60件中 31 - 40件表示
  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たプロレス

    2002年12月、長州力率いるWJプロレスにスカウトされ入団。親孝行したいというのが入団の動機であった。2003年9月、WJ主催の総合格闘技興行X-1でプロデビューを飾り、金網バーリトゥード戦でジェイソン・"ゴールデンボーイ"・レイに勝利する。2004年1月、後楽園ホールの石井智宏戦でプロレスデビュー。このとき15歳9か月であり、男子では史上最年少デビューのプロレスラーとなった。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た高等学校

    2006年に定時制高校に入学した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た2009年

    2009年2月11日、GHCジュニアヘビー級選手権でKENTAを下し、第17代GHCジュニアヘビー級王者となった。3月1日、初防衛戦でKENTAと再戦し、KENTAにリベンジを達成され王座から陥落した。7月には、日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に宮原健斗とタッグを組んで出場。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たみちのくプロレス

    2004年6月19日、みちのくプロレス札幌大会に参戦、プロレスのキャリア半年でザ・グレート・サスケを破り、シングルマッチ初勝利を飾る。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たDRAGON GATE

    2005年3月、DRAGON GATEに佐々木と共に参戦。同年12月、健介officeの法人化に伴い正式に健介officeに入団し、道場長に就任。健介ファミリーを名乗り始めた頃は、3か月の期間限定の所属で、自分の所属団体を見つけてファミリーから巣立つ構想であったが、結局は健介ファミリーが自分の居場所であるという考えに至って、佐々木・北斗らと活動することとなった。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たダイヤモンド・リング (プロレス)

    中嶋 勝彦(なかじま かつひこ、1988年3月11日 - )は、日本の男性プロレスラー。DIAMOND RING所属。福岡県福岡市出身、愛知県江南市育ち。妻は元新体操選手・元タレントの飯作あゆり。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た総合格闘技

    2002年12月、長州力率いるWJプロレスにスカウトされ入団。親孝行したいというのが入団の動機であった。2003年9月、WJ主催の総合格闘技興行X-1でプロデビューを飾り、金網バーリトゥード戦でジェイソン・"ゴールデンボーイ"・レイに勝利する。2004年1月、後楽園ホールの石井智宏戦でプロレスデビュー。このとき15歳9か月であり、男子では史上最年少デビューのプロレスラーとなった。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た世界ジュニアヘビー級王座

    2007年2月11日、健介オフィス旗揚げ興行で佐々木とシングル初対決。2007年2月17日、近藤修司を破り、世界ジュニアヘビー級王座を奪取。18歳11か月での獲得は同王座最年少記録となった。2008年3月1日、シルバー・キングに敗北し世界ジュニアヘビー級王者から陥落した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た極真会館

    5歳から母子家庭で育った。小学校3年生より璞名館で空手を始め、中学1年生の時に全国空手道大会(極真会館松井派主催)で優勝。この頃前田日明の目に留まり、卒業後のリングス入団を約束されるが、それを待たずにリングスは解散となった。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見たクイズ!紳助くん

    クイズ!紳助くん(朝日放送系関西ローカル)中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード