4615件中 101 - 110件表示
  • 二岡智宏

    二岡智宏から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    はシーズン序盤から右手親指の故障に苦しみ、118試合に出場したものの規定打席には大きく届かなかったが、シーズン後半には優勝争いをしていたチームに復帰し、7月16日の対ヤクルト戦でサヨナラ本塁打を打ったほか、9月24日の対中日戦では巨人のセントラル・リーグ優勝を決めるサヨナラ本塁打を打った。二岡智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 辻発彦

    辻発彦から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    辻 発彦(つじ はつひこ、1958年10月24日 - )は、佐賀県小城市牛津町出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)。愛称はハツ、はっちゃん。二塁手として歴代最多となる8度のゴールデングラブ賞を受賞している。8月9日より中日ドラゴンズ一軍作戦兼守備コーチを務め、2017年からは埼玉西武ライオンズの一軍監督。辻発彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ドラフトに際しては中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ、広島東洋カープを除く9球団の激しい争奪戦が繰り広げられる。高橋の出身地である千葉市を本拠地とする千葉ロッテマリーンズのファンが「高橋君にロッテへの逆指名入団を」との署名運動を繰り広げ、数万人の署名を集めたが高橋は志望球団をヤクルトスワローズ、西武ライオンズ、読売ジャイアンツの3球団に絞り、11月4日に巨人を1位で逆指名し入団した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • TOKYO MX STADIUM

    TOKYO MX STADIUMから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    大学野球中継はその後打ち切られたため、放送対象はプロ野球公式戦と高校野球大会だけとなり、2007年からは阪神戦とソフトバンク戦の他に、明治神宮野球場で行われる東京ヤクルトスワローズ主催試合(主に対中日ドラゴンズ戦、三重テレビとぎふチャンへもネット)の自社制作放送という陣容となる。なお、2006年以降の東京ヤクルト主催公式戦の自社制作は、対中日戦を年2、3試合程度放送で三重テレビとぎふチャンにネットするという放送形式でほぼ固定されていた。TOKYO MX STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜放送ラジオ局

    岐阜放送ラジオ局から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    プロ野球シーズン中のナイター中継 は、主にRF制作の巨人戦を中心に編成しているが、中日主催ゲーム(巨人戦以外の場合含む)については、中日のお膝元でありながらも放送権などの問題で中継されておらず、その場合は自主制作の音楽番組に振り替えている(野球中継(主に中日ドラゴンズ戦)についても参照)。ただし、日本シリーズは放送される(主催者は中日球団でなく日本野球機構となるため)。また、radiko開始後は東海3県の巨人ファンを狙い、radikoTOPページのバナーには「ジャイアンツ戦聞くならぎふチャン!」と大きくアピールすると共に、読売新聞にも広告を出すなどの積極的な広報活動も行っている(同局が岐阜新聞以外に広告を出すのはきわめて異例)。岐阜放送ラジオ局 フレッシュアイペディアより)

  • 石井裕也 (野球)

    石井裕也 (野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    横浜商工高校に進学。同校では3年夏の神奈川県大会で5試合を投げて37個の三振を奪いベスト8に進出。この頃から「サイレントK」と呼ばれ始める。のプロ野球ドラフト会議指名候補にも挙がったが指名はなかった。中日ドラゴンズのスカウト部長である中田宗男は「高校の頃から目をつけていたが、ハンデがあるので成人するまで様子を見た」と後に語っている。石井裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    広岡はライオンズでもスワローズの時と同様、厳しい生活管理とディフェンス重視の野球をおこなう。前任監督の根本は放任主義で有名で、細かなサインプレーもなければ、ミーティングも皆無で、その結果、西武ナインは「十二球団一の怠け者集団」といわれていた。ライオンズは伝統的に大まかな野球をするチームで、根本もその伝統を継承していたため、そこへまるで逆の「広岡式海軍野球」を持ち込んでも、空中分解してしまうのがオチという見方も多かった。監督就任早々の秋季キャンプで広岡は西武ナインに猛烈なシゴキを加え、西武ナインは「まるでナチス・ドイツみたいだよ。ついていけない」とボヤいた。広岡が「一年で優勝してみせる」と言い切ると、報知新聞は"優勝したらそれは魔術といえる"と揶揄した。ところが就任一年目に前期優勝を遂げると、プレーオフで後期優勝を果たした日本ハムファイターズを下して球団19年ぶりのパ・リーグ優勝に導く。同年の日本シリーズでも中日ドラゴンズを4勝2敗で破り球団24年ぶりの日本一、西武第1次黄金時代の幕開けを導いた。日本ハムの監督だった大沢啓二は「近鉄とロッテさえ注意すりゃあパ・リーグの優勝は間違いねえ、なんて思ってたんだ。ところが蓋を開けてびっくりよ。それまで弱小球団だった西武がいきなり勝ちまくってそのまま前期優勝しちまった。広岡が監督就任1年目で優勝なんて、なかなか出来るもんじゃねえ。ほんと、あれには驚いたもんよ」と述べている。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 槙原寛己

