前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3695件中 1 - 10件表示
  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    3月6日 - プロ野球実行委員会が都内で開かれ、育成選手の一軍オープン戦出場を認めることになった。これによって中日と育成選手契約を結んだ中村紀洋内野手をはじめとする全育成選手のオープン戦出場が可能になった。また、4月開幕の北信越ベースボールチャレンジリーグ所属選手のドラフト会議における指名については、四国アイランドリーグ所属選手同様に取り扱うこととなった。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1月19日 - 西武が中日にフリーエージェントとして入団した和田一浩外野手の人的補償として、岡本真也投手を獲得したと発表した。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    第9回優勝者で、主に中日ドラゴンズ選手時代の落合博満のモノマネを行う。バットは応援用のカンフーバットを使用している。この他にも、第10回では広島東洋カープ時代の江夏豊、第11回では中日監督としての落合を披露するなど、レパートリーも幅広い。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    代表的な例は、元ロッテの落合博満(二塁手→三塁手→一塁手)、元大洋の山下大輔(遊撃手→二塁手)、高木豊(遊撃手→二塁手→一塁手)、元阪神の藤田平(遊撃手→一塁手)、今岡誠(遊撃手→二塁手→三塁手→一塁手)、元中日の立浪和義(遊撃手→二塁手→三塁手)、元ヤクルトの池山隆寛(遊撃手→三塁手)、元広島の野村謙二郎(遊撃手→三塁手→一塁手)、元西武の石毛宏典(遊撃手→三塁手)、元日本ハムの田中幸雄(遊撃手→一塁手)、元ダイエーの小久保裕紀(二塁手→三塁手→一塁手)など。現役選手ではヤクルトの宮本慎也(遊撃手→三塁手)、楽天の高須洋介(二塁手→三塁手)、二岡智宏(遊撃手→三塁手→一塁手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 中部日本放送

    中部日本放送から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1974年 - ラジオ番組『ばつぐんジョッキー』にて、同番組パーソナリティの板東英二の歌唱による中日ドラゴンズ応援歌『燃えよドラゴンズ!』を発表。中部日本放送 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    【NPB】セ・リーグが今季の正式な日程を発表。3月26日開幕。開幕戦は読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズ(東京ドーム)、中日ドラゴンズ対広島東洋カープ(ナゴヤドーム)、阪神タイガース対横浜ベイスターズ(京セラドーム大阪)の3試合。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 東邦高等学校

    東邦高等学校から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    水谷啓昭 - 元プロ野球選手(中日東邦高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2月14日 - 中日が自由契約となっている中村紀洋内野手をテスト生でキャンプに参加させることを表明。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    横浜ベイスターズ(→中日ドラゴンズ)の外野手・内野手。背番号は26→10(→26→7)。ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1936年2月5日には正力の働きかけもあって東京巨人軍の他、大阪タイガース、名古屋軍、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で職業野球団が結成され、日本職業野球連盟も結成されている。春には日本国内で初の職業野球リーグが開始されたが、巨人は上記のアメリカ遠征のため春季大会を欠場し夏季大会から参加。7月5日に大東京戦に勝利して、公式戦球団初勝利。この夏季大会で計2勝5敗と惨敗を喫し、9月5日より群馬県館林市の茂林寺・分福球場で緊急キャンプを張った。猛練習は「茂林寺の千本ノック」という名で知られる。1936年の秋季大会は6回の小規模リーグ戦の勝ち点制で開催され5回目のリーグ戦までリードしていたが6回目のリーグ戦で大阪に並ばれる。9月25日には沢村栄治が対大阪戦において、日本プロ野球史上初のノーヒットノーランを達成。洲崎球場で3戦制の優勝決定戦を行い、12月11日に第3戦に勝利して2勝1敗で大阪を下し公式戦初優勝球団に輝いた。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3695件中 1 - 10件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード