前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た北斗晶北斗 晶

    2004年4月より健介officeに所属。以後は健介ファミリーの「息子」というギミックを得て、佐々木の付き人をこなしつつ、各団体へも参戦した。試合を重ねるにつれ個人の評価も上がり、単独参戦も増加。なお、当時中嶋が上がるリングは「必ず保険を団体もしくは主催興行会社が掛けてくれること」を最低条件として北斗晶が交渉した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たザ・グレート・サスケザ・グレート・サスケ

    2004年6月19日、みちのくプロレス札幌大会に参戦、プロレスのキャリア半年でザ・グレート・サスケを破り、シングルマッチ初勝利を飾る。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た天龍源一郎

    その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006年2月11日、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、佐々木・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た飯伏幸太

    2008年8月、第2回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に飯伏幸太とタッグを組んで出場。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たテリー・ファンク

    その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006年2月11日、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、佐々木・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たKENTA

    2009年2月11日、GHCジュニアヘビー級選手権でKENTAを下し、第17代GHCジュニアヘビー級王者となった。3月1日、初防衛戦でKENTAと再戦し、KENTAにリベンジを達成され王座から陥落した。7月には、日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に宮原健斗とタッグを組んで出場。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たアブドーラ・ザ・ブッチャー

    その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006年2月11日、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、佐々木・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た前田日明

    5歳から母子家庭で育った。小学校3年生より璞名館で空手を始め、中学1年生の時に全国空手道大会(極真会館松井派主催)で優勝。この頃前田日明の目に留まり、卒業後のリングス入団を約束されるが、それを待たずにリングスは解散となった。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た佐々木健介佐々木 健介

    佐々木健介と北斗晶の得意技。佐々木健介デビュー20周年記念興行と近藤とのジュニアヘビー級王座戦で使用。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た小橋建太

    その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006年2月11日、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、佐々木・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード