円(金額は推定)で入団した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見たイニング

    はFAでニューヨーク・メッツへ移籍した松井稼頭央の後釜として、7番遊撃手で初の開幕スタメンに抜擢された。その後も「正遊撃手は荷が重過ぎる」との声もある中で監督の伊東勤からスタメンで起用され、オールスターゲームにも監督推薦で初出場した。同年のパシフィック・リーグでは唯一フルイニング出場し、打率.287、27本塁打、90打点、18盗塁を記録してリーグ優勝と日本一に貢献した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た最高出塁率

    最高出塁率:2回(2008 - 2009年)中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た打率

    高校まで経験のなかった遊撃手にコンバートされ、はイースタン・リーグで30試合に出場して打率.105、2安打。守備でも7失策を喫した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

141件中 91 - 100件表示

「中島裕之」のニューストピックワード