3695件中 101 - 110件表示
  • 権藤博

    権藤博から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    現役引退後は、近鉄バファローズ・福岡ダイエーホークス・中日ドラゴンズで投手コーチを歴任したほか、1998年から2000年まで横浜ベイスターズの監督を務めた。権藤博 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年

    訃報 2008年から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2月28日 - 江藤愼一、中日ドラゴンズ元外野手 (* 1937年)訃報 2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    5月31日にFA権を取得。本人は「これを機に他球団の評価も聞いてみたい」と語った。6月まで5勝6敗、防御率、WHIP1.11と安定した投球を続け、オールスターゲーム出場直前の7月2日の中日戦からは負け無しの8連勝を記録。7月は4勝0敗、防御率0.84、WHIP0.78の活躍で月間MVPをチームメイトの栗原健太と共に受賞。更に8月も続けて4勝0敗、防御率1.11、WHIP0.86の活躍で月間MVPを連続受賞。球団史上初の2ヶ月連続月間MVP受賞となった。この時、「広島カープの歴史に名前を残せて嬉しい」と発言した。しかし、9月には右ひじを痛めて長期離脱。10月16日の中日戦で救援で復帰登板、プロ初セーブを記録した。この年、13勝6敗1セーブ、WHIP1.00、防御率1.85で最優秀防御率のタイトルを獲得。1点台でのタイトル獲得はの赤堀元之以来、セ・リーグではの斎藤雅樹以来の快挙となった。また、テンポの良い投球を評価されてスピードアップ賞を受賞。シーズン終盤、FA移籍の情報が各スポーツ紙を賑わせている真っ只中、長いカープの低迷と共にファンの熱も冷めてしまったと評されたファンが動き、完成させたのが広島市民球場外野席に突如現れた巨大横断幕である。それには多くのファンからのメッセージ、そして大きな文字で「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」と記されていた。更にシーズン最終登板試合には満員のファンが黒田の背番号15の赤いプラカードを掲げ球場を赤色に染め上げ、後に「あのファンの気持ちは大きかった」と述べた。この一連のエピソードは翌年7月に『誰がために〜黒田博樹物語〜』(漫画:吉原基貴、原案協力・取材:戸塚啓)として漫画化され、ヤングアニマル(白泉社)に掲載された。オフには監督のマーティ・ブラウンの奨めで渡米し右肘関節のクリーニング手術(数か月で投球可能となる軽い手術)を行った。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    谷繁 元信(たにしげ もとのぶ、1970年12月21日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(捕手)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    山? 武司(やまさき たけし、1968年11月7日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。愛知県知多市出身。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 起亜タイガース

    起亜タイガースから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズ、前身のヘテ時代に在籍。詳細は本人の項目を参照。起亜タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 田尾 安志

    田尾安志から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    田尾 安志(たお やすし、1954年1月8日 - )は、大阪府大阪市西区出身(香川県三豊市生まれ)の元プロ野球選手(外野手)・監督・野球解説者。現役時代は中日ドラゴンズ、西武ライオンズ、阪神タイガースに在籍し、現役引退後は東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督を務めた。田尾安志 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ボーグルソン

    ライアン・ボーグルソンから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    は開幕から先発ローテーション入りし、途中右肩の故障で二軍に降格したが、7月下旬には復帰して最終的には7勝6敗の成績を残した。また、投手としては打撃力のある所を見せ、4月12日の中日ドラゴンズ戦で川上憲伸からこの年の投手第1号、投球回数リーグ上位30人の中では唯一となる本塁打を放ち、インタビューで「打てる機会があればまた打っていきたい」と話した。投手としては中日ドラゴンズ戦では2勝0敗、防御率3.15、WHIP1.28と良い投球を見せ、東京ヤクルトスワローズ戦でも防御率3.18、WHIP1.69ながら4勝を挙げたものの、読売ジャイアンツ戦では3試合に登板して防御率8.31、WHIP1.69と打ち込まれ、広島東洋カープ戦には3度登板していずれも敗戦投手となるなど相性が極端で、シーズン終盤の9月には4試合に先発していずれも5回もたず降板するなど不安定な面も見せた。オフには年俸9,000万円の1年契約で契約を延長。ライアン・ボーグルソン フレッシュアイペディアより)

  • 高木守道

    高木守道から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    現役時代は中日ドラゴンズで活躍し、引退後はコーチ・監督を歴任した。2007年1月より、中日ドラゴンズOB会会長。2012年より中日ドラゴンズの監督を務める。高木守道 フレッシュアイペディアより)

  • ダブルヘッダー

    ダブルヘッダーから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    セ・リーグでは1998年10月10日、横浜対中日(横浜):第1試合横浜2?1中日、第2試合中日5?4横浜ダブルヘッダー フレッシュアイペディアより)

3695件中 101 - 110件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード