3695件中 11 - 20件表示
  • 第15回選抜中等学校野球大会

    第15回選抜中等学校野球大会から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    原田徳光(中京商-明治大学-東洋産業-中日第15回選抜中等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、前年オフFAで武田が中日へ移籍したが、その先発の穴を二年目の永井智浩・星野順治が埋め、同じく2年目の篠原貴行が中継ぎながら16勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得。藤井が最優秀中継ぎ投手、工藤が最優秀防御率・最多奪三振・シーズンMVP獲得。若田部がここ数年の不振を脱出し10勝する。結果、福岡移転後初のリーグ優勝を達成。この時、シーズン終了直前まで総得点が総失点を下回り、史上初の珍事かと話題になったが、最終的には総得点が上回った(総得点563、総失点553)。サヨナラ勝ちは12回は12球団最多。更に日本シリーズでは中日ドラゴンズを4勝1敗で下し、日本一となった。秋山が2本の本塁打とファインプレーでシリーズMVPを獲得し、西武時代のにつづき史上初の2球団での日本シリーズMVP獲得者となった。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    5月19日 - 中日ドラゴンズの立浪和義内野手が通算450二塁打のプロ野球新記録樹立。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    前年、日本一に輝いたヤクルトスワローズの野村克也監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、かつてオールスターゲームでバッテリーを組んだ事のあるパリーグの覇者・西武ライオンズの東尾修監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いて戦った1998年のオールスターゲーム。第1戦は前年完成したナゴヤドームでの初球宴となり、地元中日ドラゴンズのゴールデンルーキー・川上憲伸が全セの先発として登板。3イニングを2安打無失点に抑え、オールスター史上4人目の投手としてのMVPに輝いた。しかも新人投手としては初めての快挙である。1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 塩川達也

    塩川達也から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    は沖原佳典の不調によって、西村弥・草野大輔と遊撃手のレギュラーを争い、結果として最多の出場機会を獲得した。同年6月1日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)でプロ初登場を果たし、プロ初安打を放った。6月4日の対中日ドラゴンズ戦(フルキャストスタジアム宮城)ではプロ初先発出場。9月27日の対オリックス・バファローズ戦(スカイマークスタジアム)では、岸田護からプロ初本塁打を放つ。2006年7月5日、ブログ「全力疾走」を開設した。2007年度に球団が実施した小学校訪問は6校だったが、うち4校に参加した。これは楽天選手の中では最多で、安部理のブログでは「ミスター学校訪問」と呼ばれた。本人もこのような交流活動について「けっこう好き」と、2006年07月05日付のブログで記述している。塩川達也 フレッシュアイペディアより)

  • 山本斉

    山本斉から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    PL学園や中京高等学校などの強豪からも誘いを受けたが、親元を離れた環境で精神的にも成長したいと考え2005年に酒田南高等学校に越境入学した。この野球留学の直前、クラスメイト全員から言葉を送られ、感動したという。1年の夏から早くも頭角を現す。当時から140km/hを超す速球で活躍。山形県大会決勝では、8回2失点の好投で第87回全国高等学校野球選手権大会出場を果たした。当時は金本明博(元中日)の控えであったが、3回戦の対宇部商戦で登板し、3回2/3で3失点を記録している。この年の秋から腰椎分離症で苦しんでいたが、2006年には治療が功を奏して完治し、復帰した。秋には145km/hを投げ込むまでに成長し、注目を集めるようになる。山本斉 フレッシュアイペディアより)

  • 石本秀一

    石本秀一から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、V3を逸した責任を取りタイガースを退団。翌には名古屋金鯱軍の監督に就任。選手層が薄く大きく負け越しチームは解散、に翼軍と日本プロ野球史初の対等合併で大洋軍を結成。石本は総監督となり元翼軍監督の苅田久徳との二頭体制となる。しかし、チーム内のゴタゴタで苅田が孤立したために監督に就任しチームを指揮。スライダーを教えたエース野口二郎の40勝もあり2位と健闘。同年5月24日の対名古屋戦で、トップリーグにおける空前絶後の世界最長試合・延長28回の指揮も執った。石本秀一 フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    前転はできるが、大がかりなアクロバットは行わない。フジテレビ系列の番組トリビアの泉内の検証コーナーでプロ野球球団マスコットの徒競走が行われた際には、スタートに遅れた事も影響して最下位であった。だが、羞恥心の振付を完璧にこなす他、中日ドラゴンズ投手陣のノックに参加するなど、動きの良さを見せる場面もある。つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1946年の野球

    1946年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    日本プロ野球は、2年ぶりのリーグ戦再開となり、セネタースとゴールドスターが加入して、1943年以来に8球団制となる。近畿日本軍は「グレートリング」、阪神軍は「大阪タイガース」、産業軍は「中部日本軍」、朝日軍は「パシフィック」にそれぞれ球団名を変更している。1946年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大映ユニオンズ

    大映ユニオンズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1948年12月21日、大映が金星スターズを買収し「大映スターズ」となった。もともと大映は中日ドラゴンズを退団した赤嶺昌志とその一派を引き入れ同年1月10日に新球団「大映野球」を結成。大塚アスレチックスと帯同して巡業していたが、その後急映フライヤーズの経営に参加していた(後述)。この買収に伴い、大映はフライヤーズの経営から手を引き、旧大映野球からフライヤーズに預けていた選手をスターズに移籍させている。大映ユニオンズ フレッシュアイペディアより)

3695件中 11 - 20件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード