68件中 51 - 60件表示
  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    高嶋達彦(中嶋勝彦ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 倉持 明日香

    倉持明日香から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    その他、中邑真輔(新日本プロレス)、佐々木健介・北斗晶夫妻と中嶋勝彦(ダイヤモンド・リング)のファンでもある。ちなみに、間下隼人(リアルジャパンプロレス)は倉持の熱狂的ファンである。倉持明日香 フレッシュアイペディアより)

  • WJプロレス

    WJプロレスから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    総合格闘技イベントPRIDEが人気を博していたことを背景に、興行の不振の打開策として9月6日総合格闘技イベント「X-1」開催。中嶋勝彦が異例の若さでプロ格闘技デビューすることもあって一定の注目を集めた。しかし、レフリーや選手が未熟でレベルが低かったことから観客から酷評された。さらに金網マッチ中に金網が外れ、スタッフが手で金網を押さえて試合を続行する事態となり、観客の失笑を買うこととなった。WJプロレス フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧介

    石井慧介から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    憧れの選手は多数いるが、プロレスリング・ノア所属のKENTAや健介office所属の中嶋勝彦を挙げている。石井慧介 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    通常の興行は、橋本真也が率いるZERO-ONEとの対抗戦後、TAKAみちのく率いるRO&Dが参戦。その後、TARU率いるVOODOO-MURDERS、佐々木健介・中嶋勝彦(健介office)や、鈴木みのる、NOSAWA論外、MAZADA、TAKEMURA、再び全日本リングに参戦している高山善廣に太陽ケアを加えたGURENTAIの定期参戦、元大阪プロレスの菊タロー、K-1から曙らの参戦により、新たなファン層の獲得にも成功した。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • DRAGON GATE

    DRAGON GATEから見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    健介オフィス旗揚げ前に佐々木健介、中嶋勝彦、北斗晶が頻繁に参戦し、佐々木はフロリダ・ブラザーズのメンバー“ケンスキー佐々木”として、中嶋はFinal M2Kの助っ人として、北斗晶は佐々木のセコンドやストーカー市川とのコメディマッチが定番だった。DRAGON GATE フレッシュアイペディアより)

  • 船木誠勝

    船木誠勝から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    1985年3月3日、後藤達俊戦で当時史上最年少の15歳11か月でデビュー(現在の最年少記録は中嶋勝彦の15歳9か月)。船木誠勝 フレッシュアイペディアより)

  • 新崎人生

    新崎人生から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    高校時代の後輩であるアレクサンダー大塚とのタッグ時に開発した合体技。相手を後ろからホールドした大塚ごとジャーマン・スープレックスで投げ捨てる。2人分の力で投げられる相手はかなり危険な角度で落ち、まさに一撃必殺。後に佐々木健介と中嶋勝彦のタッグ(ただし、名称は「鬼嫁殺し3」)と、潮崎豪と谷口周平のタッグもこの合体技を使用している。新崎人生 フレッシュアイペディアより)

  • 飯伏幸太

    飯伏幸太から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    前年に引き続き日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に中嶋勝彦と組んで参戦。リーグ最終日まで優勝の可能性のある3チームに残る好成績。しかし最終日にブリスコ兄弟に負けたため、決勝戦には出られなかった。飯伏幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木鼓太郎

    鈴木鼓太郎から見た中嶋勝彦中嶋 勝彦

    2010年9月18日の大阪大会における8人タッグマッチにおいて、金丸へのエルボー誤爆によりディスオベイを強制離脱。袋叩きの状況を小川良成によって助け出され、以後は小川と共闘。10月30日、潮崎豪・小川と共に新ユニット「潮崎軍」を結成する。そして12月5日、日本武道館においてV7を目指した因縁の金丸を14分49秒・タイガードライバーで仕留め、念願のGHCジュニア王座を獲得。その後、2011年に入ってエドワーズ・平柳・中嶋・石森・マルビン・ストロング・金丸を退けて7度の防衛に成功している。鈴木鼓太郎 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード