3695件中 21 - 30件表示
  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、前年までリーグ3連覇中の西武と最後まで優勝争いを繰り広げることとなった。6月7日、主砲だったリチャード・デービスが大麻不法所持で逮捕されて解雇となるが、6月28日に急遽中日ドラゴンズから金銭トレードで獲得したラルフ・ブライアントが、74試合の出場ながら34本塁打するなど大活躍をした。9月15日の時点で西武に6ゲーム差をつけられるが、以降シーズン終了まで、首位の西武が勝ち進み、それ以上のペースで西武を追う近鉄、という展開となり、10月16日に西武が全日程を終了した時点では、近鉄は残り4試合のうち3勝すれば優勝だったが、17日の対阪急戦に敗戦する。川崎球場へ移動しての18日の対ロッテ戦は勝ち、10月19日のロッテとのダブルヘッダーに連勝すれば優勝となったが、第1試合を9回に逆転し勝利するものの、第2試合延長10回時間切れで4対4の引き分けに終わり130試合目にして優勝を逃す結果となった(詳細は10.19を参照)。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • NOMOベースボールクラブ

    NOMOベースボールクラブから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    2005年、都市対抗野球阪和地区2次予選で、7年連続本大会出場を狙っていた松下電器を敗者復活戦で5-3で破って予選敗退に追い込むなど快進撃を続け、近畿予選で本大会最後の切符を争う三つ巴を制し、創部から2年で都市対抗野球初出場を決めた。同大会では初戦敗退に終わったが、同時に初出場を決めていた全日本クラブ野球選手権では初出場で初優勝を飾った。また同年、ドラフト会議で所属の柳田殖生が中日ドラゴンズから指名を受けて入団するなど、2005年はNOMOベースボールクラブにとって印象的な年となった。NOMOベースボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    9月25日 - 日本プロ野球、高校生ドラフト会議が東京都内のホテルで開催された。抽選のあった4選手の内、田中将大投手は楽天が、堂上直倫内野手は中日が、増渕竜義投手はヤクルトが、大嶺祐太投手はロッテが交渉権を獲得。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 侍プロ野球

    侍プロ野球から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    この他にも、系列局が制作する中日(CBC)、阪神(MBS)、広島(RCC)主催の対巨人戦も放送しているが、これらの制作局を初めとした放送対象地域に本拠地を置く球団を有する系列局では、地元チームのゲームの中継に差し替えられるケースが多い(詳しくは「製作局と担当球団」を参照のこと)。また、ナイトゲームについてはTBSがレギュラー番組を放送していても、系列局によってはそれを休止して放送する場合がある(特にCBCとRCCで多い。2006年までは振り替え放送も行われていなかったが、2007年からは一部を除き実施)。侍プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本野球連盟 (プロ野球)

    日本野球連盟 (プロ野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1936年2月5日、以前から日本のプロ野球球団として活動していた東京巨人軍、前年暮れに発足した大阪タイガースの2球団を始め、名古屋軍、東京セネタース、阪急軍、大東京軍、名古屋金鯱軍の7球団で日本職業野球連盟(にほん・しょくぎょうやきゅう・れんめい)が設立され、4月に第1回のリーグ戦が開催された(但し、東京巨人軍はアメリカ合衆国遠征中のため参加できず。)。日本の団体競技で全国規模の社会人リーグ戦はこれが初めてだった。同年7月には東京巨人軍も参加しての連盟結成記念のトーナメント戦。9月-12月の秋季大会で初めて優勝チーム決定戦までを行った。日本野球連盟 (プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園球場

    後楽園球場から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1936年(昭和11年)に日本のプロ野球(当時は職業野球)は本格的に始まったが、東京六大学野球の反発で神宮球場が使用できなかったこともあって、同年7月1日の東京でのプロチーム同士の初試合(東京巨人軍対名古屋軍)は早稲田大学の戸塚球場を借りて挙行せざるを得ず、東京で試合を開催する球場の問題が持ち上がっていた。このため、杉並区に上井草球場、当時の深川区に洲崎球場が造られたが、上井草は3万人という収容人員に比して交通の便が悪く、洲崎は海岸沿いの低湿地に立地していたせいで満潮時に度々球場が浸水するという問題を抱えていた。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 稲尾和久

    稲尾和久から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    1975年からRKB毎日放送の解説者となる。主にRKBラジオでの太平洋クラブ・クラウンライター戦の解説を務めた。他、時折キー局・TBSラジオ制作の全国中継に出演する事もあった。1978年から1980年まで中利夫監督の下で中日ドラゴンズ投手コーチを務め、2年目の1979年には藤沢公也が新人王になっている。稲尾和久 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズの応援団

    中日ドラゴンズの応援団から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズの応援団(ちゅうにちドラゴンズのおうえんだん)とは、プロ野球中日ドラゴンズを応援する応援団の事である。現在球場で活動する団体は、全て一般社団法人全国中日ドラゴンズ私設応援団連合に加盟している。中日ドラゴンズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島秀樹

    岡島秀樹から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    ルーキーイヤーのは一軍登板なし。翌シーズン終盤に一軍初昇格。10月6日の対中日戦(ナゴヤ球場)で初登板、初先発するも初勝利はならずシーズンを終える。岡島秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • MBSタイガースライブ

    MBSタイガースライブから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    9月28日からナイターオフ編成に入った2008年には、予備日開催となった10月12日の最終戦(対中日戦、スカイマークスタジアム)まで数試合を中継した。MBSタイガースライブ フレッシュアイペディアより)

3695件中 21 - 30件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード