80件中 61 - 70件表示
  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たプロレス大賞

    その間に初代タイガーマスクとシングル、テリー・ファンク、ミル・マスカラス、アブドーラ・ザ・ブッチャーともタッグで対戦。2006年2月11日、健介officeの自主興行・佐々木健介デビュー20周年記念興行で天龍源一郎と組み、健介・小橋建太組とタッグマッチで対戦した。2004年度のプロレス大賞・新人賞、2005年度は敢闘賞を受賞した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た日本

    中嶋 勝彦(なかじま かつひこ、1988年3月11日 - )は、日本のプロレスラー。福岡県福岡市出身、愛知県江南市育ち。元新体操選手・元タレントの飯作あゆりは妻。プロレスリング・ノア所属。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見た横浜文化体育館

    10月5日、横浜文化体育館において、KENTAの保持するGHCヘビー級王座に初挑戦し壮絶な打撃戦を展開したが、最後はgo2sleepに敗れた。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たG1 CLIMAX

    ノア入団後の2016年1月よりGHCヘビー級王者の杉浦貴への挑戦を狙うつもりでいた。しかし、王者・杉浦への挑戦の条件として鈴木軍から鈴木みのるとのシングル戦の勝利(敗北の場合は鈴木軍加入)が提示された。2月24日後楽園ホール大会のメインイベントで鈴木とシングル戦を行い、垂直落下式ブレーンバスター(この後、「ヴァーティカル・スパイク」と命名)で鈴木を撃破し、3月19日の後楽園ホール大会で杉浦への挑戦が決定したが敗北した。7月、新日本プロレスのG1 CLIMAXにも初参戦。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たリングス

    5歳から母子家庭で育った。小学校3年生より璞名館で空手を始め、中学1年生の時に全国空手道大会(極真会館松井派主催)で優勝する。この頃前田日明の目に留まり、卒業後のリングスへ入団を約束されるがそれを待たずにリングスは解散となった。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たすね

    片足を振り上げ、すね辺りで相手の頭部などの上半身を蹴りつけるキック。現在の中嶋のフィニッシュ・ホールドとしての使用頻度も高い。「戦慄の蹴撃」の異名の元になった技。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たギミック (プロレス)

    2004年4月より健介officeに所属する。以後中嶋は健介ファミリーの「息子」というギミックを得て、健介の付き人をこなしつつ各団体へも参戦した。試合を重ねるにつれ個人の評価も上がり、単独参戦も増加していった。なお、当時中嶋が上がるリングは「必ず保険を団体もしくは主催興行会社が掛けてくれること」を最低条件として健介の妻の北斗晶が交渉した。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たWJプロレス

    2002年12月、中嶋は長州力率いるWJプロレスにスカウトされ入団、親孝行したいというのが入団の動機であった。2003年9月、WJ主催の総合格闘技興行X-1でプロデビューを飾り、金網バーリトゥード戦でジェイソン・"ゴールデンボーイ"・レイに勝利する。2004年1月、後楽園ホールの石井智宏戦でプロレスデビューした。中嶋はこのとき15歳9か月であり、男子では史上最年少デビューのプロレスラーとなった。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たフィニッシュ・ホールド

    垂直落下式ブレーンバスターと同型。現在の中嶋のメイン・フィニッシュ・ホールド。元々、後述の垂直落下旋回式ブレーンバスターを「ツイスター」の名称で使用していたが、当時、ノアで金丸義信が同じ技を「タッチアウト」の名称で使用していた為、旋回せずに決める通常型の垂直落下式ブレーンバスターをフィニッシュに切り替えた。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋勝彦

    中嶋勝彦から見たクイズ$ミリオネア

    クイズ\$ミリオネア (フジテレビ:(健介のサポーターとして)中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

80件中 61 - 70件表示

「中嶋勝彦」のニューストピックワード