68件中 21 - 30件表示
  • 梶原慧

    梶原慧から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2010年10月、第4回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に中嶋勝彦とタッグを組んで出場。梶原慧 フレッシュアイペディアより)

  • シルバー・キング

    シルバー・キングから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2007年9月には全日本プロレスに参戦し、ジュニア離れした圧倒的な破壊力と機動力で全日本マットに旋風を巻き起こす。10月18日の代々木大会で世界ジュニア王者中嶋勝彦とのタイトルマッチが行われたが、結果は無効試合となり、その後VOODOO-MURDERSに加入した。シルバー・キング フレッシュアイペディアより)

  • 土方隆司

    土方隆司から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2007年3月、世界ジュニア王者の中嶋勝彦に挑戦表明。一度は"brother"YASSHIが挑戦権を横取りしたが、5月に遂に中嶋との王座戦が決定。しかし惜しくも敗れた。土方隆司 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングライオン杯争奪リーグ戦

    ヤングライオン杯争奪リーグ戦から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2004年は、「強くあれ~闘魂シリーズ~」の中の一環で、10月31日後楽園・11月3日両国国技館・11月13日大阪ドームの3大会で開催された。安沢明也、後藤洋央紀、田口隆祐、長尾浩志、中嶋勝彦(フリー)、山本尚史、裕次郎が参加。田口は同年に開催されたヤングライオン杯争奪リーグ戦優勝者としてシード出場となった。結果は、田口が優勝、中嶋が準優勝。田口はリーグ戦とトーナメント戦の連覇を果たした。ヤングライオン杯争奪リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • エル・サムライ

    エル・サムライから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    欠場中であった翌2008年2月、新日本プロレスを退団。フリーランスへ転向する。同月、全日本プロレスに登場し、NOSAWA・MAZADAから襲撃を受けていたカズ・ハヤシを救済。3月にはカズをパートナーにジュニアタッグリーグに出場。膝のケガは完治しておらず、ほぼ毎回のようにマスク剥ぎに遭うものの、なんとか決勝まで持ち越し、優勝決定戦で土方隆司&中嶋勝彦組と対戦。惜しくも準優勝という結果に終わった。エル・サムライ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・セイビン

    クリス・セイビンから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2007年6月には全日本プロレスのジュニア・ヘビー級リーグ戦に出場し、決勝で近藤修司を破り優勝を果たした。8月26日両国国技館大会では、中嶋勝彦の持つ世界ジュニアヘビー級王座に挑戦したが、惜しくも敗北した。クリス・セイビン フレッシュアイペディアより)

  • テリー・ファンク

    テリー・ファンクから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2005年8月4日、「WRESTLE-1 スペシャルタッグマッチ」にて同じく往年のスター選手ミル・マスカラスとコンビを組み、若手選手の本間朋晃&中嶋勝彦組に勝利。テリー・ファンク フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    秋山準(3大会連続3度目)、杉浦貴(3大会連続3度目)、丸藤正道(2大会ぶり2度目)、マイバッハ谷口(初出場)、斎藤彰俊(3大会連続3度目)、シェイン・ヘイスト(初出場)、中嶋勝彦(初出場)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 回転SUSHI

    回転SUSHIから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    罰ゲーム担当の若い衆として佐々木健介と弟子の中嶋勝彦が登場し、セットを破壊せんばかりの強力な「回し」や「ラリアット」を見せた。回転SUSHI フレッシュアイペディアより)

  • アブドーラ・ザ・ブッチャー

    アブドーラ・ザ・ブッチャーから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    武藤敬司社長体制になってからも参戦している。2002年にはテリーとのタッグが実現。2003年には武藤やボブ・サップらと「チームW-1」を結成し、RO&Dと闘った。自身と同じくプロレス・格闘技の枠を越えて人気者となったサップを非常に気に入っており、インタビュー等ではしばしば「私の息子だ」と語っている。WRESTLE-1では2度にわたり「SATA...yarn」こと佐竹雅昭と対戦し、いずれもフォール勝ち。2005年のW-1では中嶋勝彦からも勝利を奪い、健在ぶりを見せつけた。アブドーラ・ザ・ブッチャー フレッシュアイペディアより)

68件中 21 - 30件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード