3695件中 91 - 100件表示
  • 1994年

    1994年から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    10月8日 - プロ野球史上初の最終戦首位同率決戦中日対巨人(10.8決戦)。巨人が中日を下し1990年以来4年ぶりとなるセ・リーグ優勝。1994年 フレッシュアイペディアより)

  • 浜松球場

    浜松球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    プロ野球では中日ドラゴンズ(準本拠地だがナゴヤドームが本来のフランチャイズ)がオープン戦と公式戦を各1〜2試合、浜松で主催している。この他、1993年までは読売ジャイアンツ(巨人)がオープン戦を年1試合(不定期)、1990年から1992年には日本ハムファイターズ、1995年には西武ライオンズが公式戦をそれぞれ年1試合開催した(ただし1991年の日本ハム戦は雨天中止)。また、かつては中日が春季(1977年まで)、および秋季キャンプ(1986年まで)を開催していた。浜松球場 フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS

    J SPORTSから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    プレミアリーグなど海外サッカーは原則として当チャンネルおよびJ SPORTS 4で放送。プロ野球中継は中日ドラゴンズ戦を中心に放送する。J SPORTS フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2008年シーズンは福地がリードオフマンとして活躍。またチーム事情で三塁手だった飯原誉士が本職の左翼手に収まり躍進。空いた三塁にはチームリーダーで名手の宮本慎也がコンバートされ、遊撃には宮本の後継者として期待する川島慶三が積極的に試用された。一塁には中盤以降ファームの主砲畠山和洋が起用され結果を残した。福地が42盗塁を記録、盗塁王を獲得したのをはじめ、飯原誉士、青木宣親、川島慶三などの選手が積極的に盗塁することでチーム盗塁数が12球団最多の148を記録。投手陣は前年の勝ち頭セス・グライシンガーが退団、巨人へ移籍。獲得した外国人選手も林昌勇を除き活躍しなかったが、前年壊滅状態だった投手スタッフが積極的なメンバー入れ替え、村中恭兵、押本健彦、松岡健一など若手の台頭で整備されたことでチーム防御率も3点台に回復、最下位を脱出し5位となったが、中継ぎ左腕不在に泣いた。この盗塁、ヒットエンドラン、バントなどを積極的に多用し、終盤まで中日ドラゴンズ・広島東洋カープとクライマックスシリーズ進出争いをしていたが、終盤に大型連敗したことで最終的に5位となった。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    リーグ拡大の機運にも乗って加盟を申請したが、毎日新聞のライバル会社であった読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)・中部日本新聞社(中日ドラゴンズの親会社)が強く反発。交渉は平行線を辿り、毎日オリオンズと電鉄系を中心とした毎日オリオンズ加盟賛成派の阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスの7球団からなる太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)と毎日オリオンズ加盟反対派の読売ジャイアンツ・大阪タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズの8球団からなるセントラル野球連盟(セントラル・リーグ)が結成される「2リーグ分立騒動」に発展した(詳細はプロ野球再編問題 (1949年)を参照)。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ユニー

    ユニーから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ドアラ(中日ドラゴンズマスコットキャラクター)- 中日ドラゴンズと提携をはじめた2004年頃から実施されているドラゴンズ朝市などのTVCMに出演中ユニー フレッシュアイペディアより)

  • 山内一弘

    山内一弘から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    起工業高校では、後に中京商や中京大学監督を務める瀧正男の指導を受けていた。同校卒業後に中日ドラゴンズの入団テストを受験し合格したものの、球団の経営事情により山内を含めた数名の合格者は全員入団できなかった。その後、川島紡績(現・カワボウ)を経て、に毎日オリオンズに入団した。山内一弘 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県南部健康運動公園野球場

    徳島県南部健康運動公園野球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    整備中にナイターの平均照度が設計当初の内野750Lx・外野400Lxから、内野1500Lx・外野800Lxに変更されたことで、徳島県内で初めて硬式野球公式戦の夜間開催に対応する球場となった。これにより折りしも前年発足した野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusのナイター試合にも対応可能になった。バッテリー間は2300Lxあるとされ、プロ野球チームの中日ドラゴンズは2007年5月に視察し試合可能と判断している。なお、照度(即ち料金)は施設利用者が4段階から選択が可能。徳島県南部健康運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1954年、西鉄が開幕から11連勝で首位に立つが、途中8月中旬から9月にかけて27勝1敗とした南海に追い上げられ一時首位に立たれるなど、南海と激しい首位争いとなったが、西鉄が残り1試合となった10月11日に対阪急戦に勝利した事で、西鉄の初のパ・リーグ優勝が決定する。最終的に西鉄は90勝、南海は91勝だったが引き分け数の差で西鉄が勝率で上回った。このシーズンは2番打者豊田泰光の18本に続き、クリーンアップ全員が20本塁打(大下弘(22本)、中西太(31本)、関口清治(27本))を記録する等、チームで両リーグトップの134本の本塁打を記録。しかし、日本シリーズでは中日ドラゴンズに3勝4敗で敗れる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉の千葉ロッテマリーンズファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」と署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたりもしたが、高橋本人は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞る。ただ本人に「慶大野球部のように伸び伸びとしたチームがいい」との意向があったため、逆指名会見直前には読売新聞グループ傘下であるスポーツ報知を含めたいずれのマスコミも「ヤクルトスワローズに逆指名入団間違いなし」と報じていたが、本人の意思を超越した、周囲を巻き込みながらの壮絶な争奪戦が展開された結果、11月4日に巨人を1位で逆指名入団する。会見では笑顔が一切見られず、目には涙を浮かべていたこともあり、巨人逆指名に至るまでの経過についても終始マスコミに取り沙汰されていた。2012年3月には朝日新聞の取材により入団時の契約金が最高標準額を大幅に超える6億5千万円であったことが発覚している。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

3695件中 91 - 100件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード