80件中 51 - 60件表示
  • フジタ"Jr"ハヤト

    フジタ"Jr"ハヤトから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2004年12月3日、みちのくプロレス後楽園ホール大会のメインイベントでフジタ"Jr"ハヤトとして対中嶋勝彦戦でデビュー。フジタ"Jr"ハヤト フレッシュアイペディアより)

  • ダゼー・ファンク Jr.

    ダゼー・ファンク Jr.から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2017年3月、アニマル・ウォーリアーやプロレスリング・ノアの丸藤正道、中嶋勝彦のトークイベントにゲストとして参加。ダゼー・ファンク Jr. フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    10月23日、中嶋勝彦とのGHCヘビー戦に敗れ、王座から陥落。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 福島善成

    福島善成から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    怪力の持ち主であり、腕力でフライパンやパイナップルなどをつぶしたりすることができる。『浜ちゃんと!』の『NHKとくぎ自慢』ではコミック雑誌を0.5秒で破り、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の『ムダ・ベストテン』では腕相撲でなかやまきんに君や小杉竜一(ブラックマヨネーズ)に勝利したほど。さらにはK-1ファイターのピーター・グラハムには負けたもののプロレスラーの中嶋勝彦に勝ったこともある。その当時の芸人の先輩ほいっとに(現:コウ・コスギ(アームレスリング選手))の教えを受けていた。ちなみに母親も怪力であり、福島が中学生の時に腕立て伏せを300回出来るほどの腕力であったのにも関わらず母親には腕相撲で勝てなかった他、フライパン潰しが出来る。福島善成 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    正式名称は不明。相手の前面に立ち、左腕で相手の首を下から捕らえ、相手の左腕を背中に回してから下側から自分の右腕で手首を掴む(自分の手の置き方が上下逆だが、要するにチキンウイング、もしくは「魔神風車固め」の体勢から、後ろに反り投げない形)。この状態に固めてから相手を担ぎ上げ垂直に落とす。今のところKENTA戦以降使われていなかったが、2014年7月の中嶋勝彦とのGHCヘビー級戦で久々に使用した。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 関本大介

    関本大介から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    5月5日の大会にて、DDTの柿本大地とのタッグで、佐々木健介・中嶋勝彦と対戦。関本大介 フレッシュアイペディアより)

  • 日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦

    日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    中嶋勝彦(健介オフィス)&飯伏幸太(DDTプロレスリング)組 8点日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 真田聖也

    真田聖也から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2007年3月13日高岡大会にて中嶋勝彦、T28を相手にデビュー(真田のパートナーは土方隆司)。5月29日には、佐々木健介、中嶋と組み「サムライTV杯争奪トリプルアロートーナメント」で優勝し、デビュー2か月でプロ入り初のタイトルを獲得。またその準決勝でT28から逆エビ固めで勝利し、プロ入り初勝利を飾った。真田聖也 フレッシュアイペディアより)

  • 宮原健斗

    宮原健斗から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    その後、起田とともに全日本プロレス、プロレスリング・ノアのシリーズに参加。ノアのジュニア・タッグリーグ戦には、丸藤正道とのタッグで出場した。負け試合が続き、丸藤からも多数のダメ出しをされたが、団体の先輩である中嶋勝彦との試合では、リングアウトながら中嶋から勝ちを収めた。宮原健斗 フレッシュアイペディアより)

  • The Mighty Don't Kneel

    The Mighty Don't Kneelから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    グローバル・タッグ・リーグ戦2013年大会の4月21日大阪府立体育会館における佐々木健介&中嶋勝彦との公式戦で初披露。ヘイストのマイキー・ボム(ブルー・サンダー)とシェインのボム・バレー・デスの合体技。名称もブルー・サンダーとボム・バレー・デスの合成。The Mighty Don't Kneel フレッシュアイペディアより)

80件中 51 - 60件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード