前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4615件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    第9回優勝者で、主に中日ドラゴンズ選手時代の落合博満のモノマネを行う。バットは応援用のカンフーバットを使用している。この他にも、第10回では広島東洋カープ時代の江夏豊、第11回では中日監督としての落合を披露するなど、レパートリーも幅広い。近年では、山本昌(第17回、第20回、第22回)、大豊泰昭(第18回、第21回)、横浜監督時代の権藤博(第18回)、楽天監督時代の星野仙一(第18回、第20回)及び野村克也(第20回)、達川光男(第19回,第22回)、小松辰雄 、中日監督時代の近藤貞雄(第21回)、八重樫幸雄(第21回、第22回)、岩瀬仁紀、加藤博一、長嶋茂雄(第22回)を披露するなど、更に幅が広がっている。第3回紅白では、大学時代に似ていると言われていたという経歴を買われ、野球関係者ではない田中康夫のモノマネでも出演した。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1月17日 - 中日ドラゴンズは新外国人選手のサンティアゴ・ラミレスとフランクリン・グラセスキの入団を発表2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • CBCテレビ

    CBCテレビから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    SAMURAI BASEBALL(中日-巨人戦、日本シリーズ) - ローカル中継のタイトルは『燃えよドラゴンズ!(西暦)』。CBCテレビ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2014

    プロ野球スピリッツ2014から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2014年から選手兼任監督の中日ドラゴンズ・谷繁元信では、選手と監督の両方プレイ可能。プロ野球スピリッツ2014 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1月12日 - 【日本】野球殿堂入りが発表され、元NPB西武ライオンズの東尾修と、元NPBロッテオリオンズ、中日ドラゴンズの江藤慎一と、元立教大学、熊谷組の古田昌幸を選出2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 友利結

    友利結から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    友利 結(ともり ゆい、1967年9月21日 - )は、沖縄県浦添市出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)・コーチ。現在は中日ドラゴンズ編成部の国際渉外担当を務めている。友利結 フレッシュアイペディアより)

  • 中日新聞社

    中日新聞社から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    プロ野球・中日ドラゴンズの親会社である。中日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    4月4日、開幕戦の対中日ドラゴンズ戦で公式戦初出場。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に開幕投手の盛田幸希の代打として登場。プロ初打席は山本昌から外野フライに終わった。4月8日、対阪神タイガース戦で田村勤からプロ入り初安打を記録。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    加藤と門田が2000本安打を達成し、藤本が15勝を挙げ台頭、山内和、山内孝と3人の二桁勝利、井上が20セーブポイントで2位、チームは前半を3位で折り返し、9月6日には首位西武に3.5ゲーム差まで迫るが、その後失速し、日本ハムに抜かれ4位に終わる。「来季から湯上谷、立浪のフレッシュ二遊間で売り出す」と球団を挙げて公言するなど、この年のドラフト会議では当時PL学園高校の主将であった立浪和義の獲得と翌年以降の湯上谷竑志・立浪の若手コンビによる二遊間形成を目論んだが、結局立浪はくじ引きで中日ドラゴンズにさらわれた形となり、この構想は幻に終わった。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4615件中 1 - 10件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード