4615件中 21 - 30件表示
  • 八木亮祐

    八木亮祐から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    享栄高等学校時代は、3年生の時の6月の練習試合で岐阜城北高校の伊藤準規(現・中日)と投げ合って17奪三振を奪ったことで注目を集めた。夏の西愛知大会2回戦の春日井西高校戦では5回参考記録ながら無安打無失点を達成し、同3回戦の小牧南高校戦では16奪三振を記録した。八木亮祐 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡好明

    藤岡好明から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    宮崎日大高校を経て、JR九州へ入社。樋口龍美や町豪将など、先輩に好投手が多かったため、入社当初は公式戦への登板機会に恵まれなかった。樋口が中日ドラゴンズ、町がオリックス・バファローズへ入団したには、公式戦で主に救援へ起用。2人が成し得なかったチームの都市対抗野球大会準決勝進出に貢献した。藤岡好明 フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    大がかりなアクロバットは行わず、バズーカでスタンドへ向けてTシャツを撃ち込むのが主となる。ホームの神宮球場のみならず、遠征先の球場、さらにはイベント先においてもこのバズーカパフォーマンスを行う事が多い。このため普段は大きく動かないが、羞恥心の振付を完璧にこなす他、中日ドラゴンズ投手陣のノックに参加するなど、動きの良さを見せる場面もある。つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 関本賢太郎

    関本賢太郎から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    には、「阪神史上最強の助っ人」と評されたランディ・バースへの憧れから、背番号をかつてバースが着用していた「44」へ変更。4月下旬に2年振りの一軍昇格を果たすと、5月8日の対横浜戦に三塁打で一軍初安打、同月25日の対中日ドラゴンズ戦で一軍初本塁打を放った。一軍公式戦には、通算で71試合に出場。5本塁打、11打点、打率.254を記録した。関本賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本野球連盟 (プロ野球)

    日本野球連盟 (プロ野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1936年2月5日、日本3番目のプロ野球球団として活動していた東京巨人軍、前年暮れに発足した大阪タイガースの2球団を始め、名古屋軍、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で日本職業野球連盟(にほんしょくぎょうやきゅうれんめい)が設立され、4月に第1回のリーグ戦が開催された(但し、東京巨人軍はアメリカ合衆国遠征中のため参加できず。)。日本の団体競技で全国規模の社会人リーグ戦はこれが初めてだった。同年7月には東京巨人軍も参加しての連盟結成記念のトーナメント戦。9月-12月の秋季大会で初めて優勝チーム決定戦までを行った。日本野球連盟 (プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 稲尾和久

    稲尾和久から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1975年からRKB毎日放送の野球解説者となる。主にRKBラジオでの太平洋クラブ・クラウンライター戦の解説を務めた。他、時折キー局・TBSラジオ制作の全国中継に出演する事もあった。スポーツニッポン野球評論家としても活動した。その後、1978年から1980年まで中利夫監督の下で中日ドラゴンズ一軍投手コーチを務め、2年目の1979年には藤沢公也が新人王に輝き、小松辰雄が抑えの切り札としてデビューするなど手腕を発揮。稲尾和久 フレッシュアイペディアより)

  • イッポウ

    イッポウから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    番組内でテーマを募集することがあり、番組進行の都度紹介している(これは前番組の『ユーガッタ!CBC』でも行っていた)。事件・事故・不祥事・政局に対しての一言がメインであるが、変わったところでは中日ドラゴンズの応援メッセージ(たいていその後に試合中継が行われる時)や同選手だった立浪和義引退に対するはなむけのメッセージを募集したこともある。尚、毎月1回だけ、シーズン中も中日ドラゴンズの選手及び監督が生出演する「マンドラ」というコーナーもある。イッポウ フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園球場

    後楽園球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1936年(昭和11年)に日本のプロ野球(当時は職業野球)は本格的に始まったが、東京府内では東京六大学野球リーグの反発で明治神宮野球場が使用できなかったこともあり、同年7月1日の東京におけるプロチーム同士の初試合(東京巨人軍対名古屋軍)は早稲田大学の戸塚球場を借りて挙行せざるを得ず、東京で試合を開催する球場の問題が持ち上がっていた。このため、杉並区に上井草球場、当時の深川区に洲崎球場が造られたが、上井草は3万人という収容人員に比して交通の便が悪く、洲崎は海岸沿いの低湿地に立地していたため満潮時に度々球場が浸水するという問題を抱えていた。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    は国別対抗戦WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に選出されるも、2月24日の12球団選抜との練習試合で打球を右手に受け負傷。出場辞退を余儀なくされる。5月31日にFA権を取得。6月まで5勝6敗、防御率、WHIP1.11と安定した投球を続け、オールスターゲーム出場直前の7月2日の中日戦からは負け無しの8連勝を記録。7月は4勝0敗、防御率0.84、WHIP0.78の活躍で月間MVPをチームメイトの栗原健太とともに受賞。更に8月も続けて4勝0敗、防御率1.11、WHIP0.86の活躍で月間MVPを連続受賞。球団史上初の2ヶ月連続月間MVP受賞となった。この時、「広島カープの歴史に名前を残せて嬉しい」と発言した。しかし、9月には右ひじを痛めて長期離脱。10月16日の中日戦で救援で復帰登板、プロ初セーブを記録した。この年、13勝6敗1セーブ、WHIP1.00、防御率1.85で最優秀防御率のタイトルを獲得。1点台でのタイトル獲得はの赤堀元之以来、セ・リーグではの斎藤雅樹以来の快挙となった。また、テンポの良い投球を評価されてスピードアップ賞を受賞。オフには監督のマーティ・ブラウンの奨めで渡米し右肘関節のクリーニング手術(数か月で投球可能となる軽い手術)を行った。FA権取得に伴い、10月15日に球団から「4年10億円+生涯保障、指導者手形」という条件を提示される。そして11月6日に4年12億円(基本年俸2億5000万円+単年最大5000万円の出来高込。当初の条件に出来高を上乗せしている)でFA権を行使せずに残留することを表明。「今後も国内他球団の移籍はない」と明言し、国内なら「生涯広島」を宣言した。なおこの契約は、4年の契約期間内で自由にメジャーリーグ挑戦できるようになっていた。FA権を行使せずに残留を決めたこと、残留会見での「僕が他球団のユニフォームを着て、広島市民球場でカープのファン、カープの選手を相手にボールを投げるのが自分の中で想像がつかなかった」、「僕をここまでの投手に育ててくれたのはカープ。そのチームを相手に僕が目一杯ボールを投げる自信が正直なかった」と発言した。また、この年の選手会のベストエピソード賞に選ばれ、黒田の野球用具を担当するSSKは、社を挙げて黒田をキャンペーンすることを決定した。そして市民に感動を与えたことが評価され、広島市は「広島市民表彰」を黒田に授与すると発表した(球団4人目)。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 森繁和

    森繁和から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    森 繁和(もり しげかず、1954年11月18日 - )は、千葉県長生郡一宮町出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者・評論家。シーズンより中日ドラゴンズ監督。また、吉本興業グループの芸能事務所・よしもとクリエイティブ・エージェンシーとマネジメント契約を結んでいる。森繁和 フレッシュアイペディアより)

4615件中 21 - 30件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード