前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • 日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦

    日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    中嶋勝彦(健介オフィス)&飯伏幸太(DDTプロレスリング)組 8点日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・スープレックス

    ジャーマン・スープレックスから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    かつては圧倒的な威力を誇り、芸術的な美しさを持つ技であったことから、プロレス技の王と称されてきたが、改良を加えた派生技の発展と、受身の技術の向上に伴い、中盤の痛め技として使われることが多くなっていた。しかし近年では高山善廣のエベレストジャーマンを筆頭に、ドン・フジイのナイスジャーマン、中嶋勝彦の高角度式ジャーマン、空中で一旦タメを作る佐藤耕平の二段式ジャーマン、膝をバネにして威力を増す柿本大地など、技を磨き上げることで決め技として使用する選手も増えてきている。ジャーマン・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • 近藤修司

    近藤修司から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    また、9月17日には小島聡と対戦し敗北するも互角に渡り合い高い評価を受けた。一時は渕正信の防衛記録(14回)を抜くかと思われる勢いを見せていたが、2007年2月17日両国国技館における中嶋勝彦との防衛戦に24分25秒、ジャーマン・スープレックス・ホールドで敗れ王座から陥落。2007年7月のジュニア・ヘビー級リーグ戦では決勝でクリス・セイビンに敗れるものの、準優勝となった。近藤修司 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    その後自宅に健介オフィスを設立。新日本や全日本などのメジャーからDDT(健介そっくりのキャラクターで戦う健心(藤沢一生)とタッグを結成している)のようなインディーまで幅広い団体に出場する。妻の北斗晶をマネージャー兼プロデューサーの「鬼嫁」として、「息子」こと中嶋勝彦を交えた「健介ファミリー」ではカカア天下キャラを押し出すパフォーマンス手法を確立して、観客アピールの幅を大きく広げる。健介自身のファイトスタイルも大型レスラー相手に名勝負を展開できるまでに進化し、かつて新日本時代に散々苦しめられた『しょっぱい』というレッテルを完全に払拭することに成功した。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • 真田聖也

    真田聖也から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2007年3月13日高岡大会にて中嶋勝彦、T28を相手にデビュー(パートナーは土方隆司)。5月29日には、佐々木健介、中嶋勝彦と組み「サムライTV杯争奪トリプルアロートーナメント」で優勝し、デビュー2か月でプロ入り初のタイトルを獲得。またその準決勝でT28から逆エビ固めで勝利し、プロ入り初勝利を飾った。真田聖也 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    以後、VOODOO-MURDERSや佐々木健介、中嶋勝彦、曙、NOSAWA論外、MAZADAなどといった全日本系フリーのユニットや選手がノアマットに次々と上陸している。中には全日認定の王座を保持したままノアの大会へ出場することもある。鈴木みのる/三冠王者=2006年12月10日・日本武道館、近藤修司/世界Jr.王者=2006年11月1日・後楽園ホールなど。後述のディファカップといった、単発興行での接触もあった。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2005年11月5日、日本武道館で行われた小橋・潮?組vs佐々木健介・中嶋勝彦組という師弟タッグ対決で爆発。健介、中嶋へジェラシーをぶつけ、果敢に挑んでいったが、健介のラリアットで潮?が敗れた。試合後は礼は行ったものの、悔しさのあまり健介との握手は拒否した。同月11-15日、小橋・秋山と共にヨーロッパへ初遠征。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • 浪口修

    浪口修から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    スペルクレイジーを師匠にルチャのムーブを覚え、ますます波にのる。2004年12月の打ち上げ興行で、不動力也から生涯初のピンフォールを奪う。2005年8月24日、WWA世界ジュニア・ライトヘビー級選手権にてフェロッソよりドリームキャッチにて勝利し、見事チャンピオンとなるも、同月31日、奮闘むなしく中嶋勝彦のジャーマン・スープレックス・ホールドに敗れ王座陥落。現在も高西翔太にフォールを奪われる、プロレスリング・ノア所属の若手・青木篤志に良いところ少なく連敗するなどスランプが続いている。浪口修 フレッシュアイペディアより)

  • X-1 (総合格闘技)

    X-1 (総合格闘技)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    15歳での総合格闘技デビュー戦となる中嶋勝彦の対戦相手として当初はリキッド・ロブが予定されていたが、ロブの負傷のため対戦相手がジェイソン・"ゴールデンボーイ"・レイに変更された。X-1 (総合格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • フロント・ネックチャンスリー

    フロント・ネックチャンスリーから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    フロント・ネックチャンスリーの体勢から、相手の首を支点にして後方へブリッジし投げる技である。日本マット界でこの技を初公開したのは、強豪として有名だったベテラン、元世界王者のサンダー・ザボーであり、昭和38年、来日したザボーとの対戦で、猪木はこの技でピンフォールを取られている。その後、東京プロレス時代のアントニオ猪木がアントニオ・ドライバーという名称で使用していた。他の使い手としては、中嶋勝彦やアンドレ・ザ・ジャイアントらの名前がしばしば挙げられる。アンドレの場合は後記のハーフハッチに近い投げ方で、自身は完全に反り返らずに捻りを加えて半身の状態で仕掛けていた。フロント・ネックチャンスリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード