4615件中 31 - 40件表示
  • 石崎剛

    石崎剛から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    には、春季キャンプを、主力選手中心の宜野座・一軍キャンプでスタート。オープン戦の中盤までは先発要員として調整していたが、勝ちパターンでの登板を視野に、救援要員として開幕一軍登録を果たした。3月29日には、中日ドラゴンズとの開幕カード第3戦(京セラドーム大阪)で、5番手投手として一軍デビュー。セットアッパーの安藤優也が右肩の違和感で戦線を離れていた4月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)では、安藤の代役としての起用を想定した首脳陣の判断で、1点ビハインドの6回裏1死満塁から登板した。しかし、2つの押し出し四球と2点適時打で失点を重ねた結果、チームは巨人戦通算1,000敗を喫した。4月20日に出場選手登録を抹消されてからは、先発投手としての二軍調整を経て、5月26日に救援要員として一軍に復帰した。5月30日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)では、中村剛也の2点本塁打などで4点を失った先発・横山に代わって、3回裏の途中から登板。ところが、4回裏2死満塁で中村に2打席連続本塁打を浴びるほど乱調だったため、翌31日に再び登録を抹消された。この抹消以降は、2度にわたって一軍と二軍を往復。一軍公式戦では、オール救援で通算8試合に登板するとともに、防御率7.15ながら1ホールドを記録した。また、ウエスタン・リーグ公式戦では29試合に登板。10セーブを挙げてリーグ最多セーブ賞を獲得したが、シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸1,180万円(20万円減)で契約を更改した。石崎剛 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本製鐵八幡硬式野球部

    新日本製鐵八幡硬式野球部から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    古川清蔵(外野手) - 1941年に名古屋軍に入団新日本製鐵八幡硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ自動車硬式野球部

    いすゞ自動車硬式野球部から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    杉下茂(投手) - 退団後、明治大学を経て、1949年に中日ドラゴンズに入団いすゞ自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 東海ラジオ放送

    東海ラジオ放送から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    但し、『東海ラジオ ガッツナイター』で中日ドラゴンズ戦(原則)のナイター中継が行われる場合(主に明治神宮野球場においての大学野球シーズン中のヤクルト戦や、主に7 - 8月に行われる屋外球場での試合)、並びにポストシーズン(クライマックスシリーズ、日本選手権シリーズ)に進出した場合、試合が極端に延長した時は放送休止の時間を延期・短縮する場合がある。東海ラジオ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    その年の秋、第24回秋季関東地区大会栃木県予選では4試合に登板、30回を投げて2失点37奪三振で、防御率0.67。1回戦では、北関東高校球界で鈴木孝政(1972年のドラフト1位で中日に入団)、江川とともに速球投手三羽ガラスといわれた石田真(1972年のドラフト1位で阪急に入団)を擁する足利工と激突。7回まで両者譲らず0対0だったが、8回に作新学院が2点を先取。江川は8回に1死球を与えるも後続を打ち取り、ノーヒットノーランで足利工を下した。決勝の文星芸術大学附属高等学校戦では3安打11奪三振で完封勝ちし、栃木県大会優勝。つづく関東大会1回戦では前橋工を相手に先発。1回2死から4回まで10者連続奪三振で無安打無失点、フェアグランドへ打たれたのはセーフティーバントによる投ゴロだけという高校入学以来最高の出来と思われる投球を見せた。この日5番に入った江川はチームでただ一人2安打を放ち、打つほうでも気を吐いたが、5回表の打席で前橋工・小池投手より頭部死球を受け退場(そのまま入院)。5回裏に後続投手が打たれて敗退。優勝候補の一角とも呼び声高かった2年春の甲子園出場はならなかった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    投手と野手の両方で実績を残した選手としては、元阪急の野口二郎(830安打・237勝)、元中日の西沢道夫(1717安打・60勝)、元近鉄の関根潤三(1137本安打・65勝)などがいる。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    西鉄が開幕から11連勝で首位に立つが、途中8月中旬から9月にかけて27勝1敗とした南海に追い上げられ一時首位に立たれるなど、南海と激しい首位争いとなったが、西鉄が残り1試合となった10月11日に対阪急戦に勝利したことで、西鉄の初のパ・リーグ優勝が決定する。最終的に西鉄は90勝、南海は91勝だったが引き分け数の差で西鉄が勝率で上回った。このシーズンは2番打者豊田泰光の18本に続き、クリーンアップ全員が20本塁打(大下弘〈22本〉、中西太〈31本〉、関口清治〈27本〉)を記録するなど、チームで両リーグトップの134本の本塁打を記録。しかし、日本シリーズでは中日ドラゴンズに3勝4敗で敗れる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 石本秀一

    石本秀一から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    、V3を逸した責任を取りタイガースを退団。翌には名古屋金鯱軍の監督に就任。選手層が薄く大きく負け越しチームは解散、に翼軍と日本プロ野球史初の対等合併で大洋軍を結成。石本は総監督となり元翼軍監督の苅田久徳との二頭体制となる。しかし、チーム内のゴタゴタで苅田が孤立したために監督に就任しチームを指揮。スライダーを教えたエース野口二郎の40勝もあり2位と健闘。同年5月24日の対名古屋戦で、トップリーグにおける空前絶後の世界最長試合・延長28回の指揮も執った。石本秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    大脇照夫 1956年5月3日 対中日ドラゴンズ(中日スタヂアム)東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た中日ドラゴンズ中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズと東映フライヤーズの一騎討ちになったが、東京への憧れもあり、に東映フライヤーズに入団。当時の東映は同郷の先輩である岩本義行を始め、母校である浪商の先輩を多数抱えていた。契約金は200万であった(中日は600万を提示していた)。張本はまだテレビがなくセ・リーグの方が人気があるとは知らなかったため、「わかっていたら中日に入団していたと思う」と話している。なお、この入団と前後して東映の社長で球団オーナーの大川博は当時プロ野球の規約で「外国人選手は2人まで」となっていた問題の改正に取り組み、「生まれた時に日本の国籍を持っていた選手」は外国人選手に含めないと改正させている。契約金200万で母親のために広島に念願の一軒家を建てた。若いころ、仲のいい王貞治をこの家に招いたこともある。張本勲 フレッシュアイペディアより)

4615件中 31 - 40件表示

「中日ドラゴンズ」のニューストピックワード