    槙原寛己から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    大府高校在学時から工藤公康、浜田一夫と共に愛知三羽ガラスと呼ばれ剛速球投手として有名だった。の第53回選抜高等学校野球大会に出場、ストレートが当時の甲子園最速記録となる147km/hをマークする。工藤、浜田と同年のドラフトの目玉の一人と注目されるが「子供の頃からファンだった巨人か地元球団の中日以外の指名なら社会人野球に進みます」と逆指名宣言をしていた事もあり、ドラフトで読売ジャイアンツに1位指名され入団。入団1年目は二軍での体作りに専念したため登板機会が無かったが、翌に一軍初登板にして初完封を達成するなどの活躍を見せて12勝1セーブ(9敗)の成績を挙げ、新人王に選出された。同年代の若手選手として活躍した駒田徳広、吉村禎章らとともに背番号にちなんで50番トリオと呼ばれた。デビュー年と、ストレートの最高球速がボール球ながら155km/hと当時の日本最速スピードを記録。翌年に西武ライオンズに入団した郭泰源が156km/hを出し更新されるが、1984年にマークした155km/hは終速表示であったため「日本人で最初に160km/hをマークするのは槙原では」とさえ言われていた。後半から球種をスライダーをメインにし、頃からは走者がいなくてもセットポジションから投げる投球スタイルに変更。150km/hを超えるストレートはあまり見られなくなる反面、与四球率は大幅に改善され、フォークボール、まれにスローカーブも交えながら、引退まで三振の取れる本格派として活躍した。もっとも、送りバントを含めたバッティングおよびフィールディングは非常に苦手であり、同郷で仲の良かった元チームメイトの後藤孝志から「槙原さんはバントがうまかったら200勝していた」と言われている。槙原寛己 フレッシュアイペディアより)

  • 田中健二朗

    田中健二朗から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    常葉菊川高校への進学後は、投球フォームの乱れから、腰椎分離症に悩まされた。しかし、中日ドラゴンズでのプレー経験がある佐野心部長から『ど真ん中投法』を直々に教わると制球が安定。2年生の秋からエースとしてチームを牽引すると、3年生春の第79回選抜高等学校野球大会でチームを優勝に導いた。3年生夏の第89回全国高等学校野球選手権大会でも準決勝まで進出。野村祐輔、小林誠司、土生翔平、上本崇司らを擁する広陵高等学校に敗れたが、平成に入ってからは静岡県勢初めてのベスト4入りを果たした。田中健二朗 フレッシュアイペディアより)

  • 横田慎太郎

    横田慎太郎から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    若手主体の春季安芸キャンプ初日(2月1日)に発熱で静養を余儀なくされたものの、安芸市営球場で臨んだプロ入り後初の屋外打撃練習(同月10日)では、飛距離の長い打球を連発したことで関係者や報道陣を驚かせた。シーズンでは二軍生活に終始したが、7月17日のフレッシュオールスターゲーム(長崎ビッグNスタジアム)には、ウエスタン・リーグ選抜チームの「7番・左翼手」としてスタメンに起用。79試合に出場した同リーグの公式戦では、打率.225ながら、伊藤隼太・同期入団の陽川尚将と並ぶチーム2位の6本塁打を記録した。プロ初本塁打は、8月3日の対オリックス・バファローズ戦(鳴尾浜球場)2回裏に右腕投手の近藤一樹から放った満塁本塁打。同月31日の対中日ドラゴンズ戦(姫路)では、1試合3本塁打を記録した。ウエスタン・リーグ公式戦でこの記録を達成した阪神の選手は、1997年のフィル・ハイアット以来である。横田慎太郎 フレッシュアイペディアより)

4615件中 101 - 110件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード