4615件中 121 - 130件表示
  • サヨナラゲーム

    サヨナラゲームから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    巨人に移籍しての5月29日、読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦において12対11で巨人リードの9回裏、無死一塁の場面で巨人はリリーフに川崎徳次を送るが、その初球を中日の杉山悟が2ラン本塁打を放ち、サヨナラ勝ち。川崎はこの試合の敗戦投手となり、日本プロ野球史上初となる「1球で敗戦」を記録している。サヨナラゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 林昌範

    林昌範から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、序盤に二軍のローテーション投手として9試合に先発し1完投・防御率3.22を記録、6月28日に一軍の先発左腕投手の不足を補うため、初昇格して即先発。140キロ前後の球速ながら、ゆったりとした球の出所の見にくいフォームを武器に相手打線を7回1安打無失点に抑え、そのままローテーションに定着する。7月5日の中日ドラゴンズ戦では8回表に中継ぎで登板するも、立浪和義に右前安打を放たれ、日本プロ野球史上30人目となる通算2000本安打を献上している。8月14日にはプロ入り初勝利を挙げるなど15試合登板で3勝3敗・防御率3.22の成績を残した。林昌範 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    20世紀最後のオールスターゲームは前年日本一に輝いた福岡ダイエーホークスの王貞治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ優勝の中日ドラゴンズの星野仙一監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いて戦った。第3戦は当初、7月25日に行われる予定だったが、6月16日に崩御した皇太后良子の斂葬の儀が行われたため試合を中止し、7月26日に順延となった。2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 真弓明信

    真弓明信から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    移籍一年目のから、一番・遊撃手として定着。長打力のある一番打者として活躍し、同年5月20日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤ球場)ではサイクル安打を達成する。この試合では、自身2本目の初回先頭打者本塁打を放っている。同年は125試合に出場し、自身初の二桁本塁打となる13本塁打を放った。真弓明信 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2008年シーズンは福地がリードオフマンとして活躍。またチーム事情で三塁手だった飯原誉士が本職の左翼手に収まり躍進。空いた三塁にはチームリーダーで名手の宮本慎也がコンバートされ、遊撃には宮本の後継者として期待する川島慶三が積極的に試用された。一塁には中盤以降ファームの主砲畠山和洋が起用され結果を残した。福地が42盗塁を記録、盗塁王を獲得したのをはじめ、青木宣親、飯原誉士、川島慶三などの選手が積極的に盗塁することでチーム盗塁数が12球団最多の148を記録。投手陣は前年の勝ち頭セス・グライシンガーが退団、巨人へ移籍。獲得した外国人選手も林昌勇を除き活躍しなかったが、前年壊滅状態だった投手スタッフが積極的なメンバー入れ替え、村中恭兵、押本健彦、松岡健一など若手の台頭で整備されたことでチーム防御率も3点台に回復、最下位を脱出し5位となったが、中継ぎ左腕不在に泣いた。この盗塁、ヒットエンドラン、バントなどを積極的に多用し、終盤まで中日ドラゴンズ・広島東洋カープとクライマックスシリーズ進出争いをしていたが、終盤に大型連敗したことで最終的に5位となった。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅規

    石川雅規から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    選手会長を務める。2年連続の開幕投手になったが、4回5失点でKOされ敗戦投手になったが、次の中日ドラゴンズ戦でシーズン初勝利を挙げる。前半戦は不調だったが、後半戦から調子を取り戻し、館山昌平と共にヤクルト投手陣の屋台骨を支えた。クライマックスシリーズ出場を賭けた10月9日の阪神タイガース戦では7回1/3を自責点0で勝ち投手となり、チーム初のクライマックスシリーズ出場に貢献した。この年は自己最多の13勝を記録。勝率はプロ入り8年目で初めて6割を超えた。石川雅規 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤準規

    伊藤準規から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    伊藤 準規(いとう じゅんき、1991年1月7日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。伊藤準規 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤公康

    工藤公康から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    は、工藤はエースとして11勝を挙げ4度目となる最優秀防御率と、2度目となる最多奪三振のタイトルを獲得。ダイエーの福岡移転後初のリーグ制覇に大きく貢献し、MVPに選ばれた。中日ドラゴンズと対戦した日本シリーズでも第1戦に先発し、シリーズ新記録となる13個の三振を奪って完封したこの試合で自身の日本シリーズ通算奪三振数を86に伸ばし、稲尾和久が持っていた記録(84)を塗り替えた。中日監督の星野仙一は「敵を褒めるのは嫌だが、工藤はウチを0点に抑えたわけで、たいしたモンだ」と悔しさを露にしてコメントした。工藤自身はこの試合のピッチングは「生涯最高の出来だった」と評し、三振を奪うのもゴロを打たせるのも自分の思い通りにいったと後に自著で語っている。「圧倒的中日有利」との下馬評の中、工藤の完封で勢いに乗ったダイエーは4勝1敗で日本一に輝き、工藤もシリーズ優秀選手に選ばれた。オフにFA宣言し、一時は中日ドラゴンズかメジャー移籍に絞られたとも報道されたが、最終的に読売ジャイアンツへの移籍が決定。4年契約を辞退し、単年契約を結んだ。FAにあたっては「もっと(ダイエーで)やりたかった」とも語った。工藤公康 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球珍プレー・好プレー大賞

    プロ野球珍プレー・好プレー大賞から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    『プロ野球ニュース』が始まった1976年(昭和51年)から1980年(昭和55年)までそれ似た前身の特集コーナーがあり、最初は面白いプレーを集めた傑作集でみのもんたのナレーションはなく、字幕付きだった。そのきっかけを作ったのは中日の宇野勝の1981年(昭和56年)に起きた『宇野ヘディング事件』で8月26日に後楽園球場で行われた読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ19回戦における、中日の宇野選手のエラーがきっかけで『プロ野球珍プレー・好プレー集』が始まった。後に、当時プロ野球ニュースのキャスターだったみのが、この映像に合わせてふざけ気味に喋っていたところディレクターに「それいけるよ」と判断され、試験的にアテレコ付きのものを放送したところ大反響を呼び、珍プレー好プレーの企画の実現につながった。またこれが、みのを番組のコメディ・リリーフにするきっかけにもなった。プロ野球珍プレー・好プレー大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 筒香嘉智

    筒香嘉智から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    から背番号を「8」に変更。5月に右手首の靱帯を痛め、この影響から3か月近く実戦から遠ざかったものの、最終的に2年連続で二軍の本塁打王に輝いた。8月に一軍昇格すると、主にクリーンナップとしてコンスタントに試合に出場するようになった。長打力を発揮する一方で三振も多く、10月18日の対中日戦(横浜)ではプロ野球タイ記録である1試合5三振を喫した。同記録は、セ・リーグ8人目、史上14人目の記録である。それでもシーズンを通じて40試合出場ながら、背番号と同じ8本塁打を記録した。オフの12月9日に背番号を村田修一が付けていた「25」へ変更した。筒香嘉智 フレッシュアイペディアより)

4615件中 121 - 130件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード