68件中 41 - 50件表示
  • 大和ヒロシ

    大和ヒロシから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    若手ながらも奮闘し、土方隆司、中嶋勝彦組、NOSAWA論外、MAZADA組から大金星をあげる。大和ヒロシ フレッシュアイペディアより)

  • 太陽ケア

    太陽ケアから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    それから波に乗り、みのると共に武藤、ドーリングの持つ世界タッグ王座への挑戦を表明。その査定試合として元アジアタッグ王者の佐々木健介、中嶋勝彦の親子タッグと激突しこれに勝利。世界タッグ王座挑戦が決定した。太陽ケア フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー大塚

    アレクサンダー大塚から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    高校時代の先輩である新崎人生とのタッグ時に開発した合体技。相手を後ろからホールドした大塚ごとジャーマン・スープレックスで投げ捨てる。2人分の力で投げられる相手はかなり危険な角度で落ち、まさに一撃必殺。後に佐々木健介と中嶋勝彦のタッグ(ただし、名称は「鬼嫁殺し3」)と、潮崎豪と谷口周平のタッグもこの合体技を使用している。アレクサンダー大塚 フレッシュアイペディアより)

  • KAI (プロレスラー)

    KAI (プロレスラー)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    その後、大和とのタッグでジュニア・タッグリーグ戦に出場。若手ながらも奮闘し、土方隆司、中嶋勝彦組、NOSAWA論外、MAZADA組から大金星をあげる。KAI (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー市川

    ストーカー市川から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    またX表記ではないものの、大仁田厚、風香、菊タロー、北斗晶、中嶋勝彦、天龍源一郎などとも対戦している。ストーカー市川 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド・リング (プロレス)

    ダイヤモンド・リング (プロレス)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    一方、日本の男性プロレスラー史上最年少でデビュー(当時)した中嶋勝彦は、3ヶ月間健介宅に居候しながら入団先を探すことになっていたが、本人が健介のもとでの修行継続を希望したため、2004年に健介・中嶋・北斗という3人のユニットが結成されることとなった(健介officeの誕生)。健介と北斗は夫婦仲が良いことで知られていた上、中嶋の年齢が健介夫婦と大きく離れていたこと、中嶋が母子家庭で育ったことなどもあり、このユニットは「家族」のギミック(北斗の「鬼嫁」ギミック、健介の「父親」ギミック、中嶋の「健介の義理の息子」ギミック)を採用。「健介ファミリー」との通称を得て、活動の舞台もバラエティー番組などに広がっていった。そのバラエティ番組もこれまで健介・北斗の夫婦(時には息子2人も)や北斗単体での出演実績があるが、2009年12月11日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBSテレビ)で地元の埼玉と道場を紹介する番組として出演していた。ダイヤモンド・リング (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • BRAVE (プロレス)

    BRAVE (プロレス)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2月25日後楽園大会、中嶋勝彦が持つGHCジュニアヘビー級王座に石森が挑戦したが右ハイキックで敗れた。BRAVE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 関本大介

    関本大介から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    5月5日の大会にて、DDTの柿本大地とのタッグで、佐々木健介・中嶋勝彦と対戦。関本大介 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木修 (作曲家)

    鈴木修 (作曲家)から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    「POWER」 佐々木健介の旧テーマ(現在は弟子の中嶋勝彦が引継ぎ使用)鈴木修 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • 世界最強タッグ決定リーグ戦

    世界最強タッグ決定リーグ戦から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    カズ・ハヤシ&中嶋勝彦組 5点世界最強タッグ決定リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード