前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • BRAVE (プロレス)

    BRAVE (プロレス)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2月25日後楽園大会、中嶋勝彦が持つGHCジュニアヘビー級王座に石森が挑戦したが右ハイキックで敗れた。BRAVE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド・リング (プロレス)

    ダイヤモンド・リング (プロレス)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    一方、日本の男性プロレスラー史上最年少でデビュー(当時)した中嶋勝彦は、3ヶ月間健介宅に居候しながら入団先を探すことになっていたが、本人が健介のもとでの修行継続を希望したため、2004年に健介、中嶋、北斗という3人のユニットが結成されることとなった(健介オフィスの誕生)。健介と北斗は夫婦仲が良いことで知られていた上、中嶋の年齢が健介夫婦と大きく離れていたこと、中嶋が母子家庭で育ったことなどもあり、このユニットは「家族」のギミック(北斗の「鬼嫁」ギミック、健介の「父親」ギミック、中嶋の「健介の義理の息子」ギミック)を採用。「健介ファミリー」との通称を得て、活動の舞台もバラエティー番組などに広がっていった。そのバラエティ番組もこれまで健介と北斗の夫婦(時には息子2人も)や北斗単体での出演実績があるが、2009年12月11日放送のTBSの番組「ぴったんこカン・カン」で地元の埼玉と道場を紹介する番組として出演していた。ダイヤモンド・リング (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 近藤修司

    近藤修司から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    また、9月17日には小島聡と対戦し敗北するも互角に渡り合い高い評価を受けた。近藤は一時は渕正信の防衛記録(14回)を抜くかと思われる勢いを見せていたが、2007年2月17日両国国技館における中嶋勝彦との防衛戦に24分25秒、ジャーマン・スープレックス・ホールドで敗れ王座から陥落。2007年7月のジュニア・ヘビー級リーグ戦では決勝でクリス・セイビンに敗れるものの、準優勝となった。近藤修司 フレッシュアイペディアより)

  • X-1 (総合格闘技)

    X-1 (総合格闘技)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    15歳での総合格闘技デビュー戦となる中嶋勝彦の対戦相手として当初はリキッド・ロブが予定されていたが、ロブの負傷のため対戦相手がジェイソン・"ゴールデンボーイ"・レイに変更された。X-1 (総合格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • 浪口修

    浪口修から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    スペルクレイジーを師匠にルチャのムーブを覚え、ますます波にのる。2004年12月の打ち上げ興行で、不動力也から生涯初のピンフォールを奪う。2005年8月24日、WWA世界ジュニア・ライトヘビー級選手権にてフェロッソよりドリームキャッチにて勝利し、見事チャンピオンとなるも、同月31日、奮闘むなしく中嶋勝彦のジャーマン・スープレックス・ホールドに敗れ王座陥落。その後も高西翔太にフォールを奪われる、プロレスリング・ノア所属の若手・青木篤志に良いところ少なく連敗するなどスランプが続く。浪口修 フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2005年11月5日、日本武道館で行われた小橋・潮?組vs佐々木健介・中嶋勝彦組という師弟タッグ対決で爆発。健介、中嶋へジェラシーをぶつけ、果敢に挑んでいったが、健介のラリアットで潮?が敗れた。試合後は礼は行ったものの、悔しさのあまり健介との握手は拒否した。同月11-15日、小橋・秋山と共にヨーロッパへ初遠征。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本大地 (プロレスラー)

    橋本大地 (プロレスラー)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2012年3月2日、『ZERO1 11周年記念大会』にて橋本大地デビュー1周年記念試合として大谷晋二郎&橋本大地vs.佐々木健介&中嶋勝彦がおこなわれた。35分近い試合の末、健介のラリアットに沈んだ大地だったが「本当に父親を教えられたような感じがした。あと3年のうちに自分でチャンスを掴みとりたい。俺の父親が近くまで行ってた天下(IWGP)捕りに行きたいと思っています!」とコメントを残した。橋本大地 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    以後はVOODOO-MURDERSや佐々木健介、中嶋勝彦、曙、NOSAWA論外、MAZADAなどといった全日本系フリーのユニットや選手がノアマットに次々と上陸している。中には全日認定の王座を保持したままノアの大会へ出場することもある。鈴木みのる/三冠王者=2006年12月10日・日本武道館、近藤修司/世界Jr.王者=2006年11月1日・後楽園ホールなど。後述のディファカップといった、単発興行での接触もあった。2008年9月28日の全日本プロレスの興行で、丸藤が土方隆司の持つ世界ジュニアヘビー級王座に挑戦してタイトルを奪取したものの、翌年カズ・ハヤシに敗れ王座から陥落した。2009年8月30日、両国国技館で開催された2009 プロレスLOVE in 両国 Vol.8に小橋と菊地が2000年6月の全日退団以来、9年ぶりに参戦。小橋、菊地、伊藤旭彦 vs 小島、KAI、大和ヒロシの6人タッグが行われた。9月27日、日本武道館で行われた三沢追悼興行に武藤が参戦し、田上と社長タッグを組み高山善廣とタッグを組んだ小橋と初遭遇した。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 璞名館

    璞名館から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2004年6月には、当時在籍していた中嶋勝彦に総合格闘技の技術を指導してもらうため、前田日明を招待し、前田日明格闘術セミナーを開催した。璞名館 フレッシュアイペディアより)

  • 飯作 あゆり

    飯作あゆりから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    短大卒業とともに競技から引退。パフォーマーに転じ、イベントやテレビ、舞台などで活躍していたが、2012年3月をもって芸能界を引退し、6月11日にはプロレスラーの中嶋勝彦と婚約を発表、8月11日に結婚披露宴がとり行われた。飯作あゆり フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード