80件中 21 - 30件表示
  • 鬼のワラ塾

    鬼のワラ塾から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    ワラ塾3号生(中嶋勝彦鬼のワラ塾 フレッシュアイペディアより)

  • 菊タロー

    菊タローから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2006年10月21日に武藤敬司、中嶋勝彦と組み、メインでVOODOO-MURDERSと試合した際、VMにマスクを剥がされ、大流血に追い込まれる。普段のお笑いを織り交ぜた試合ではなく、シリアスな試合となった。試合には負けたものの、試合後リング上で武藤と抱き合い、観客の感動を呼んだ。リベンジマッチとなった武藤・土方隆司・菊vsVMでは本来のマスクの下に怒りのマスクを被り、最後はそれぞれ三人のシャイニング・ウィザードで勝利した。菊タロー フレッシュアイペディアより)

  • 村浜武洋

    村浜武洋から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    大阪プロレスを離脱後、大阪に住むZERO1-MAX会長に誘われ、4月に靖国神社で行われた奉納プロレスを観戦、そこで健介オフィスの中嶋勝彦にタッグ結成を依頼され承諾、高岩竜一には挑発されZERO1-MAX参戦を決める。以後、数回のZERO1-MAX来場を経て5月より正式参戦、さらにZERO1-MAXを運営するファーストオンステージがプロレスリング・ノアと共催した「第2回ディファカップ」に中嶋とのタッグで参戦も1回戦敗退。タッグも事実上解消となった。村浜武洋 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    秋山準(3大会連続3度目)、杉浦貴(3大会連続3度目)、丸藤正道(2大会ぶり2度目)、マイバッハ谷口(初出場)、斎藤彰俊(3大会連続3度目)、シェイン・ヘイスト(初出場)、中嶋勝彦(ダイヤモンドリング、初出場)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    その後自宅に健介オフィスを設立。新日本や全日本などのメジャーからDDTプロレスリング(健介そっくりのキャラクターで戦う健心(藤沢一生)とタッグを結成している)のようなインディーまで幅広い団体に出場する。妻の北斗晶をマネージャー兼プロデューサーの「鬼嫁」として、「息子」こと中嶋勝彦を交えた「健介ファミリー」ではカカア天下キャラを押し出すパフォーマンス手法を確立して、観客アピールの幅を大きく広げる。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングライオン杯争奪リーグ戦

    ヤングライオン杯争奪リーグ戦から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2004年、「強くあれ〜闘魂シリーズ〜」の中の一環で10月31日に後楽園ホール、11月3日両国国技館、11月13日大阪ドームの3大会で開催。田口隆祐、後藤洋央紀、山本尚史、裕次郎、安沢明也、長尾浩志、中嶋勝彦(健介オフィス)が参加。田口は同年に開催されたヤングライオン杯争奪リーグ戦優勝者としてシード出場選手になった。結果は田口が優勝、中嶋が準優勝。田口はリーグ戦とトーナメント戦の連覇を果たした。ヤングライオン杯争奪リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • エル・サムライ

    エル・サムライから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    欠場中であった翌2008年2月、新日本プロレスを退団。フリーへ転向する。同月、全日本プロレスに登場し、NOSAWA、MAZADAから襲撃を受けていたカズ・ハヤシを救済。3月にはカズをパートナーにジュニアタッグリーグに出場。膝のケガは完治しておらず、ほぼ毎回のようにマスク剥ぎに遭うものの、なんとか決勝まで持ち越し、優勝決定戦で土方隆司&中嶋勝彦組と対戦。惜しくも準優勝という結果に終わった。エル・サムライ フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー市川

    ストーカー市川から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    またX表記ではないものの、大仁田厚、風香、菊タロー、北斗晶、中嶋勝彦、天龍源一郎などとも対戦している。ストーカー市川 フレッシュアイペディアより)

  • ドロップキック

    ドロップキックから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    相手にヒットするまでの滞空時間が長いミサイルキック。主な使用者は吉野正人、中嶋勝彦ドロップキック フレッシュアイペディアより)

  • 湯浅和也

    湯浅和也から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2005年3月6日、佐々木健介&中嶋勝彦組に勝利して新崎と共に東北タッグ王座を獲得。湯浅和也 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード