前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た佐々木健介

    佐々木健介と北斗晶の子供たちからは「かつにい」と呼ばれ慕われた。リング上では負けん気が強く、喜怒哀楽を表すファイトぶりを見せる。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た丸藤正道

    8月4日、ノアの旗揚げ記念大会で第五試合終了後、丸藤正道率いるBRAVEに加入したいという意思を伝える。その場では加入は認められなかったが、この大会後からBRAVE加入のために試合でアピールを続ける。その後、8月24日にモハメド・ヨネとのシングルマッチを行い、試合後に晴れてBRAVEに正式加入した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た鈴木みのる

    ノア入団後の2016年1月よりGHCヘビー級王者の杉浦貴への挑戦を狙うつもりでいた。しかし、王者・杉浦への挑戦の条件として鈴木軍から鈴木みのるとのシングル戦の勝利(敗北の場合は鈴木軍加入)が提示された。2月24日後楽園ホール大会のメインイベントで鈴木とシングル戦を行い、垂直落下式ブレーンバスター(この後、「ヴァーティカル・スパイク」と命名)で鈴木を撃破し、3月19日の後楽園ホール大会で杉浦への挑戦が決定したが敗北した。7月、新日本プロレスのG1 CLIMAXにも初参戦。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たザ・グレート・サスケ

    2004年6月19日、みちのくプロレス札幌大会に参戦しプロレスのキャリア半年でザ・グレート・サスケを破り、シングルマッチ初勝利を飾った。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た飯伏幸太

    8月、第2回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に飯伏幸太とタッグを組んで出場する。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た北斗晶

    佐々木健介と北斗晶の子供たちからは「かつにい」と呼ばれ慕われた。リング上では負けん気が強く、喜怒哀楽を表すファイトぶりを見せる。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た天龍源一郎

    その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006年2月11日、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、健介・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た小林健太

    2009年2月11日、GHCジュニアヘビー級選手権でKENTAを下し、第17代GHCジュニアヘビー級王者となった。3月1日、初防衛戦でKENTAと再戦しKENTAにリベンジを達成され王座から陥落した。7月には日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に宮原健斗とタッグを組んで出場する。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たテリー・ファンク

    その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006年2月11日、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、健介・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た金丸義信

    垂直落下式ブレーンバスターと同型。現在の中嶋のメイン・フィニッシュ・ホールド。元々、後述の垂直落下旋回式ブレーンバスターを「ツイスター」の名称で使用していたが、当時、ノアで金丸義信が同じ技を「タッチアウト」の名称で使用していた為、旋回せずに決める通常型の垂直落下式ブレーンバスターをフィニッシュに切り替えた。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード