4615件中 11 - 20件表示
  • 武田勝

    武田勝から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ''、3月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(札幌ドーム)で先発した江尻慎太郎が負傷降板したことを受けてプロ初登板を果たす。同年より楽天の監督に就任したシダックス時代の監督だった野村克也の目の前でプロ初勝利を挙げた。7月1日の楽天戦(札幌ドーム)では高須洋介の打球を左手に受け、6回2/3を無安打に抑えたまま負傷降板となった。日本シリーズ(中日ドラゴンズ戦)では第3戦の先発を任され、5回0/3を1失点の投球で勝ち星を挙げ、日本一に貢献した。アジアシリーズでは台湾代表のLa Newベアーズ戦での先発を任され、7回1失点の投球で日本シリーズに続いてアジアシリーズでも勝ち星を挙げ、アジアシリーズ制覇にも貢献した。武田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 東海テレビ放送

    東海テレビ放送から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2009年7月より昼帯のバラエティ番組の再放送または中日ドラゴンズ戦中継があった週の時差ネットに関しては、アナログ放送でも上下に黒帯を付加してのアスペクト比16:9のレターボックスでの放送になった。東海テレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 山本斉

    山本斉から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    PL学園や中京高等学校などの強豪からも誘いを受けたが、親元を離れた環境で精神的にも成長したいと考え2005年に酒田南高等学校に越境入学した。この野球留学の直前、クラスメイト全員から言葉を送られ、感動したという。1年の夏から早くも頭角を現す。当時から140km/hを超す速球で活躍。山形県大会決勝では、8回2失点の好投で第87回全国高等学校野球選手権大会出場を果たした。当時は金本明博(元中日)の控えであったが、3回戦の対宇部商戦で登板し、3回2/3で3失点を記録している。この年の秋から腰椎分離症で苦しんでいたが、2006年には治療が功を奏して完治し、復帰した。秋には145km/hを投げ込むまでに成長し、注目を集めるようになる。山本斉 フレッシュアイペディアより)

  • 1946年の野球

    1946年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    日本プロ野球は、2年ぶりのリーグ戦再開となり、セネタースとゴールドスターが加入して、1943年以来に8球団制となる。近畿日本軍は「グレートリング」、阪神軍は「大阪タイガース」、産業軍は「中部日本軍」、朝日軍は「パシフィック」にそれぞれ球団名を変更している。1946年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 倉義和

    倉義和から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    には、8月7日の対中日ドラゴンズ戦6回裏の打席で、遠藤政隆から一軍初本塁打を記録。8月20日の対読売ジャイアンツ戦(いずれも広島市民球場)では、延長12回裏に代打で登場すると、野球人生で初めてのサヨナラ安打を放った。広島のベンチ入り野手では最後の出場だったが、この一打によって、5時間42分(セントラル・リーグで歴代10位の長時間試合)に及んだ熱戦に終止符を打った。シーズン全体では、一軍公式戦24試合に出場。ウエスタン・リーグ公式戦では、45試合の出場で打率.324を記録した。倉義和 フレッシュアイペディアより)

  • 1945年の日本プロ野球

    1945年の日本プロ野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1944年11月、太平洋戦争の戦況悪化から、日本野球報国会は公式戦の休止を発表した。これにより、1945年の公式戦は開催されないことが決定したが、阪神が非公式戦の正月大会を企画した。阪神は、阪神・阪急・産業・朝日所属で関西近辺に残留している選手をかき集めて、1月1日から1月5日にかけて、兵庫県西宮市の2球場(西宮球場・甲子園球場)で大会を開催した。この大会が終戦前最後の職業野球であるとされている。1945年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田講平

    柴田講平から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    には、自身と同じく俊足の外野手だった赤星憲広にちなんで、「赤星二世」「ポスト赤星」と呼ばれた。しかし、オープン戦で結果を残せなかったため、公式戦は二軍スタート。ウエスタン・リーグ公式戦では、大学日本代表時代に次ぐ上本との1・2番コンビで、76試合に出場。打率.320, 2本塁打、25打点、9盗塁、OPS .809という好成績を残すとともに、フレッシュオールスターゲームに同リーグ選抜の一員として出場した。9月26日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で、代走として一軍デビュー。この試合で一軍初打席も経験すると、30日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、中犠飛によって一軍初打点を記録した。シーズン終了後には、シアトル・マリナーズから移籍した城島健司が背番号2の着用を希望したことから、このシーズン限りで引退した秀太から背番号「00」を引き継いだ。柴田講平 フレッシュアイペディアより)

  • ドラベース ドラえもん超野球外伝

    ドラベース ドラえもん超野球外伝から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ロロの兄。白い方がロビである。ロロと違いドラーズを認めている様子がうかがえる。打撃面は活躍が無かったが守備ではその足で中日のアライバコンビ張りの超ダブルプレーを決める。ドラベース ドラえもん超野球外伝 フレッシュアイペディアより)

  • 塩川達也

    塩川達也から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    は沖原佳典の不調によって、西村弥・草野大輔と遊撃手のレギュラーを争い、結果として最多の出場機会を獲得した。同年6月1日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)でプロ初登場を果たし、プロ初安打を放った。6月4日の対中日ドラゴンズ戦(フルキャストスタジアム宮城)ではプロ初先発出場。9月27日の対オリックス・バファローズ戦(スカイマークスタジアム)では、岸田護からプロ初本塁打を放つ。2006年7月5日、ブログ「全力疾走」を開設した。2007年度に球団が実施した小学校訪問は6校だったが、うち4校に参加した。これは楽天選手の中では最多で、安部理のブログでは「ミスター学校訪問」と呼ばれた。本人もこのような交流活動について「けっこう好き」と、2006年07月05日付のブログで記述している。塩川達也 フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    現役時代は読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズで活躍。同期入団には斎藤雅樹がいる。通算533本の犠牲バントはギネス記録で、「バント職人」の異名を持つ。ゴールデングラブ賞6回受賞の守備力を誇る遊撃手でもあった。2015年から2017年に読売ジャイアンツに所属した川相拓也は次男である。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

4615件中 11 - 20件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード